ボブ・ディラン(Bob Dylan)@Zepp Divercity 2014年4月5日

昨日に引き続いてのボブ・ディラン。今回は土曜ということもあり、開場時間に現地入りして、Aブロック中央に陣取った。場内アナウンスが2回入ったが、WOWOWのことを、1回目は「ウォウウォウ」、2回目はちゃんと「ワウワウ」と言っていて、ウケた(笑)。

定刻より5分ほど過ぎ、客電が落ちると同時にアコギのリフがかきならされる。昨日は意表を突かれて気持ちが出遅れてしまったが、今回は大丈夫だ。スチュ・キンボールがステージに背を向けてギターをかきならし、その間メンバーが配置につく。最後に登場したディランは、ステージ前方に出る直前に帽子をかぶった。

オープニングは『Things Have Changed』。ディランはやはり白いスーツ、ほかのメンバーは黒のスーツ姿だ。ステージセットは、後方に6つの大きめのライトが吊るされ、両サイドにも小型のスポットライトがいくつか設置されている。音は、会場の設備かそれともディランサイドの技量なのかわからないが、クリアで素晴らしい。

『She Belongs To Me』では、後半にブルースハープを取り出して吹き上げる。4年前の来日時も、今回も、ディランはギターを手にすることはないのだが、ブルースハープは披露してくれる。デビューの「フォーク期」からの最大の「相棒」かもしれない。『Beyond Here Lies Nothin'』からピアノ前に陣取り、立って弾きながら歌う。4年前にも観ているのだが、キャリア40年を数えているのにギターからピアノへの移行って、どんだけチャレンジングなんだろう。

軽快な曲調の『Duquesne Whistle』に続き、昨日はなかった『Pay In Blood』を(1日と3日は演奏された)。今回の「数少ない」ベストヒット曲のひとつ『Tangled Up In Blue』は、最初のワンコーラスはスチュのセミアコに合わせてディランが歌い、続いてフルバンド編成になるという具合。ディランは中盤までピアノを弾きながら歌っていたが、終盤でステージ中央に移動していた。

第1部ラストは『Love Sick』で、演奏が終わるとディランは「Thank you」と言い、インターバルに入ることを告げてステージを後にした。これが、全体を通じて唯一となるディランのMCだった。

約20分の休憩を経て第2部に。第1部と同様、客電が落ちるのと同時にスチュがリフをかきならし、『High Water (For Charley Patton)』で幕開けとなる。続いて原型をとどめない『Simple Twist Of Fate』を経て、「現在進行形」ワールドに突入だ。

スチュとチャーリー、2人のギタリストは、曲によりギターを使い分けている様子だった。ソロを担うのはほぼチャーリーで、スチュはイントロで勝負といったところ。まるで、ロン・ウッドとキース・リチャーズのような分担だ。バンド最古参のトニー・ガーニエは、曲によりウッドベースも使い、弓で弾くこともあった。ジョージ・リセリのドラムは、安定してリズムをキープしている。

ステージ向かって右奥に陣取るドニー・ヘロンだが、多くの曲ではペダルスティールを弾きつつ、マンドリンやバンジョーもこなす器用さを発揮。もちろんどのメンバーも重要な役割を担っているのだが、『Tempest』をはじめ最近の作品に見られるトラッドな雰囲気のステージ構築において、この人は影の功労者なのではないかと思う。

昨日の第1部で世界初ライヴ演奏となった『Huck's Tune』は、今回は第2部に放り込んできた。客のノリは昨日よりもいいように思え、ここでのリアクションも上々。この公演は2公演の追加の後に発表された再追加公演で、つまり最後に発表された日程なのだが、土曜日ということもあるのか、熱心なファンが多く集まったのだろう。そして、1曲1曲が丁寧に、そして重厚感を帯びてきている。

『Spirit On The Water』『Scarlet Town』と、曲が進むに連れて場内の雰囲気は尋常ではなくなってくる。そして、それが最高潮に達したのが、第2部ラストとなった『Long And Wasted Years』だ。短いフレーズを繰り返す曲調はこの人の持ち味のひとつだが、繰り返されるたびにギアが一段上がった感覚になり、まだ行くか、まだ登り詰めることができるのかという緊張感と、歓喜とが交錯する。このライヴのハイライトは、この瞬間だった。そしてこの曲、21世紀版『Desolation Row』になりうる可能性を秘めている。

