一定期間更新がないため広告を表示しています

椎名林檎「班大会」ライヴビューイング 2013年11月29日

浜離宮内にあるキャパ500人の会場でファンクラブ会員限定ライヴを行う椎名林檎だが、この抽選に漏れた人や会員以外の人向けに、全国80箇所の映画館で衛星中継がされる。ワタシは、渋谷の映画館にいた。

18時30分からPVを4、5曲ほど流す。『幸福論』とか、超なつかしいし。PV終了後に画面が中継に切り替わり、それから数分すると現地の場内が暗転した。ピアニスト、アコーディオン、林檎の3人で、『都合のいい身体』でスタート。その後少しずつメンバーが増えていくが、編成は党大会と全く同じ。ただ、チェロの人だけ女性になっていた。

『カリソメ乙女』より、ソイル&ピンプ・セッションズのみどりんがドラマーとして加わった。弦楽器のうち、バイオリンは斎藤ネコ。指揮者として林檎と何度も共演しており、亀田誠治がバンドモードでの林檎の保護者だとすれば、この人はオケモードでの彼女の保護者的存在だと思う。パティ・スミスを支える、レニー・ケイのような。

映像やライティングなどの演出がない代わり、会場の密閉感がスクリーン越しでも伝わってくる。そしてカメラワークにより、党大会のときではわからなかった、細かいところも映し出される。ピアニストやみどりんの手元とか、林檎が使っている水差しなどだ。そして、林檎がどアップになるアングルもやたらと多い。

『浴室』のアウトロで林檎はステージから捌けて行き、『熱愛発覚中』は生演奏に録音したヴォーカルというスタイルは党大会と同様。この後ゆるい質問コーナーがあり、最後の晩餐に何を食べたいか、に対し、「まごわやさしい」と林檎は答えていた(録音ではなく、恐らく生声)。

衣装替えして再登場した林檎だが、ここからが党大会と一部変更に。ファースト『無罪モラトリアム』からの『茜さす、帰路照らさねど...』を歌い、この後のMCでファーストの曲はほとんど10代のときに書いた曲で、その頃からの知り合いという谷口崇をゲストとして迎え入れた。『becoming』『ありあまる富』の2曲を、谷口のアコギ弾き語りと林檎のヴォーカルで共演していた。

『罪と罰』、東京事変ナンバーの『夢のあと』は、彼女のヴォーカリストとしての力量を見せつけた。再び袖に捌けていくと、『孤独のあかつき』を生演奏に録音ヴォーカルで。今回はこれでもいいが、いずれこの曲ナマで聴いてみたい。2度目の質問コーナー、生まれ変わったら「医師」になりたいとのことだった。その場では「石」に聞こえ、一瞬は?と思ったが、その後の文脈で医者のことだと理解。

栗山千明に提供した『月夜の肖像』を英語詞で歌う。序盤の『カーネーション』『カリソメ乙女』もそうだったが、今回英語詞がやたらと多い。かなり前、確か『茎(STEM)』のときのインタビューだったと記憶しているが、英語にすることで歌詞への詮索よりも音の方に耳が行くように、と言っていた気がする。今回もそうか?

『女の子は誰でも』で本編を締め括り、アンコールとなるのだが、ここでなんと、彼女はセミアコを手にし、弾き語りで『歌舞伎町の女王』を。今回の党大会・班大会自体セミオーケストラ仕様というのもあるが、そもそも林檎がアコギを手にすること自体とても珍しいと思っていて、このショットが見られただけで充分おつりが来る!そして、オーラスは『幸先坂』だった。

