一定期間更新がないため広告を表示しています

トランセンデンス

人工知能を開発する科学者ウィルとその妻エヴリン。しかしウィルはテロ組織RIFTの凶弾に倒れてしまい、エヴリンは友人の科学者マックスの協力を得てウィルの意識を人工知能にアップロード。ウィルは人工知能としてよみがえり、コンピューターネットワーク上にあるあらゆる情報を取り込む。エヴリンは郊外の街に拠点を構え、地下にはコンピューター施設、地上には電力を確保するための無数のミラーを設置する。

ウィルが目指したのは、ナノテクノロジーを駆使することでの人間や自然の治癒だったが、治癒した人間をモンスターのように怪力にしたり、自由に操ったり、自らの意識を投影させてエヴリンに触れようとさえする。そしてついには、自らの肉体をも再生させてしまう。

キャストは、ウィルにジョニー・デップ、エヴリンにレベッカ・ホール。マックスは「ダ・ヴィンチ・コード」のシラス役などのポール・ベタニーという人。FBI捜査官にキリアン・マーフィー、ウィルとエヴリンの師にモーガン・フリーマン。結構豪華だ。監督は、これまでクリストファー・ノーラン作品で撮影監督をしていたウォーリー・フィスターという人で、これが監督デビュー。ノーランは制作総指揮として名を連ねている。ナノテクによる、細かい粒子がゆっくりと浮かび上がったり、人や破損したミラーが再生するシーンは、とても美しい。

設定はいろいろと脇が甘く、ツッコミどころはかなりある。人工知能になったウィルは全米中の監視カメラでテロ組織を追い込んだはずだが、なぜかRIFTだけは捉えられなかった。株価を操作して大金を入手した時点で大きな犯罪のはずなのに、実質的に動いているFBIはたったひとり。しかも、終盤はRIFTと共同戦線を張っていることになる。

全米では興行的にぱっとせず、日本でも酷評が少なくない。しかし、個人的にはわくわくさせてもらった。

「2001年宇宙の旅」では、HAL9000は指令実行のためディスカバリー号の乗員を殺そうとした。「ターミネーター」では、巨大軍事コンピューター「スカイネット」が自我に目覚め、人類を攻撃した。つまり、人間と機械とは明らかに異なる存在だった。それが、最近の作品「月に囚われた男」「オブリビオン」では、クローンが自分がクローンだと気づかず、人間と思い込んでいる。また、人間らしくあろうとしている。つまり、人間と機械のボーダーラインを、機械の側からあいまいにしているのだ。

そして「トランセンデンス」は、ウィルの意識を人工知能に取り込み、肉体は一度滅べども、バーチャルな世界の中で生き続けている。ネットの世界を自在に飛び交い情報を操るさまは、「攻殻機動隊」を彷彿とさせる。人間と機械のボーダーラインを、人間の側からあいまいにすることを、「トランセンデンス」イコール「超越」と位置付けているのだ。
 
JUGEMテーマ:映画

 
ポンペイ

紀元後79年。ローマ帝国に一族を皆殺しにされたケルト騎馬民族のマイロは、奴隷の身となりポンペイに送られ、剣闘士(グラディエーター)として戦わされていた。マイロはポンペイ商人の娘カッシアと知り合うが、彼女はローマ元老院議員コルヴィスと無理やり結婚させられそうになる。

そんな中ヴェスヴィオ火山が噴火し、溶岩流が噴き出し地震で地割れが発生し、大津波で脱出船も港も流されてしまう。マイロは、コルヴィスによって閉じ込められたカッシアを救うべく奔走する。

後に遺跡として発掘されるポンペイ市の壊滅を下地にした、パニックスペクタクル映画とでも言えばいいだろうか。まるでミサイルのような溶岩流は、スクリーンを飛び出さんばかりの迫力だ。ワタシは2Dで観たが、3D版では地割れや津波のリアルさはより増すものと思われる。

カッシアとマイロは身分の差を越えた恋愛関係に「いちおう」なるが、カッシアは明らかに好意を寄せるものの、マイロの方は自分の親をはじめ一族を滅ぼしたコルヴィスに対する怒りと復讐の感情が入り交じり、更には生きるか死ぬかという極限状態の中なので、自分を何度か救ってくれたその恩返しでカッシアを助けているようにも思える。

キャストは、ワタシが見てわかったのはコルヴィスのキーファー・サザーランド、カッシアの母のキャリー・アン・モスくらい。カッシアを演じた人は「エンジェル・ウォーズ」に主演している人、マイロの人はハリウッド俳優としてのキャリアがほとんどない、言わばニューカマーだ。腹筋の割れ方がすごかった。
 