アンコールは『All Along The Watchtower』『Blowin' In The Wind』で、前者はピアノを弾きながら始まり、後半はブルースハープを吹きこなすディラン。後半のインプロヴィゼーションは、昨日とは少し違う展開になった気がする。そしてオーラスの後者だが、こちらもアドリブが効いているように思え、そして終盤になるとディランは中央のマイクスタンド前に立ってブルースハープを披露。こうして、全てが終わった。

セットリスト
1.Things Have Changed
2.She Belongs To Me
3.Beyond Here Lies Nothin'
4.What Good Am I?
5.Waiting For You
6.Duquesne Whistle
7.Pay In Blood
8.Tangled Up In Blue
9.Love Sick
(Intermission)
10.High Water (For Charley Patton)
11.Simple Twist Of Fate
12.Early Roman Kings
13.Huck's Tune
14.Spirit On The Water
15.Scarlet Town
16.Soon After Midnight
17.Long And Wasted Years
・(encore)
18.All Along The Watchtower
19.Blowin' In The Wind

ライヴハウスでの公演や、ギターから鍵盤への移行など、スタイルは4年前の来日公演から継続している。しかし今回、いや、またしてもと言えばいいのか、ディランは観客を裏切り、置き去りにした。新譜をはじめ最近作を中心にしたセットを組み、キャリア総括などどこ吹く風といったライヴなのだ。

「ボブ・ディランのすごいところは、彼の最高傑作はこれから作られるかもしれないと思えることだ。」これは故ルー・リードによるコメントだが、この人の活動はまさにこのことばの通りになろうとしている。まさに先駆者にして異端、そして、現役、だ。

JUGEMテーマ:音楽


ボブ・ディラン(Bob Dylan)@Zepp Divercity 2014年4月4日

来日4公演目にして、ワタシにとっての今回1回目の公演だ。開演10分前に到着し、1階フロアがブロック分けされていることを思い出す。Aブロックのステージ向かって左中程に陣取って、そのときが来るのを待った。

予定より7分近く経ったところで客電が落ちたかと思うと、まだ真っ暗なステージにアコースティックギターのリフが響き、早くも意表を突かれる。この人のライヴでは、開演時に必ず「Ladies and Gentlemen...」というアナウンスのSEがあるはずなのだが、なのに今回それがなかったからだ。

結構ハード目なリフが続く中、メンバーがそれぞれ配置につく。そして、最後にボブ・ディランその人が登場し、そのまま歌い始める。前3公演の情報とメロディーラインから、なんとなく「あの曲」と思いはしたが、サビに来るまで確信が持てなかった。去年からほとんどオープニングを飾っている『Things Have Changed』だと。

続く『She Belongs To Me』も、これまたアレンジや歌い回しを変えまくり。原曲の原型をとどめないほどに変えてしまうのは最早この人の専売特許だが、にしても相変わらずやってくれる。それまではマイクスタンド前に立って歌っていたディランだが、『Beyond Here Lies Nothin'』からピアノ前にポジションを移し、立って弾きながら歌い上げている。

今回、バンドメンバーは5人。向かって左から右へ、大柄ギタリストのスチュ・キンボール、ベースのトニー・ガーニエ、ドラムのジョージ・リセリ、リードギターのチャーリー・セクストン、ペダルスティールのドニー・ヘロン、という配置だ。全員がダークブラウンっぽいスーツを着ている。

そしてディランだが、白のスーツに白のハット(カクテル光線の当たり具合で白に見えるが、実際はクリーム色とかかも)。他のメンバーの立ち位置はまず変わらないが、ディランだけは歌うときは中央、ピアノを弾くときは向かって右に移動、という具合だ。

恐らく最新シングルの『Duquesne Whistle』を経て、ここでブッ込んできた。前3公演でやってない曲という判別だけがその場でかろうじてできたが、終演後に調べて『Huck's Tune』という曲だとわかった。この曲、オリジナルアルバム未収録で、ブートレッグシリーズの『Tell Tale Signs』から。それにしても、すごいところを突いてくる。

何度となくメロディーが繰り返される、ディラン節炸裂の『Tangled Up In Blue』、グラミーも受賞しこの人の代表曲の末端に位置するであろう『Love Sick』は、前半のハイライトになった。歌い回しはやはり原曲から変えているが、これらはまだ原型をとどめている。ここまでが第1部で、この後約20分のインターバルが入った。