セットリスト
1.都合のいい身体
2.カーネーション(英詞)
3.カリソメ乙女(英詞)
4.MY FOOLISH HEART 〜crazy in shibuya〜
5.浴室
6.熱愛発覚中(生演奏に歌録音)
7.茜さす、帰路照らさねど...
8.becoming(with谷口崇)
9.ありあまる富(with谷口崇)
10.いろはにほへと
11.錯乱
12.罪と罰
13.夢のあと
14.孤独のあかつき(英語詞、生演奏に歌録音)
15.未発表曲(仮タイトル:今/英語詞)
16.月夜の肖像(英語詞)
17.おいしい季節
18.旬
19.女の子は誰でも
【アンコール】
20.歌舞伎町の女王
21.幸先坂

ライヴビューイングというのを、今回はじめて体験した。近年はいくつかのアーティストがを導入し始めているが、林檎は10年前の2003年『賣笑エクスタシー』で既に導入済みで(このときは事前告知なく東京会場で生ライヴを行い、それを全国に中継したという具合だった)、この先駆者でもあるとも言えるはずだ。もちろん会場のその場にいることの臨場感には及ばないが、チケットが取れない場合の救済措置としてアリだと思う。

JUGEMテーマ:音楽

椎名林檎「党大会」@オーチャードホール 2013年11月26日

予定より10分ほど過ぎたところで客電が落ち。ステージの幕があがる。ピアニスト、アコーディオン、そして椎名林檎の3人にて、『都合のいい身体』でスタート。その後少しずつメンバーが増えた。フル編成は、ピアノ、弦楽四重奏、アコーディオン、ハープ、ドラム、コントラバス、そして林檎という具合だ。

林檎は金髪おかっぱのヘアピースを被り、まるでクレオパトラが着るようなドレスをまとい、そして頭上には大きめの王冠が。まめにMCを入れていて、いつものロックバンドとは異なる編成にし、より深いレベルでしびれさせたい、とのこと。自由に楽しんでもらって構わないということも言っていて、彼女のライヴにしては珍しい、客が着席して楽しむライヴとなった。

編成がバンドではないので、アレンジはほぼ全ての曲が原曲と異なるジャジーで大人びた仕上がりになっていた。林檎はほぼ全曲でヴォーカルに専念していたが、序盤の『IT WAS YOU』ではピアノを弾きながら歌っていた。歌詞を英語にした曲も、かなり多かった。このアレンジに合わせてかな。

『浴室』のアウトロで林檎はステージから捌けて行き、『熱愛発覚中』は生演奏に録音したヴォーカルということに。そして、「噂の真相」と題したコーナーとなり、録音による彼女の音声にて、女児を出産していたことを認め、それがシングルの発売日と重なったために今まで公にはしなかったと語った。

衣装替えした林檎は、胸元が大きく開いたドレス姿で、見ている方がヒヤヒヤする(笑)。党大会って何党?というフリがあり、もちろん「甘党」!なんだって。栗山千明に提供した『おいしい季節』をこの後歌ったのは、コレに引っかけてだな。

2度目の「噂の真相」では、彼女の活動に言及。今まで節目節目でのライヴは死守してきたので、それは今後も続けていくようだ。会場をどうやって決めているのかという問いへの回答があって、1年先までだいたい埋まっていて、(他のアーティストとの)抽選に勝ち抜いて決まるとのこと。土日祝日は倍率が跳ね上がるそうだ。

またもや生演奏・歌録音の『孤独のあかつき』を経て、今度の衣装替えで赤白のツートンにペンシルスカートに、なんとスカーフをまち子巻きにしてサングラスといういでたちに。『罪と罰』を歌ったが、どうやら党大会5公演の中でこの曲はこの日オンリーだったようだ。

ともさかりえへの提供曲『都会のマナー』はこの雰囲気にマッチしていたし、新曲(『今』という仮タイトル)や、栗山に提供の『月夜の肖像』といったところを披露。かつて、東京事変のライヴでともさかに書いた『少女ロボット』をセルフカヴァーしていたことがあったが、曲を書いた本人によって再構築されるというのは断然アリだ。

