一定期間更新がないため広告を表示しています


昨夜観に行ってきた。今年はデビュー15周年だそうで、8月にベスト盤をリリース。それにリンクした全国5ヶ所ツアーの初日だった。

予定時間を10分ほど過ぎたところで客電が落ち、いつものようにメンバーは花を抱えて登場。ベース高桑、ドラム椎野、ギター大村達身と藤田、キーボード堀江博久という面々は、ここのところの固定メンバーだ。

Coccoは白いドレス姿で登場し、『カウントダウン』〜『強く儚い者たち』〜『Raining』と続く。と、ここでこの曲順がベスト盤通りであることに気づく。まさか、ベスト盤をまるまる全曲演奏?曲間になるとステージは暗転し、メンバーは楽器を交換したり水を飲んだりする。この間場内はしぃんと静まり返っていた。

Coccoは細い腕を震わせ、上体を大きく揺さぶるようにして熱唱する、いつもの歌い方。序盤はかなり力んでいたように見え、またバンドとのコンビネーションも今ひとつだったように見えた。しかしPAを微調整したのか、いつのまにか違和感がなくなっていた。コーラスのほとんどは高桑が担っていた。2人のギタリストだが、イントロのリフは藤田、間奏のディストーションを効かせたソロを大村、という分担が大半だったように思う。曲間、Coccoと堀江の間にあるツリーチャイムを、(恐らく2人のどちらかが)触って音を出していた。

『焼け野が原』までアルバムまんまかと思ったが、どうやら微妙に異なっていたようだ。『Rainbow』ではCoccoもギターを弾いた。『blue Bird』『ガーネット』といったレアナンバーの後、堀江と椎野によるインターミッション的なプレイがあり、そしてCoccoは麦藁帽子を被って生還。曲はSinger Songerの『初花凛々』で、ベスト盤に入っていない言わば超レアナンバーだ。

ここからは『音速パンチ』『ニライカナイ』『絹ずれ』など、比較的近年の曲が中心となり、『玻璃の花』の後でCoccoがやっとしゃべった。しゃべらないつもりはなく、ただ「忘れていた」だけなんだと。メンバー紹介やちょっとしんみりする話などを経て、ラストは新曲だ。最後は演奏が止まり、バンド全員によるアカペラとなった。

パフォーマンス自体は、さすがにこれまで何度も観てきて慣れてしまったのか、大きな衝撃を受けることはなかった。がしかし、ラス前まで全くMCがなく、前半はほぼベスト盤通りだっただけに、このライヴいったいどうやって終わるんだろうと、緊張しはらはらしながら観ていた。MCなしのCoccoライヴもアリと思っていたが、幕引きの前フリとしてあれはあれでよかったのかな。

JUGEMテーマ:音楽


先日、NHKの音楽番組でCoccoをフィーチャーしていて、録画しておいたのを観た。

Coccoの故郷である沖縄での撮影が中心で、ナレーションも自身で担当。彼女のアーティストとしての活動をおおまかに振り返りつつ、合間に曲演奏が入った。『強く儚い者たち』『絹ずれ』の2曲は、現在のバンドをバックにしてのNHKのスタジオと思しきところで演奏。そしてあと1曲『Raining』は、高校時代の親友のピアノ伴奏による歌だった。

デビュー後のCoccoの活動についてはだいたいわかっているつもりだったが、デビュー前のCoccoについて、しかもそれがテレビで明かされたのにはびっくりした。幼い頃の写真、小学6年から6年間通っていたバレエスクール(そしてそのときの恩師との再会)、母校での上記の親友との再会と、そのときに書いていた油絵など。Coccoはこの親友と高校のときにバンドを始めたという。友達と一緒に映った写真もあったが、ふつうの高校生に見え、アーティストとしての超人的な圧力はそこにはない。

この夏各地のフェスに出演し、そしてキャリアを総括するベスト盤をリリース。明日からツアーが始まるのだが、その明日のZepp Tokyo公演に行ってきます。

JUGEMテーマ:音楽

まずは、昨夜のUSTREAM。冒頭で台所に立つCoccoがUSTREAMの設定について補足。ヤカンのお湯が沸いたり、赤ちゃんもしくは小さな子の声が聞こえてきたり、と、生活感たっぷり(笑)。そのあとCoccoと監督のコメントとなり、昨夜は塚本晋也登場。映画への出演をオファーしようとしたが、ちょうど活動休止中だったとか、今回の映像は沖縄で撮ったとか、興味深いコメントだった。映像本編が始まったところでワタシはフェードアウト(笑)。