そして第2部だ。『High Water (For Charley Patton)』で勢いよくスタートし、70年代の佳曲『Simple Twist Of Fate』を経て、いよいよ「現在進行形」ディランワールドが繰り広げられる。曲は『Modern Times』『Together Through Life』そして最新作『Tempest』からで、大御所にしてベストヒットに執着しない姿勢は、この人にしかできない。まさに、先駆者にして異端だ。

バンドを牽引しているのは、いったい誰か。1部でも2部でも出だしでリフをかきならしたスチュのように一見見えるが、引っ張っているのはやはりディランだ。特にピアノを弾きながら歌うとき、メンバー5人はみなディランに視線をやり、ちょっとの動きさえ逃すまいとしていた。そんなことを知ってか知らずか、当の本人はとっても自由で、気持ちよく鍵盤を操っている。

第2部ラストの『Long And Wasted Years』は、これまた異様とも言える盛り上がりぶりを見せた。21世紀にリリースされたアルバムは、どれもトラディショナルに根差していて、ロックを聴き続けてきた身としてはすんなりとは入ってきにくい。それなのに、生演奏を体感していると、温かさに包まれたような幸福感に浸ることができるのだ。伝統的でありながら新しい、そんな音を鳴らしているからだろう。

アンコールにきて、やっとというか、この人の定番ソングが2連発。『All Along The Watchtower』『Blowin' In The Wind』だが、やはりアレンジと歌い回しが異なり、まさにこの日このときだけの歌を、この人は歌っていた。全てが終わり、ジョージはドラムセットにて起立し、他のメンバーはステージ前方に出てディランを囲む。ディラン、ドヤ顔でしばしフロアを見渡し、その間拍手は鳴りやまなかった。

セットリスト
1.Things Have Changed
2.She Belongs To Me
3.Beyond Here Lies Nothin'
4.Waiting For You
5.Duquesne Whistle
6.Huck's Tune
7.Pay In Blood
8.Tangled Up In Blue
9.Love Sick
(Intermission)
10.High Water (For Charley Patton)
11.Simple Twist Of Fate
12.Early Roman Kings
13.Forgetful Heart
14.Spirit On The Water
15.Scarlet Town
16.Soon After Midnight
17.Long And Wasted Years
(encore)
18.All Along The Watchtower
19.Blowin' In The Wind

ベストヒットの少ない構成は、今回が初ディランという人にとっては少し敷居が高かったかもしれない(ワタシが94年に武道館ではじめて観たときもそうだった)。ただ個人的には、おかげさまで10数回観させてもらっていることもあり、こういうディランもアリだと思っている。明日5日も足を運ぶ予定なので、また楽しませてもらう。

JUGEMテーマ:音楽



ボブ・ディラン来日にリンクさせ、スカパーの各音楽チャンネルでPV特集を放送していた。スペースシャワー、MTVジャパン、M-Onで放送されたうち、M-Onが最も多くの曲を扱い、かつ他2局放送分もほぼ包含していた。

どうせ、『Don't Look Back』『MTV Unplugged』といった既存のDVDから引用しまくるのだろうと思っていたところ、確かに引用もあることはあったが、大半は純粋にPVを流していた。充実していたのは、PV制作がスタンダードになりつつあった80年代だ。

特に、噂の『Tight Connection To My Heart』は見ものだった。東京の町並みと、スタジオセットと思われるところでの場面が交錯している。ディランは、歌い演奏するのではなく、役を演じていた。週刊誌フォーカスを手にしたり、日本の警察に逮捕され留置場に入れられたり、と、どういうストーリー?と思ってしまうが、希少度が高いという思いの方が上回ってしまう。そしてこのPV、倍賞美津子も出演している。

90年代以降のPVは、実は何度か観たことがあって、すっかり忘れていたところを思い出した。

ディラン公式映像作品は、そのキャリアの長さから考えれば決して多いとは言えない。そしてこれらのPVが商品化されて発売されることも、恐らくないのではと思っている。

JUGEMテーマ:音楽

2010年以来4年ぶりとなるボブ・ディラン来日公演が、あした31日からスタートする。

現在72歳で、現役ロックアーティストとしてはポール・マッカートニーやミック・ジャガーをしのぐ。それでいて年間約100公演をこなしていて、生ける伝説とはこの人のことを言うのだろう。

