一定期間更新がないため広告を表示しています

昨日、18時30分過ぎに信号や踏切などを制御するシステムに故障が発生。東横線、目黒線、多摩川線の東急3線がストップした。

毎日東横線を使って通勤しているワタシが、この状況に出くわしたのは、19時頃渋谷駅に着いたときだった。田園都市線が人身事故で遅延が発生しているのは事前に知っていたが、東横線には何ら関係はなく、ふつうに帰れるものと思い、ホームまで向かった。

横浜方面の4番線は和光市行きの電車が出発し、3番線は各駅の元町・中華街行き電車が止まったままで、車内にはそこそこ乗客がいた。事態がそれほど深刻とは思わず、次の4番線で横浜方面に行けるものと思っていると、また和光市行き。渋谷で折り返し運転をしていることに、ここで気づいた。

3番線の電車に乗ってみた。このまま再開を待つか、振替輸送を利用するかの判断は、かなり難しい。というか、できるなら再開してほしい。東横線は地下4階、振替でワタシが利用するJRは地上2階で、移動するだけで億劫だからだ。

10分ほど待ち、移動することに決めた。仮にすぐ再開しても、車内は激混みになるだろうと思ったからだ(この判断が、後々効いてくる)。東横線の改札で振替切符をもらう列に並んだが、一向に進まない。有人改札で定期を見せればそのまま通れるはずだと思い、列を離れた。

地上に出ると渋谷駅は工事中で、しばらく来ない間にこんな様子になっているのかと思った。JRの改札を通り、更に奥の湘南新宿ラインのホームを目指す。ちょうど電車が来ていて、乗車待ちの列が結構できてはいたが、先の車両に行くにつれて減ってきたので、発車直前ぎりぎりまで前の方に行き、乗車した。

車内はそこそこ混んではいたが、身動きがとれないほどでもなかった。待たずに移動したのは、正解と思った。横浜駅でまた乗り換え、無事に帰宅した。

21時のテレビのニュースのトップが、なんとこの東横線ストップだった。台風情報を差し置いてだ。この時点でまだ運行は再開されておらず、選択は正解だったと改めて思った。その後もテレビをザッピングしていて、運行が再開したのは22時15分頃と知った。

ワタシはまだましな方だったと思う。東横線に乗っている最中に止まったり、あるいは下車する駅が東横線内だったりした人は、バスやタクシーなどを使わなくてはならないだろうし、その場合は恐らくは長い行列に並んで待たなくてはならなかっただろうからだ。
 
JUGEMテーマ:日記・一般
カナダのブラックベリー社製スマートフォンを日本販売しているNTTドコモが、Blackberry端末の新規受付終了とサービス終了を発表した。前者は今年2015年11月30日まで、後者は2017年3月31日までとされている。

ワタシはBlackberry Bold 9900を使っていて、現在4年目になる。iPhoneをはじめとするフルタッチパネル型が主流となる中、QWERTYキーボードを備え、片手打でも両手でも文字入力に優れた機種を、こよなく愛している。強いて不満を言えば、FOMAなのでスピードが遅いことと、バッテリーの持ちが悪いことだ(後者は予備バッテリー交換で対応)。

海外では発売されている新機種の日本サポートがないことなどから、いずれはこういう日が来るのではと思っていた。ドコモショップに手続きに行くと後でアンケートメールが来るのだが、ワタシは新機種を出してくれという、薄い望みを書き込んでいた。

フルタッチパネル型のスマートフォンには魅力を感じず、といって今さらガラケーに戻るつもりもない。期限は明示されてしまったが、逆に考えればあと1年10ヶ月は今の9900を使うことができる。なので、次をどうするかをじっくり考えることにする。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ


 
先週末、30日夜8時24分過ぎに横揺れがあった。そのとき、ワタシは自宅にいた。

地震といえば、25日にもあったばかりだ。そのときも結構まとまった時間揺れていたが、今回はそれ以上だった。大きく激しい揺れではなかったので、じっとしているうちにやがておさまった。モノが落ちるようなことは、ワタシの自宅内ではなかった。

テレビは、NHKは地震速報に切り替わり、民放はテロップで情報を流した。震源は小笠原諸島沖で、最大は震度5強。ワタシの住む横浜は、震度4だった。震源地が深かったことから、津波は発生しないとのことだった。マグニチュードは最初8.5と発表され、その後8.1に訂正された。8.1という値は、311のときに次ぐ大きさだそうだ。