そしてもう少しだけさかのぼり、3日の早朝。フジテレビ「めざましテレビ」で2日のZepp Tokyoの模様が少し流れた。2日夜は疲れていて、3日が休みでよかったと思っていたが、なんと朝5時半に起床。よって、5時台、6時台、7時台のめざましのCoccoを全て観た。曲は『ニライカナイ』『強くい者たち』『樹海の糸』をそれぞれ少しずつ。それよりも、MCの方がクローズアップされていた。

明日は、名古屋公演だね。

JUGEMテーマ:音楽
既に公式サイト等で告知され、2日のZepp Tokyoのライヴの場でも、最後に予告編として流れていた、『Inspired Movies』。昨夜、USTREAMでその第1回の放送があった。

放送開始は23時。がしかし、パソコンの前に構えるも、時間になっても映像が流れない。少ししてCoccoと監督の映像が出たが、映像も音声も途切れ途切れに。ついには、また切れてしまった。大丈夫かいなと思っていたら、やがて映像が復帰。Coccoと監督とのコメントを経て、やっと本編が始まった。

『Inspired Movies』は、Coccoの楽曲に換気されて作られた映像で、7人の監督による計7本の映像だ。ワタシは、1日1本ずつ流れるものと勝手に思い込んでいたのだが、そうではなく、7本全ての映像が流れた。1本終わる毎に監督の名前とベースになったCoccoの曲名が字幕で出て、次に入るという具合。中にはCocco自身が監督した映像もあった。「鉄男シリーズ」の塚本晋也編は、他に比べて圧倒的に時間が長かった気がする。終わってみると、約1時間が経過していた。映像の内容は、ドラマ性の帯びたPVといった感じのものが多かった。

この『Inspired Movies』、11日まで毎晩23時から放送されます。恐らく映像は毎回同一で、最初にCoccoと一緒にコメントする監督が日替わりになるのではないかと。USTREAM中継は面白い試みとは思うけど、後でDVD化されるよね?

coccostream on USTREAM

JUGEMテーマ:音楽

CoccoqZepp Tokyo
今回のツアーは60分ライヴと銘打たれていたので、淡々と歌って60分ではいおしまい、となるかと思いきや・・・、結局1時間45分にも渡る、通常とほぼ変わらないライヴだった。

開演時間を10分ほど過ぎたところで客電が落ち、SEもない状態でバンド登場。最後に出てきたのがCoccoで、オープニングは『ニライカナイ』。続くはファーストから『首。』、そして早くもマストソング『強く儚い者たち』。正直、序盤は高音がかすれていたが、それも徐々に持ち直した。バンドは、ギター×2、ベース、ドラム、鍵盤の計5人。ワタシが観てすぐ名前がわかったのは、ギターの大村達身と鍵盤の堀江博久。

MC全くなしかと思いきや、中盤でCoccoが挨拶したのを皮切りに何度かしゃべっていた。60分ライヴなのだから、話よりも少しでも曲をやってほしい、と思っていると、『焼け野が原』『樹海の糸』の辺りで開始から60分を経過。しかし、バンドがこれで演奏をやめる様子もなく、まだ続く。『三村エレジー』あり、『眠れる森の王子様〜春・夏・秋・冬〜』あり、で、このライヴいつどうやって終わるの?という、妙な緊張感が漂う中、『絹ずれ〜島言葉〜』を経てラストは『玻璃の花』だった。歌い終わったCoccoはステージ上にうずくまり、大声で泣いていた。メンバーが彼女を抱き起こし、6人整列して礼をし、ステージを去る。すると、バックドロップに映像が流れ、明日3日から7夜連続でUSTREAMで流れるCoccoのインスパイアムービーの予告編だった。