4年前は東京・大阪・名古屋のZeppで行い、いずれも即完売だった。今回はというと、またもや全公演がライヴハウスZepp。東京だけで9公演をこなし、中には4日連続という日程まである。更に今回、大阪・名古屋のほか札幌や福岡でも公演が行われる。チケットは、今回も発売即完売だ。

ポールやローリング・ストーンズは定番ソングに縛られる率が高いが、ディランの場合その率はかなり低いと思っている。もちろんはずせない名曲はあるが、セットリストが公演日毎に3分の1近くも変わるのは、大胆ではなくこの人にとっては当たり前のことだ。会場に足を運ぶ人の多くも、それを楽しみにしているところがあるはずだ。

ワタシは、4日および5日のZepp Divercity公演に行く予定。31日からの公演の様子をネットでウォッチしつつ、楽しみにしている。

JUGEMテーマ:音楽

Bob Dylan Zepp Tokyo 2010.03.28.

1. Gonna Change My Way Of Thinking
2. Love Minus Zero/No Limit
3. I'll Be Your Baby Tonight (Bob on guitar)
4. Simple Twist Of Fate
5. Tweedle Dee & Tweedle Dum
6. Shelter From The Storm
7. Summer Days
8. Workingman's Blues #2
9. High Water (For Charley Patton)
10.Tryin' To Get To Heaven
11.Highway 61 Revisited
12.Nettie Moore
13.Thunder On The Mountain
14.Ballad Of A Thin Man
(encore)
15.Like A Rolling Stone
16.Jolene
17.Blowin' In The Wind


ワタシにとって3度目の、そして今回の来日最後のディランは、またしてもいい意味で裏切られた。なんと、17曲中5曲が初出。レア度はこの来日中MAXレベルと言っていいのではないだろうか。そして、そのディランをワタシはステージ向かって右の前から2列目で観ることができた。ここまで至近距離でディランを観たのは97年以来だったが、ライヴ中はわりかし冷静に観ていた。終わって帰途につく辺りからじわじわと感動がわき起こり、このブログを書いている現在も興奮は収まらない。


明日がいよいよ最終公演。観に行かれる方、楽しんできてください。


JUGEMテーマ:音楽
Bob Dylan Zepp Tokyo 2010.03.25.

1. Watching The River Flow
2. It's All Over Now, Baby Blue
3. The Levee's Gonna Break
4. Just Like A Woman
5. Things Have Changed
6. Girl Of The North Country (Bob on guitar)
7. High Water (For Charley Patton)
8. A Hard Rain's A-Gonna Fall
9. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)
10.Love Sick
11.Highway 61 Revisited
12.When The Deal Goes Down
13.Thunder On The Mountain
14.Ballad Of A Thin Man
(encore)
15.Like A Rolling Stone
16.Jolene
17.All Along The Watchtower


やっぱりディランのライヴは複数回行くもんだなあ。曲を知ってはいても、ライヴの場では大胆にアレンジが変わるので、全く別の新曲のようだ。演奏は全体的にラウドな印象があり、ディランのキーボードソロも饒舌だった。来日初出は、『Modern Times』からの『When The Deal Goes Down』。


次は28日に行きます。


JUGEMテーマ:音楽
Bob Dylan × チロルチョコ

これからZeppに行かれる方に、ライヴの内容以外で参考になれば。

・グッズ売り場は会場の外にあり、チケットがなくても買える。
・先行販売は開場の1時間前。列は約1時間前からできていたと思われる。
・ロッカーは会場内外にある。300円也。
・チャージはなし。コレは意外、かつ嬉しい。近年ライヴハウスではチャージ代500円を払わされるが半ば当たり前のようになっており、Zeppはその筆頭格だったので。
・チケットはA、BR、BL、2階席となっており、自分のチケット以外のところには入れない。AとBの境界はPAブースの一段高くなるところからで、柵が設けられていてそれぞれの行き来はできない。