『茎(STEM)』で本編を締め括り、アンコールは『丸ノ内サディスティック』と真木よう子に提供した『幸先坂』の2曲。『丸サ』は日本語詞と英語詞をクロスさせる変則モード。『幸先坂』の黄昏た曲調は、オーラスに相応しかったと思う。

セットリスト
1 都合のいい身体
2 IT WAS YOU
3 カーネーション(英詞)
4 カリソメ乙女
5 MY FOOLISH HEART
6 浴室
7 熱愛発覚中(生演奏、歌録音)
=噂の真相コーナー1=
8 二人ぼっち時間
9 色恋沙汰
10 いろはにほへと
11 おいしい季節
12 旬
13 女の子は誰でも
=噂の真相コーナー2=
14 孤独のあかつき(生演奏、歌録音/英詞)
15 都会のマナー
16 未発表曲(仮タイトル:今/英詞)
17 月夜の肖像(英詞)
18 罪と罰
19 密偵物語
20 殺し屋危機一髪
21 茎(STEM)
【アンコール】
22 丸ノ内サディスティック
23 幸先坂

ロックバンドの佇まいとは程遠いスタイルだったが、これぞ何パターンもの表現手段を持ちうる彼女の真骨頂だ。こういうことができるアーティストは海外でも希少と思うし、日本の、増して女性アーティストとなれば、他に誰がいる?ワタシは彼女をほぼデビューから見続けることができていて、その幸福感を改めて噛み締めている。

JUGEMテーマ:音楽


椎名林檎「党大会」@オーチャードホール 2013年11月26日

行ってきた。レポートは別途として、ここでは周辺の様子について。

グッズは13時より先行販売され、巾着がものの数分で売り切れたとのこと。ワタシはヨメさんに依頼してTシャツを1枚買ってもらった。18時の開場後や終演後は、ロビーにて販売されていた。

今回の公演は紙チケットの発券がなく、チケット取得時に使用したクレジットカードか、もしくはQRコードでの入場となった。以下は、ワタシが利用したクレカの入場方法について。入場は、必ず同行者と一緒に。ゲートにクレカを読み通す端末が設置されており、係員にクレカを渡して通してもらい、確認が取れると小さな伝票が2枚印刷され、そこに座席番号が刻印されているという具合。8月に科学未来館で観たビョークと同じ段取りだった。

5回に渡り開催された党大会だが、この日はカメラが入っていて、一部がニコニコ動画で生配信されたとのこと。恐らく、後日DVD化されるものと予想している。

次は班大会。ワタシは、29日にライヴビューイングで楽しむ予定だ。

JUGEMテーマ:音楽


去年2月の東京事変解散以降、曲のリリースや他の人への曲提供はあれど、公の場にはほとんど出ないという、竹内まりや状態だった椎名林檎。しかしこの11月、アルバムやブルーレイのリリースなどいろいろ動きがあって、その最たるが久々となるライヴだ。

ライヴは、「党大会」「班大会」と銘打たれている。前者は、先週から渋谷のオーチャードホールで開催中で、ワタシは最終となる明日の公演に行く予定だ。後者は、浜離宮内の小さなところで28日29日と行われ、ファンクラブ内抽選行に当選した人だけが参加できる。しかし29日の公演は全国でライヴビューイングがあり、ワタシは渋谷の映画館で観る予定だ。

創作活動は続けるが自身は露出しないというスタイルは、事変末期のインタビューで本人が望んでいたことのようだった。その先人である竹内まりやには、「あなたはダメよ」と言われたとも。なので、しばらくの間は表に出てはこないのかなあと思っていたところへ、この動きだった。今年がデビュー15周年なので、それにリンクしてというのもあったらしい。

党大会は、今夜も行われているはず。そして今日は、彼女の35歳の誕生日でもある。おめでとうございます。

JUGEMテーマ:音楽

東京事変@日本武道館

周囲の異常なまでの熱狂ぶりをよそに、過剰な期待も終焉の寂しさも抱くことなく会場入りした。ワタシ個人にとっての事変ベスト、おととし5月の国際フォーラム公演を超えることはないだろうと思っていた。

