カナダのブラックベリー社製スマートフォンを日本販売しているNTTドコモが、Blackberry端末の新規受付終了とサービス終了を発表した。前者は今年2015年11月30日まで、後者は2017年3月31日までとされている。

ワタシはBlackberry Bold 9900を使っていて、現在4年目になる。iPhoneをはじめとするフルタッチパネル型が主流となる中、QWERTYキーボードを備え、片手打でも両手でも文字入力に優れた機種を、こよなく愛している。強いて不満を言えば、FOMAなのでスピードが遅いことと、バッテリーの持ちが悪いことだ(後者は予備バッテリー交換で対応)。

海外では発売されている新機種の日本サポートがないことなどから、いずれはこういう日が来るのではと思っていた。ドコモショップに手続きに行くと後でアンケートメールが来るのだが、ワタシは新機種を出してくれという、薄い望みを書き込んでいた。

フルタッチパネル型のスマートフォンには魅力を感じず、といって今さらガラケーに戻るつもりもない。期限は明示されてしまったが、逆に考えればあと1年10ヶ月は今の9900を使うことができる。なので、次をどうするかをじっくり考えることにする。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ


 
ビリー・ミリガンと23の棺〈上〉 ビリー・ミリガンと23の棺〈下〉

連続強盗強姦事件の容疑者として逮捕されたビリー・ミリガンは、多重人格障害と診断されたがゆえに無罪となった。ノンフィクション「24人のビリー・ミリガン」はここまでを描いている。しかし、果たしてビリーはこの後どうなったのか。それを描いたのが、「ビリー・ミリガンと23の棺」だ。

ビリーは無罪にはなったものの、それは刑務所行きを免れただけだった。劣悪とされる州の精神病院に収容され、虐待される日々が続くことになる。ビリーが無罪になったのが面白くない警察や、犯罪者を野放しにするのかという世論を受けて処置をする行政などにより、ビリーは治療どころではなく、人格は分裂と統合を繰り返す。周囲の反対を押し切って結婚した女性には逃げられ、劣悪な病院をたらい回しにされる状況に耐えかねて脱走するも、結局逮捕されてしまう。

社会に絶望したビリーが選んだ手段は、絶食による自殺だった。無謀とも思えるこの行為が、しかし、結果的にではあるが分裂なき人格統合が実現した。人格が安定したとして、ビリーは1991年に解放される。治療が始まったのが1978年で、有罪で服役していた方が、もしかしたら早く社会復帰できたかもしれない。ビリーは現在、名前を変えて生活しているそうだ。

衝撃度は、はっきり言って前作の方が勝る。ひとりの人間に24の人格があり、時と場合に応じて人格が入れ替わる。幼少時の、実父の自殺未遂や養父による虐待により、次々に人格が分裂していった。フィクションでしょと言いたくなるようなことが、描かれていた。

しかし、これが実話である以上、ビリーのその後についても描かれるべきだった。劇中登場する「作家」は、作者のダニエル・キイスその人だ。今回は実名も登場させ、ビリーと対話する機会も増えている。終盤では、ビリーと共に最初に養父に虐待を受けた場所を訪れていて、その場でビリーが過去を許すと語るところは、それまでの荒れた展開を思えば、とても感動的だ。
 
JUGEMテーマ:アート・デザイン
ダニエル・キイスの世界

今年亡くなった作家ダニエル・キイスの「ガイド本」で、1999年に2度目の来日を果たしたこととリンクして編集され、2000年に出版された。キイスは東京都と名古屋で講演やサイン会を行ったほか、観光もした模様だ。

キイスと宇多田ヒカルとの対談も収録されている。当時、宇多田は彗星の如く現れたシンガーソングライターで、年齢を確認したらなんと16歳だった。それでいてキイスとほぼ対等に渡り合っていて、このときの彼女の勢いが垣間見られる。