JUGEMテーマ:映画

 
エイリアン

画家でデザイナーの H・R・ギーガーさんが12日に亡くなった。ニュースによると、階段から転落し、搬送された病院で息を引き取ったとのこと。74歳だった。

なんと言っても、映画「エイリアン」に登場するクリーチャー(エイリアン)のデザインだ。人間を襲う恐怖のモンスターだが、気持ち悪いけれどカッコいいという、ギリギリのところを突いている。これで、アカデミー賞も受賞しているそうだ。

ロックアーティストのジャケットも手掛けているとのことで、ワタシが知っているのはエマーソン、レイク&パーマーの『恐怖の頭脳改革』のジャケットだ。グレーをベースにドクロを冠したデザインは、エイリアンにも通ずる、不気味さとカッコよさが同居している。他に有名なのは、Kornのジョナサン・デイヴィスのマイクスタンドがこの人のデザインによるものだ。フェスなどでセットチェンジ中にこのマイクスタンドがセッティングされると、それだけで場内からどよめきが起こったものだ。

エンターテイメント界は、偉大な才能を失った。謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

JUGEMテーマ:映画



ワタシはつい最近知ったのだが、去年11月にこんなことがあった。

白血病を患う5歳の少年マイルス・スコット君の「バットマンになりたい」という夢を叶えるべく、難病患者を支援する団体が主催し、サンフランシスコをゴッサムシティにするというイベントが行われた。12000人のボランティアがイベントを支え、全米にテレビ中継もされ、オバマ大統領も激励のコメントを贈った。

ゴードン署長(サンフランシスコ市警署長本人が演じた)がマイルス君をバットキッドに任命し、街の平和を守るようにという任務を与える。バットキッドは先輩のバットマンと共にバットモービル(寄付されたランボルギーニ!を改造)で出発。囚われた女性を救出し、銀行強盗をしようとしたリドラーを逮捕。サンフランシスコ・ジャイアンツのマスコットを、ペンギンから救出した。

ううー、ええ話やー。そして、アメリカはやることのスケールがでかい。

JUGEMテーマ:映画

ホビット 竜に奪われた王国

奪われた王国を取り戻す旅を続けるドワーフ族と、旅に同行するホビット族のビルボ。オークに追われ、森の中で巨大グモに襲われ、エルフ族に捕らえられ、牢獄を脱出し激流を樽で下り、湖の町では人間に捕らえられかける。

旅は苦難の連続だが、それでもついにはなれ山にたどり着く。山の中は見渡す限り黄金だらけだが、そこには、ドワーフ王国を滅ぼした巨大な竜「スマウグ」がいた。

2年前に公開された「ホビット 思いがけない冒険」の続編にして、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの60年前にあたる前日譚だ。今回も、ニュージーランドの美しい景観が圧巻で、スマウグをはじめとする巨大生物のCGにも最早違和感はない。川下りの場面の疾走感も、視覚に訴える。IMAX3Dで観たので、臨場感はハンパなくすごい。

今回、大きな話題になっているのが、エルフ族の勇者レゴラスが登場していることだ。エルフ族は数千年を生き、身体能力に優れた種族ということになっていて、弓の名手レゴラスはオークを鮮やかに蹴散らしている。そして演じているのは、もちろん、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズと同じオーランド・ブルームだ。

湖の町にドワーフやビルボらを導く人間のバルドは、「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」でアラミスを演じていた人。そして竜のスマウグは、「スター・トレック」などのベネディクト・カンバーバッチが、声だけでなくモーションキャプチャーでその動きも「演じている」。

3部作の2作目がつなぎのようになってしまうのはよくあることだが、今作もそうなってしまっているのが少し残念。一段落がついて完結編に進むのではなく、ここで終わりかーという感触が残ってしまった。ただ、完結編では謎が明らかになり、「ロード・オブ・ザ・リング」への橋渡しも描かれるものと思っている。

JUGEMテーマ:映画

自分の進路がなかなか定まらない大学生のジョブズは、IT分野に活路を見出だして就職。やがて友人と「Apple」を起業し、自宅のガレージをオフィスにする。コンピューターイコール大型汎用機という時代にパソコンを開発し、これが爆発的にヒット。やがて会社を法人化すると、企業規模も大きくなっていく。

ジョブズは、製品を売り込むために宣伝に長けたペプシコーラ社長のジョンを引き抜くが、一方で製品開発プロジェクトにて細部までにこだわりを持ちすぎ、尊大な態度でメンバーに臨んでしまう。それは資金の浪費にもつながり、やがて取締役会で解雇を言い渡されてしまう。