結論。その国際フォーラム公演にも比肩する、素晴らしいライヴだった。

客電が落ち、椎名林檎が後方から登場して『生きる』を歌い出した瞬間、場内は別世界へと飛び立った。この日ここに集まった、オーディエンスの歓声のヴォリュームはハンパなくすごかった。続く『新しい文明開花』では紙吹雪や「お札」が舞い、ここで早くもショウはピークに達した。

選曲は、『スポーツ』『大発見』そしてラストアルバム『color bars』からが中心になっていた。ステージは、曲によりオーケストラ(指揮斎藤ネコ)や4人の女性ダンサーが動員され、音数も音圧も視覚も申し分のない出来だった。曲によっては大胆なアレンジが施され、思わずニヤリとしてしまった。

『color bars』からの伊澤ヴォーカル『怪ホラーダスト』、刃田ヴォーカル『ほんとのところ』は、これまでの事変とはカラーが異なり、観ていて新鮮だった。伊澤は曲に合わせたかのようにV系のような衣装で、刃田もギターをしょってはしゃぐように歌っていた。これらの曲のとき、ピアノやドラムをこなしていたのは椎名林檎だった。新鮮。

衣装替えも頻繁にあった。初回は5人とも派手め、2回目は林檎アフロ、3回目は赤基調、4回目は世界地図をプリントした明るいブルーだ。ステージは、上部にスクリーン、バックにもスクリーンがあるのだが、左右にオープンになるとオーケストラがお目見えするという具合。前方は左右に花道が伸びていた。

『御祭騒ぎ』から後半戦のギアが入った感じになり、『電波通信』の林檎のヴォーカルにかけられたエフェクトはライヴ映えしていた。MCは全くないかと思われたが、ツアー名をいじって「ボンボヤッてる〜!?」といった小ネタもあった。

本編ラストを『空が鳴っている』で締め、アンコールではメンバーはボンボヤージュよろしくボーダー柄の水夫のような衣装姿に。『丸ノ内サディスティック』で林檎は左右の花道の先にまで足を伸ばし、1階席の客何人かとハイタッチ。栗山千明に提供した『青春の瞬き』は、当然ながら何の違和感もなく聴くことができた(本編では『おいしい季節』も)。

ダブルアンコールで、伊澤があと1曲で終わり、でも音楽はみんなの中で生き続ける、といったようなことを言い、そしてオーラス『透明人間』へ。最後という湿っぽさはなく、明るく締めくくりたかったのだろう。メンバーが掃けた後、上部スクリーンにエンドロール、バックドロップにレコーディング風景やこれまでの宣材写真等が流れた。

武道館の1階南席は関係者や芸能人の席に割り当てられるのだが、ワタシが見た限りで広末涼子、栗山千明、笑福亭鶴瓶がいた。またこの公演は、全国の映画館でも生中継されていた。カメラの台数もやたらと多かったので、まず間違いなくDVD化されることでしょう。

おつかれさまでした。

ありがとう。

そして、またいつか。

JUGEMテーマ:音楽

栗山千明『CIRCUS Deluxe Edition(DVD付)』


東京事変のラストツアーも、いよいよ今夜と明晩を残すのみ。ネット上に流れているセットリストをもとにプレイリストを作ってみるのだが、『おいしい季節』『青春の瞬き』という見覚えのない曲が披露されていた。調べると、椎名林檎作詞作曲、演奏東京事変で、栗山千明に提供した曲だった。これらを含む、林檎は計4曲を栗山に提供。というわけで、これらがまとめて聴ける栗山の『CIRCUS』というアルバムを入手した。