キイス自身のはもちろん、他の作家が具現化した映像や戯曲についての解説もある。作品で取り扱われている多重人格についての、養老孟司と香山リカのインタビューも。養老は日米での生活習慣や文化などの違いについて指摘し、日本では多重人格者が生まれにくいのではと語っている。

現時点でワタシが読んでいるキイス作品は、「アルジャーノンに花束を」「5番目のサリー」「24人のビリー・ミリガン」。これでだいたいキイスの主要作品は押さえたつもりでいたのだが、「ビリー」には続編があることがわかり、また「アルジャーノン」にも元になる中編があることがわかった。というわけで、もうしばらくの間キイス作品を読み続けることになりそうだ。
 
JUGEMテーマ:アート・デザイン
Blackberry Bold 9900を修理に出している間、ドコモショップより代替え機を貸してもらい、それを約2週間使っていた。機種は、全く同じBlackberry 9900だった。

代替え機だからそこそこ使い込まれているものと思いきや、キズも汚れもほとんどない良品だった。使い込まれていないのは、Blackberryユーザーが希少だからかな。修理と言わず、このままこの代替え機に入れ換えてもらってもいいのではと、一瞬思ったくらいだ。

というわけで、かなり気を使いながらこの代替え機を使った。ふだんは背面を覆うケースに入れて使い、そのままズボンのポケットにも入れていた。背面ケースには、水滴がたまって中がこもり、裏蓋が汚れるという欠点があった。ズボンのポケットに入れた場合、擦れて液晶画面に傷でもついたらとも思ってしまった。

そこで、背面ケースはつけず、もともと購入時に同梱されていたポーチを使うことにした。ポーチはほぼ全面を覆うので、ポケットに入れても擦れることはまずない。使用するときはポーチから出して抜き身で触ることになり、よって外で使うのを極力控えた。落として傷やヒビでも入ったらと思うと、怖くて使えなかった。

こうして約2週間をしのぎ、代替え機を返却して修理完了品を受け取った。人さまから借りている物には、神経を使う。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ
Blackberry 9900を修理に出すにあたり、データのバックアップはドコモショップではなく、自宅のパソコンにしておいた。Blackberry Desktop Softwareというパソコン用のアプリケーションを既に利用していて、その機能を使った。バックアップは、思ったよりも短い時間で完了した。

ドコモショップに機器を修理に出し、代替え機を借りて帰宅。パソコンにつなぎ、Blackberry Desktop Softwareから復元をしてみた。こちらも短時間で終わったが、ここまできてはじめて気づかされたことがあった。データのバックアップと復元であって、自分でインストールしたアプリまでは復元されないということに(そりゃそうか)。修理期間は9営業日つまり約2週間と聞いていたので、アプリは最低限必要なものだけを代替え機に再インストールした。

修理が完了し、再びドコモショップに出向いて修理完了品(という名の新品)を受け取り、代替え機を返却。帰宅し、新品にバックアップデータを復元させた。そして、今度は先々まで使うであろうアプリを再インストールし、設定も行った。

アプリの設定は、手間ではあったがなんとか無事に完了。そして、修理前は結構あれこれとアプリを入れていたのだが、今回ほんとうに必要なアプリだけを再インストールしたので、シンプルにおさまった感じだ。このアプリは今後ほんとうに使うだろうかと考える、いい機会にもなった。

バックアップ対象のデータは以下
・メール
・電話帳
・ブラウザのブックマーク
・メモ帳
・タスク
・Wi-Fiの設定
・パネルの設定
・ユーザー辞書は、同一読みにつきひとつ

ネット検索したところ、アプリも含めてバックアップと復元ができるパソコン用アプリケーションがあるらしい。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ
Blackberry 9900の修理が完了したとのことで、開店と同時にドコモショップに入店。早速手続きをした。

修理と言いつつ対応は本体交換で、つまり新品だ。MicroSDカードとSIMカードを入れ換え、通信・通話の確認をした。代替え機のデータは自分でデータ消去したが、最後に店員がもう一度消去していた。