ワタシは21日は1階Aで観ていた。次は25日に行く予定。


JUGEMテーマ:音楽
Bob Dylan 2010.03.21

1. Watching The River Flow (Bob on keyboard, Donnie on lap steel)
2. Don't Think Twice, It's All Right
(Bob on guitar, Donnie on lap steel, Tony on standup bass)
3. I'll Be Your Baby Tonight
(Bob on guitar, Donnie on pedal steel, Stu on acoustic guitar)
4. Sugar Baby
(Bob on keyboard and harp, Donnie on pedal steel, Stu on acoustic guitar, Tony on standup bass)
5. Tweedle Dee & Tweedle Dum
(Bob center stage on harp, Donnie on pedal steel)
6. Shelter From The Storm
(Bob on keyboard and harp, Donnie on pedal steel, Stu on acoustic guitar, Tony on standup bass)
7. Summer Days (Bob on keyboard, Donnie on pedal steel, Tony on standup bass)
8. Tryin' To Get To Heaven (Bob on keyboard and harp, Donnie on pedal steel)
9. Cold Irons Bound (Bob center stage on harp, Donnie on lap steel)
10.Mr. Tambourine Man
(Bob on keyboard, Donnie on pedal steel, Stu on acoustic guitar, Tony on standup bass)
11.Highway 61 Revisited (Bob on keyboard, Donnie on lap steel)
12.Not Dark Yet (Bob center stage on harp, Donnie on lap steel)
13.Thunder On The Mountain
(Bob on keyboard, Donnie on lap steel, Stu on acoustic guitar)
14.Ballad Of A Thin Man (Bob center stage on harp, Donnie on lap steel)
(encore)
15.Like A Rolling Stone (Bob on keyboard, Donnie on pedal steel)
16.Jolene (Bob on keyboard, Donnie on lap steel, Tony on standup bass)
17.All Along The Watchtower (Bob on keyboard, Donnie on lap steel)


来日公演初出は、『Mr. Tambourine Man』。しかし、2001年武道館以来観たディランは、未だ進化することをやめていないイノヴェーターだった!細かい感想は、別途じっくり書きます。


JUGEMテーマ:音楽
Bob Dylan『Tell Tale Signs』3CD 


不定期にリリースされているボブ・ディランの「The Bootleg Series」も、回を重ねて第8弾。今回は複数のパッケージが出ることになり、日本盤は2枚組のみ、外盤では1枚ものと3枚組が出ることになり、ワタシは迷ったあげく3枚組を買った。音源としてはCD3枚のみだが、ブックレットやハードカヴァー仕様のケースなど、かなり豪華。ただその代わり極端に値が張ってしまった。

外箱
外箱の表外箱の裏

外箱と中のブックを出して並べてみる
外箱と中のブックを出して並べてみる

ブックレット
ブックレットブックレットブックレット

シングルジャケット
日本盤のシングルジャケット外国のシングルジャケットCDのシングルジャケット

収められているCD
CDディスク1CDディスク2とディスク3

さて、肝心の音の方だが、時代的には80年代後半から2000年代までをフォローし、ブートレッグシリーズもいよいよ現在に追いついてきた。完全未発表曲や未発表ライヴ音源などで構成されているのは毎度のことだが、やはり聴いていてぐっとくるものがある。原曲を思い浮かべながら『Dignity』を聴くのも面白いし、シェリル・クロウがカヴァーしている『Mississippi』が3種類のテイクで入っているのもありがたい。ディスク3のトップを飾るのは、2001年の来日公演ではオープニングとして演奏されることが多かった『Duncan & Brady』だ。

ネット上ではブックレットと価格に対する不満が爆発しているが、ではワタシはというと、別にそうでもない。

JUGEMテーマ:音楽
以前10/24の日記に書いたが、ボブ・ディランのCD5枚を買って応募した、未発表ライヴCDが先日届いた。受け取ってわかったのだが、非売品だそうだ。

早速聴いてみた。全6曲で30分程度という、コンパクトな内容だ。フォークギターでの弾き語りライヴで、声は基本的にダミ声ながら、現在よりは透き通った印象を受ける。ライヴならではの熱気というのはまるでなくて、むしろ水を打ったように静かな中でディランが淡々と歌い、弾いているような感じ。ただその分、演奏前と後に沸き起こる割れんばかりの拍手と歓声が、一層耳に残る。これを聴いていると、既にディランがフォークのプリンス、カリスマとして君臨していたことが、充分に伺える。

CDには簡易ながらデータを記した解説書もある。この音源は、1963年10月26日のもので、実際のライヴでは計19曲が演奏された。今回の6曲以外の音源は、『Bootleg Series Vol.1-3』や今年9月にリリースされた『No Direction Home』などに収録。今なお未発表状態の曲も何曲かある。もともとは1964年に『Bob Dylan In Concert』というライヴアルバムがリリースされる計画があったらしく、それが直前で中止になってしまい、音源が長い年月を経て断片的に日の目を見ている状況のようだ。