25日のときは交通機関に支障はほとんど出なかったが、今回はそうはいかなかった。新幹線をはじめ、JR線は軒並み数時間止まった様子が、翌31日のニュースで取り上げられた。東京ディズニーランドのある舞浜駅は、人が駅から溢れていた。鉄道だけでなく、エレベーターにも影響が出た。六本木ヒルズのエレベーターは数時間止まり、結局通常とは異なるエレベーターで客をおろしたそうだ。展望台があるのは52階だが、地上に比べかなり揺れたのではないだろうか。

地震があったときは自宅にいたので、落ち着いていられた。その平静さを、どこにいても保てるようにならなくては。
 
JUGEMテーマ:日記・一般
その時間、ワタシは職場の自席で仕事していた。

ぐらぐらっと横揺れが来た。すぐにおさまるかと思いきや、結構まとまった時間揺れた。携帯電話の緊急地震速報の通知音が、あちこちから聞こえてきた。ワタシのスマホも、鳴っていた。数10秒後に、やっと揺れはおさまった。

ネットで状況を調べる。Yahooには、なかなかつながらなかった。なので、Twitterで検索。震源は茨城県で震度5弱。ワタシの職場を含む東京23区は、震度4だった。津波の発生はないとのことだ。電車の運行は当然のように影響を受け、ダイヤは軒並み乱れていた。

揺れた瞬間、311の地震が頭をよぎった。時間帯が近かったこと、そのとき自分がいた場所が同じだったこともあった。ただ、揺れているのがちょっと長いとは思ったものの、あのときほどではないなという「落ち着き」が、心のどこかにあった。

帰宅時も、電車のダイヤはまだ乱れていた。渋谷駅で乗り換えるとき、ホームが人で溢れかえっていて、久々に見る光景だった。それでも、なんとか無事に帰宅することができた。

 
JUGEMテーマ:日記・一般
家なき子 DVD BOX

2011年から2012年にMX-TVにて再放送されていた、アニメ「家なき子」。全話録画したはいいが、だらだらと観ていて、一向に終わる気配なし。今年になって、観るペースをあげた(笑)。そして先日、やっと最終回までたどり着いた。

フランスのバルブラン一家で優しい母と暮らしていたレミは、実は捨て子だった。養父ジェロームは、金欲しさに8歳のレミを旅芸人ビタリスにレミを売る。ビタリスは芸だけでなく文字の読み書きや人としての誇りなどを教え、レミの人格形成に大きな影響を与えるが、吹雪の夜にレミをかばうようにして凍死してしまう。

物語は、不幸と幸福が交互に訪れる。白鳥号のミリガン夫人とアーサー、アキャン一家などの人たちには救われ、バイオリン弾きのマチヤとは最後まで旅を続ける親友になる。レミはバルブラン・ママに再会し牛をプレゼントするが、そこで本当の両親がレミを探していることを知らされる。実は、ミリガン夫人が実母、アーサーは実弟だった。

個人的に見ごたえがあったのは、全51話のうちの49話だ。ミリガン夫人一行がバルブラン家を訪れ、レミの産着にミリガン家の紋章があるかを確認し、それで夫人はレミが我が子とわかる回になる。つまり、生みの母ミリガン夫人と、育ての母バルブラン・ママの2人が、ここではじめて対面する。

ミリガン家は高貴な一族ゆえ、夫人はもともと気高く品のある人だが、決して裕福とは言えない暮らしをしていたバルブラン・ママも、夫人に劣らず気品に満ちている。そしてお互いがお互いを認め、思いやっている。母としても女性としても、甲乙つけがたい魅力的な2人なのだ。

制作は、トムズ・エンターテイメント(当時は東京ムービー新社)。「エースをねらえ!」「宝島」なども手掛けていて、声優陣は、シャッフルされてはいるが結構かぶっている。中でもユニークと思うのが、主人公レミと、将来レミと結婚するリーズ・アキャンの2人。声優は、「エースをねらえ!」では、親友愛川牧と主人公岡ひろみになっているのだ。
 
JUGEMテーマ:漫画/アニメ