手にとってびっくり。林檎だけでなく曲提供者の顔ぶれがハンパなく豪華だ。

栗山千明 | PRODUCER & SONG WRITER ARTISTS

提供しているアーティストを知った上で聴いていると、ニヤニヤしてしまう。出だしの9mmの曲はまんま9mmだし、浅井健一の曲は浅井だし(演奏はPONTIACS)、布袋寅泰が書いた曲は布袋だし、佐藤タイジが書いた曲はやはりシアターブルックだ。そうした中、林檎が書いた曲が最も栗山にしっくりきているように思える。

同梱されているDVDの内容はPV集だ。むむー、どことなく林檎/事変の世界観に近いような(監督が同じなのかな)。『可能性ガール』はステージ上部のスピーカーから新木場スタジオコーストでの撮影とわかり、そして布袋本人もちゃっかり出演している。『コールドフィンガーガール』はショートムービー仕立てになっていて、完成度が高い。『おいしい季節/決定的三分間』のメイキングでは、栗山のリラックスした表情が伺える。ボーナス映像『流星のナミダ』は、アルバム未収録だ。

それにしても、栗山を中心軸に据えた上で、こうしたプロジェクトができてしまうのって、なんだか素敵だ。きっと曲提供者側もこの企画を楽しんでいると思うし、栗山も見事にそれに応えている。ワタシは女優の栗山といったら未だに「バトル・ロワイヤル」の千草役のイメージしかなく、それ以降ほとんど興味を失っていたのだが、ここでの栗山はかなりイケている。

そして、林檎だ。以前ともさかりえに提供した『少女ロボット』を事変のツアーでセルフカヴァーしていたことがあったが、ここでこう来るとは、なんという懐の深さだろう。そして、ワタシは明晩武道館に行ってくる。チケットは立見なものと思い込んでいたのだが、発券したら1階席だった。少しほっとし、そして、事変のラスト(ワタシには今のところ「終わり」感覚は薄いのだが)をしっかり見届けたい。

JUGEMテーマ:音楽

2月29日での解散を発表している東京事変のラストツアーが、昨夜の横浜アリーナから始まった。今回のツアーは、横浜2回、大阪2回、そして武道館2回となっていて、チケットの一般発売はなく、全て抽選という異例の状態。ワタシは、立見ながら最終29日のチケットを入手することができた。

昨夜の模様をネットで見ていて、かなり異様な状況になっていることを実感した。開場18時開演19時だが、その付近の時間帯はロビーは激混みでグッズ売り場は長蛇の列、そして売り切れが続出しているとのことだ。グッズ売り切れがここまで極端なのは、98年のオアシス武道館公演以来ではないだろうか。

そこでヨメさんと話し合った末、今日の横浜公演にヨメさんにグッズ買いに動いてもらうことにした。Tシャツや手旗など、目星はあらかじめつけておいた。グッズの先行販売は正午からとのことだったが、13時30分頃にヨメさんから購入完了というメールが届いた。

帰宅後、詳しく状況を聞いた。彼女が現地に到着したのは11時頃。既に長蛇の列ができていて、そこに並んで約2時間並び、そして購入できたとのことだった。そしてその10数分後、商品の売り切れが出始めたとのこと。まとめ買いする人も珍しくなかった様子で、恐らくは友人にいろいろ頼まれていたのだろうが、その後ろに並んでいた人はさぞかしいらついていたことだろう。

ヨメさんに感謝。後は、29日を待つばかりだ。

JUGEMテーマ:音楽

今日午前0時過ぎ、レーベルサイトやファンクラブサイトにて、東京事変が2月29日の閏日を以って解散することが発表された。

個人的には、意外とは思わなかった。来週リリースされる新譜が『color bars』であり、5人全員が1曲ずつ持ち寄って構成されていること。事変のアルバムは、これまでテレビのチャンネル/ジャンルに掛けていて、カラーバーは放送終了後に表示されること。2月にはライヴベストとライヴ映像が同時リリースされること。前フリは、充分すぎるほどにあったのだ。