本体裏面の作りが、もともとワタシが持っていたのとは少し違っていた。外側がソフトな材質になっていて、裏蓋も開けやすくなっていた(それまで持っていた9900では、裏蓋が固すぎて素手では到底開けられなかった)。そして、バッテリーを入れてから裏蓋をはめたときの状態も、以前とは変わっていた。ワタシは純正バッテリーのほか互換バッテリーを2つ持っていて、この日持参していたのは韓国製のバッテリーだった。充電時間は短いが消費も早いという微妙な商品だが、安価だったのでまあこれでもいいやと思い使い続けていた。

この韓国製バッテリーは純正より幅が若干大きく、これが新品の裏蓋だときっちり閉まらない。しかし、それまで使っていた裏蓋ではちゃんと閉まる。となると、後は自分でどう運用していくかなので、とりあえずこの場ではそれまでの裏蓋で閉めた。

修理受付のとき、店員は不具合のボタンだけを交換するようなことをほのめかしていたが、ワタシは本体ごと換わるだろうと思っていて、実際その通りになった。これで、あと2年半は使えるはずだ(笑)。というか、Blackberry Classic日本でも発売してくれ。

JUGEMテーマ:コンピュータ
Blackberry Bold 9900を使い続けて、2年以上が経過。iPhoneやAndroidが賑わう昨今、個人的にここまで気に入った携帯/スマートフォンはこれまでになかった。しかし、気に入りすぎてしまったのか、エスケープキーとメニューキーの2つが、8月になってから動きがあやしくなってきた。

メニューキーは、本来はふつうに押すとそのアプリのメニューが開き、長押しするとアプリ切り替えモードになる。これが、ふつうに押しても長押しモードになってしまう。エスケープキーは、ひとつ前に戻るかもしくはアプリを終了させるキーだが、これが押しても効かなくなってきた。少しの間だましだましで使ってきたが、8月末についに修理に出すことにした。

ドコモショップに行き、状況を説明。修理期間中に貸し出す代替え機がショップになく、取り寄せるところからはじまった。店員が言うには、Blackberry 9900の代替え機はBlackberry 9900でなければならないとのこと。BISの有無はあるが、SIMカードの大きさが合致しさえすれば、Androidスマホでもいいのではと内心思いつつ、この日は引き上げることに。

一週間後、再びドコモショップに行き、代替え機の受け取りと修理の依頼をした。Blackberryはドコモいや日本において絶滅寸前の機種だが、対応してくれた若い男性店員は、Blackberryにもそれなりに精通していた。ではあったが、代替え機へのSIMカード入れ換えと、修理に出す方のデータ消去は自分でやった。

それから2週間が経過し、修理完了の通知を受けた。店舗にもよるとは思うが、ワタシが今回利用したドコモショップは、開店20分で待ち時間が45分になってしまうので、開店きっかりに入店して受けとることにした。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ
元祖スマートフォンでありながら、今や没落の一途をたどっているブラックベリー。新機種は日本ではキャリアからは発売されず、今使っているBlackberry Bold 9900をあと何年使わなければならないのか・・・と思っていたところに、新機種発表のニュースが。

「Blackberry Classic」「Blackberry Passport」の2機種。しかし、ワタシが知ったのが今日というだけで(笑)、カナダのブラックベリー社でのプレスリリースは6月にあり、7月の総会にて実機がお披露目されている。ネット上にあがっている写真を見ると、Passportはなんと正方形で、QWERTYキーボードが3列に配置されている。Classicは見た目9900とほぼ同じに見え、トラックパッドも装備している。LTEにも対応しているらしい。

イギリスやドイツでは既に発売が決まっている様子だが、果たして日本はどうか。というか、しろ。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ
24人のビリー・ミリガン〈上〉 24人のビリー・ミリガン〈下〉