2011年に亡くなった、アップルの創始者スティーブ・ジョブズの伝記映画だ。ジョブズの半生は、亡くなった直後に日本のテレビ局でも繰り返し放送されていたので、大枠はだいたいわかっていた。栄光、挫折、そして復活。独善的な一方ナイーブな面も持ち合わせ、決して完全無欠の超人ではない。失敗も数多くしているし。それがこの人の魅力だと思うし、同じ年にして親友かつ好敵手の、マイクロソフトのビル・ゲイツと大きく違う。IT業界ではゲイツの方がはるかに成功しているが、もしゲイツが死んだとしても、伝記映画は作られるだろうか。

ジョブズを演じるのはアシュトン・カッチャーという人で、生前のジョブズに似すぎている(伝記映画ではコレかなり重要)。ジョブズに招かれるも、結果的にジョブズを追い出す役員のひとりになってしまうジョンは、「バーディ」「ビジョン・クエスト」「フルメタル・ジャケット」「ダークナイト・ライジング」のマシュー・モディンだった。

JUGEMテーマ:映画



ゼロ・グラビティ

スペースシャトルで船外活動をしていた、医療技師のライアン・ストーン博士。そこへ、ロシアが自国の衛星を爆破したことで大量の宇宙ゴミが散乱し、ライアンは宇宙空間に投げ出されてしまう。同じく投げ出された指揮官コワルスキーは指示を出し続け、やがてライアンの体を自分と固定させる。

スペースシャトルも宇宙ステーションも破損してしまい、このままでは地球への帰還は難しい。しかし中国の宇宙ステーションは稼動していて、2人はそこを目指すのだが・・・。

ライアンをサンドラ・ブロック、コワルスキーをジョージ・クルーニー。登場するのはこの2人だけだ。あとはヒューストン管制センターからの音声や、たまたま拾った地球のラジオの音声といった、声だけの出演があるくらい。船外活動は3人で行っていたのだが、あとひとりは宇宙ゴミの直撃を受けて即死している。

やたらと評価が高く、特にサンドラ・ブロックにはアカデミー主演女優賞候補との呼び声も高い。確かに、恐怖や孤独と戦いながら生への執着を見せる彼女の演技は感動的だし、知らず知らずのうちに応援してしまっている。

静かで無に近い世界、地球の大陸や光(人間が暮らしていることの証と思う)が眼前に広がる光景は、まるで宇宙遊泳を疑似体験しているような感覚がある。一方、ライアンが宇宙空間に放り出されてしまったときのどうしようもない無力さや恐怖感も、ひしひしと伝わってくる。

だからこそ・・・、細かい部分のリアリティを追求すべきだったと思う。ふつうに考えて、宇宙飛行士として宇宙に出るまでには何年も訓練を積んでいるはずで、宇宙空間に放り出されたり、宇宙服内の酸素が少なくなったとしても、パニックになどならないはずなのだ。宇宙服の着脱も、簡易にやりすぎているし。

以前、トム・ハンクスが主演していた「アポロ13」という作品があったと思う。ワタシは未県だが、確か宇宙空間を舞台にしたサスペンス調の内容だったのではと思う。この作品を観終えた後になり、ちょっと気になってきた。

JUGEMテーマ:映画


REDリターンズ

元CIAエージェントのフランクは、恋人サラと平穏な生活を送っていたが、何者かが32年前の極秘計画「ナイトシェード」の情報をネットに流し、計画に絡んでいたフランクと元相棒マーヴィンはFBIに拘束され、ペンタゴンにも命を狙われる。フランクは2人を伴ってヨーロッパに飛び、ナイトシェードの責任者だったベイリー博士の居所を突き止める。

2年前に公開された、スパイアクション映画の続編だ。舞台はパリ→ロンドン→モスクワ→ロンドンとめまぐるしく変わり、カーチェイスや銃撃戦などアクションシーンは前作よりかなりド派手になっていて、これが観ていて痛快で気持ちがいい。展開が二転三転する、スパイものならではのストーリーもアリだ。

前作に引き続いてのキャストは、フランクのブルース・ウィリス、マーヴィンのジョン・マルコヴィッチ、サラのメアリー・ルイーズ・パーカー、ヴィクトリアのヘレン・ミレン。ヴィクトリアと恋仲にあるイヴァンも、出番は少ないながら出演している。

今回新たに加わったキャストも、結構豪華だ。ロシア諜報員でかつてフランクとは深い仲にあったカーチャを、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ。かつてフランクに刑務所送りにされていてフランクを恨み、殺しを引き受ける韓国人ハンを、イ・ビョンホン。そして、ベイリー博士にアンソニー・ホプキンスだ。