もっと言えば、事変はおととしに解散するのではとさえ思っていた。『スポーツ』のクオリティーや完成度があまりにも高く、更にそのツアーの後半ではMCを排し鬼気迫るパフォーマンスを見せていた。ここで、事変は臨界点に達したと思っていて、その後EMI ROCKSやテレ朝ドリームフェスに出演したり、アルバム『大発見』が出てツアーしたことの方が意外だった。

もともと椎名林檎はソロで活動していて、そして東京事変というバンドにシフトしていった。解散は事変にとっての終わりではあるが、林檎にとっての終わりではない。きっとまた、新しいバンドを立ち上げるなり、ソロ活動するなり、彼女は動くはずだ。あるいは、場合によっては、発育ステータスの復活もあるかもしれない。

解散宣言にリンクするように、ラストツアーの日程も発表になった。ぜひ行きたいが、果たしてチケット取れるのだろうか。。。

JUGEMテーマ:音楽

東京事変@東京国際フォーラム

名古屋のときは最前列で、メンバーを間近で観れることにただただ夢中だったが、今夜は少しだけ下がった席になり、演出や音響などを中心に、ライヴ全体を楽しんだ。

幕に映る映像も今回ははっきりわかったし、『女の子は誰でも』のときに吹き出す紙吹雪が、ココから噴射されるなというのも事前に読めた。ただ、ワタシの席位置は左端だったので、バックドロップの電飾の左側がよく見えなかった。「INSIDENTS TOKYO」の「INSI」や、『能動的三分間』のときのカウンターの「分」のところは見えなかった。致し方ない。

亀田のベース、浮雲のギターのリフが、驚くほどクリアに聴こえた。浮雲がワウペダルを駆使していたところも、伊澤がギターを弾いていた曲のときに、浮雲と交代でリフを担っていたのも、よくわかった。序盤、亀田はかなり屈みながらベースを弾いていた。浮雲と伊澤は要所で「遊んで」いて、浮雲の即興のリフに伊澤がキーボードを乗せていくような掛け合いもやっていた。バンド演奏は、名古屋のときよりヘヴィーな仕上がりになっていた気がする。

さて椎名林檎だが、特に後半において少し「挑戦的」になっていたように見えた。『OSCA』で少し暴走し掛かり(いい意味の)、それを素早く察知したメンバーが次々にアドリブを突っ込んできた。東京公演だから手堅くくるのかと思いきや、実験を放り込んできたのだ。

アンコールの1曲目は、『今夜は空騒ぎ』という未発表曲だった。レトロチックで、もしかすると誰かのカヴァーなのでは?とも思った。もしかしてツアー初公開なのかな。

去年の東京公演は、MCの全くない、緊張感に満ちたライヴだった。今回どうなるかなと思ったが、最小限にしゃべりつつ、ダレた空気を作ることなく一気にやり切った感じだ。東京公演は、明日と来週2公演があり、更には年末近くに東北で2公演が行われる予定。ワタシにとっての今年の東京事変は、これで見納めとなる。

来年、早くも新譜(ミニアルバムかな)と本ツアーのライヴDVD、ライヴベストのDVDが出るとのこと。楽しみは、まだまだ続く。

JUGEMテーマ:音楽

新曲『カーネーション』が現在NHK朝ドラの主題歌に使われていることもあり、もしかしてと思ってはいたのだが、ほんとうに椎名林檎の紅白出場が決まってしまった。

喜んでいい・・・はずなのだが、なんか複雑。紅白といえば、日本の歌謡界の王道中の王道であり、今年1年を締めくくるお祭りの定番だからだ。その場に彼女がいるというのが、果たしてどうなのか。例年、おおみそかの夜のテレビといえば、あちこちザッピングして観ているのだが、今年は気が抜けなくなりそうだ。

それはさておき、先日の名古屋に続いて、明日また東京事変のライヴに行ってきます。

JUGEMテーマ:音楽