1970年代後半のオハイオ州。3人の女性に対する連続強盗強姦事件が起こり、ビリー・ミリガンが逮捕・起訴される。しかしビリーは、事件のことを何も知らないと言う。弁護士は精神鑑定士を呼んで対応させるが、彼は自分はビリーではないと言い出す。調査の結果、ビリーには23の人格が存在することがわかる。

幼少時の実父の自殺未遂を契機に最初の別人格が現れ、その後義父による虐待の影響で複数の人格が生まれている。基本的にはスポットと呼ばれるポイントに立って意識を持つのは10の人格だが、「好ましくない者」とされる13の人格も存在し、強盗強姦事件は複数の人格が入り乱れる中で起こった。ビリーは無罪となった後精神治療を受けるが、そこで全人格が統合された24番目の人格「教師」が登場する。

アルジャーノンに花束を」「5番目のサリー」のダニエル・キイスによる、ノンフィクション。つまり実話をもとに書かれていて、ビリー・ミリガンは実在し、事件も実際に起こったものだ。劇中「教師」と対話する「作家」という男は、まさにキイスその人だろう。またこの本により、多重人格が世に認知されるきっかけにもなったらしい。

ワタシが読んでいてユニークだなと思ったのは、人格がたくさんあるのに肉体がひとつしかないことに窮屈さを、彼らが感じていないことだ。時には人格同士で会話し、そしてルールを決めている。「好ましくない者」としてスポットから追放される人格はいても、激しく対立したり言い争ったりすることはまずない。結構、統制はとれている。

「5番目のサリー」のサリーは、もともと彼女の中にあった人格が分裂して他の4つの人格ができあがったとされているが、ビリーの方は自身の中に起源を見出だすのが難しい人格もいる。安全なときに統制するリーダー格のアーサーはイギリス人だし、刑務所など危険な場所で身を守る必要があるときにリーダーになるレイゲンは、ユーゴスラビア人。最初の別人格であるクリスティーンは、幼い少女だ。

無罪になった後のビリーは、病院で虐待を受けたり政治家に危険視されるなど厳しい日々が続いたが、長きに渡る精神治療の末解放され、名前を変えて現在も暮らしているそうだ。
 
JUGEMテーマ:アート・デザイン
今日ドコモショップへ行き、料金プランを変更してきた。

(変更前)FOMAタイプSSバリュー+パケホーダイフラット
(変更後)Xiタイプにねん+Xiパケホーダイライト

メリットは、ざっくりで見ると、料金が月あたり約700円程度安くなることと、あとひとつ(詳しくは口述)。デメリットは、切り替え事務手数料3240円がかかることと、無料通話がなくなることだ。事務手数料は、翌月の請求に加算される(念のためドコモポイントを充当できるか聞いてみたが、叶わなかった)。より細かく言うと、FOMAのパケホーダイフラットは通信量無制限、Xiパケホーダイライトは3GB以上になると速度が128Kになる。

FOMA端末でも、Xiのパフォーマンスは発揮できないがXiの料金プランを契約することは可能。そして2年近く前から、BIS契約も可能になったようだった。2年未満で切り替えると、月々サポートはそこの時点で終了してしまうが、ワタシの場合は、Blackberryに機種変してから2年5か月を経過していた。ワタシの使用状況では、通話はほとんどなし、通信量も多くて1GB弱という状況だったので、この選択がベストと考えた。

切り替えを躊躇したのは事務手数料だが、それを押し切る決定的な事項があった。ワタシはmopera-Uに加入していて、docomo wi-fiやテザリングなどを使っていたのだが、パケホーダイフラットではテザリングは別途料金になっていて、5200円に最大2600円が加算されて7800円になる料金体系だった。Xiパケホーダイライトでは、テザリング込みで4700円となるので、最大で3100円分得することになる。これが大きかった。

現在ドコモは「カケホーダイ&パケあえる」プランを前面に出しており、Xiプランの新規契約ができるのは、8月31日つまり明日までだ。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