周囲のキャストがフランクの引き立て役やサポート役になっておらず、それぞれ見せ場を作っている。恋人サラは、前作では年金課のOLつまり一般人だったのが、今回はカーチャに対抗意識を燃やし、コミカルな面を見せつつちゃんと役立ってしまっている。ベイリー博士を演じるアンソニー・ホプキンスは、珍しくまともでおとなしい老人役か?と思いきや、やはり一筋縄ではいかない。

イ・ビョンホンは、「G.I.ジョー」でも見せつけた肉体美を披露。完璧にハリウッドに溶け込んでいて、悔しいったらありゃしない。日本人では渡辺謙や浅野忠信、真田広之らがいちおうハリウッド進出を果たしてはいるが、地味な役どころに収まっている気がしてならない。阿部寛辺りが、もし英語ができれば対抗しうるのではとか思う。

そして、ぶっちぎりでカッコいいのがヴィクトリアのヘレン・ミレンだ。予告編ではイ・ビョンホンの車に乗っていて、今回は敵対するのか?と思いきや、うまくフランクをサポート。クライマックスのカーチェイスシーンでは、両手で銃をブッ放しクールに追っ手を仕留める。かと思えば、サラにそれとなく恋愛指南をする女性らしい一面も。68歳とは思えないバイタリティーで、個人的には「クイーン」のエリザベス女王役よりも、断然このヴィクトリアだ。

JUGEMテーマ:映画

アメリカの俳優ポール・ウォーカーさんが、30日に亡くなった。ロサンゼルス近郊で、知人の運転する車が衝突事故を起こしタコトニヨル。ウォーカーさんは、フィリピン台風のチャリティーイベントに向かう途中だったとのこと。まだ40歳の若さだった。

ワタシがこの人の出演している作品で観たことがあるのは、今年7月に公開された「ワイルド・スピード EURO MISSION」がある。劇中では、ヴィン・ディーゼルとつかず離れずのいい距離感を保ちながら、いいコンビであり続けていたように見えた。40歳と聞いてびっくり。見た目はもっと若く、30代前半くらいだと思っていた。

「EURO MISSION」はシリーズ6作目だが、7作目の来年公開が既に決まっているとのこと。これが、この人の遺作ということになると思われる。シリーズはとにかくド派手なカーチェイスが最大の見どころダガ、ウォーカーさんは私生活でもスポーツカーを愛用していたとのこと。銀幕の中では華麗なテクニックで街中を疾走していたのが、現実世界で自動車事故死とはとても残念。がしかし、ちょっと運命的とも思ってしまう。

謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

JUGEMテーマ:音楽

キャリー

狂信的なキリスト教信者を母に持つキャリー・ホワイトは、内気で気弱な性格で、ハイスクールでいじめにあう。クラスメートのひとりスーは、いじめを傍観していたことを悔やみ、自分の彼氏トミーに、プロフ(ダンスパーティー)にはキャリーを誘うよう頼む。

からかわれていると思ったキャリーは1度は断るが、トミーの押しや誘われたことの嬉しさもあり、プロフに参加することに。母親は笑い者になるだけと反発し、いじめの張本人クリスは、停学にされた逆恨みでプロフの場に忍び込んで仕返しをしようとする。

極端に偏った考え方をする母親に抑圧され続けたキャリーは、興奮状態になると超能力を発揮し、物を浮かせたり、ガラスを割ったりする。母親はリストカットなど自傷行為を繰り返し、娘の体の成長も恋愛も悪魔の仕業かつ神からの試練と考えてしまう。母親を恨み反発もするキャリーだが、それでも彼女の拠り所は母親しかいない。なんとも複雑で、見ていてやるせない気にさせられる。

いじめの場面が陰湿すぎず執拗すぎなかったことには、ほっとする。女性教師がいじめの犯人をつきとめつつキャリーを励ましたり、スーがキャリーのためにと気を配る辺りには、少しだが救われる思いがする。

スティーヴン・キング原作で、1976年にブライアン・デ・パルマ監督で映画化されていて、今回は37年後のリメイク作になる。ワタシは76年作は観ていないが、ネットで見た限りでは、どうやらストーリーはほとんど変わっていないらしい。

キャリーをクロエ・グレース・モレッツ、母親をジュリアン・ムーア、スーをガブリエラ・ワイルド(『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』に出演)が演じている。母娘で争う場面は、世代こそ違うが女優対女優のぶつかり合い、真剣勝負をしているようでもある。この役を受けて挑んだ、クロエの今後が楽しみだ。

JUGEMテーマ:映画