個人的には、これが5回目のCoccoのライヴだったが、過去4回はいずれも武道館だった。Zepp Tokyoはライヴハウスとしてはキャパ最大の部類だが、当然ながら武道館よりは狭く、フロア後方で観ていたにもかかわらず、彼女の声や姿が目前に迫ってくるようだった。

1:ニライカナイ
2:首。
3:強く儚い者たち
4:Light up
5:十三夜
6:カウントダウン
7:4×4
8:クロッカス
9:のばら
10:カラハーイ
11:あたらしいうた
12:焼け野が原
13:樹海の糸
14:三村エレジー
15:Spring around
16:Stardust
17:眠れる森の王子様〜春・夏・秋・冬〜
18:蝶の舞う
19:絹ずれ〜島言葉〜
20:玻璃の花

JUGEMテーマ:音楽
夏場から活動が本格化し、8月には新譜『エメラルド』をリリースしたCocco。その夏場は各地のフェスティバルに出演していたが、そろそろ自身のツアーも発表になるだろうと思っていた。

その内容は、なんと各地のZeppつまりライヴハウスを転戦するというもの。しかも、公演時間60分というお達しまでされている。地方はともかく、東京ではこれまで武道館で行われることが多かったし、そしてチケットは完売していた。これがライヴハウスとなったら、チケット取れるのだろうかという不安、いや恐怖がよぎった。

オフィシャル先行予約にはあっさりと敗れ去り、一般発売に賭けることに。TELにせよネットにせよ、発売初日はまず繋がらず、その間に人気の公演は売り切れてしまう。しかし、今回はなんと奇跡的に開始から数分くらいでネットにつながり、2日のZepp Tokyo公演のチケットをなんとか入手できた。

その後ネットでCoccoのツアー関連の情報を日々横目に見ているのだが、一般発売はいちおう完売しているものの、チケットを余らせている人も今までより多めに見えていて、少し意外。まあ、今回のツアーは少し変則的ということもあるのだが、音楽業界が必ずしも良好ではないのでは、という気もしている。

個人的には、ツアー発表を引っ張りすぎたのではと思っていて、せめて『エメラルド』リリースと同時に発表すればよかったのではないだろうか。ともあれ、来週のライヴは楽しんできます。

JUGEMテーマ:音楽

Cocco『エメラルド』


夏になり、Coccoの動きが活発になってきた。7月から各地の夏フェスに出演していて、先週11日には新譜『エメラルド』がリリース。その前夜とおととい15日は、USTREAMの生中継に登場した。


10日夜は、どこかのマンションの一室からのアコースティックの生ライヴ。近辺から苦情が出たらしく、スタッフがその対応に追われたとか(やる前に想像つきそうなものだが)。そして15日は、沖縄でのイベントでのライヴを中継。カメラが正面に固定されていることが多く、Cocco以外のメンバーの様子があまりわからなかったが、ライヴは圧巻だった。アンコールは、同窓生を呼び寄せてコーラスとして参加させての『Heaven's Hell』だった。


新譜『エメラルド』は、沖縄のことばで歌われる曲や、沖縄音楽と思われるフレーズが随所に組み込まれている。がしかし、従来のテイストも失われてはおらず、むしろ活動停止前の音楽にも通じるものがある。前作は長田進にプロデュースを委ねたが、今回は根岸孝旨が復活し、長田とダブルでCoccoをバックアップしている。個人的には、取っ付きやすい作風だ。


意外なのは、ツアーについての情報が「やる」ということ以外に出てないことだ。いや、ほんとうはもう日程も会場も決まっていて、残りのフェス参戦を終えたときに発表されるのかもしれない。しかし、以前はネット嫌いを公言していたCoccoなのに、今回の踏み込みようは異様。でも、これはきっと、彼女の進歩を意味しているのだと思う。


JUGEMテーマ:音楽

パンフレット
ガマ口
缶バッチ(fromガチャガチャ)
巾着とティッシュケース(fromガチャガチャ)

JUGEMテーマ:音楽


Coccoポスター
ガチャガチャ入り口

MCが多かったとはいえ、なんと2時間半に渡るライヴ!ヨメさんは『Raining』で号泣!武道館2DaysはDVDリリースされます。

JUGEMテーマ:音楽


20080109174300.jpg
約2時間のステージ。明日も行きます!