パンタとレイニンの反戦放浪記

頭脳警察のパンタ、ジャーナリストの椎名レイニンの2人が、2003年2月にイラクに渡航したときの模様を綴った本を読んだ。

2003年2月というのは、まさにアメリカがイラクを攻めたあの戦争が起こる、一ヶ月前というタイミングになる。イラクにてアメリカの武力行使に反対するシンポジウムが開催され、イラク側が各国に呼び掛け招待している。日本にもその声がかかり、NPO法人がとりまとめて参加者を任意に募り、パンタとレイニンはそこで顔を合わせ、現地でも行動を共にした。

2人は共に団塊の世代だが、現地での光景やイラクの人々の行動に戸惑うレイニンに対し、パンタは一見ドライだ。病院を訪問した際、傷を負った子の母親が寄り添い、この状況を伝えろと言う。これは実は、視察に来ることを見計らってのデモンストレーションで、つまりイラク人も結構ドライなのだというのが、パンタの指摘だ。

2001年に期間限定で頭脳警察を再々結成させたパンタだが、翌2002年からはソロ活動と頭脳警察とを並行させるようになり、現在に至っている。2003年のイラク情勢も、パンタの創作活動に大きな影響を与えていると思う。『7月のムスターファ』という曲があるが、これは2003年7月にアメリカ軍とたったひとりで戦い殺された14歳のサダム・フセインの孫、ムスターファを弔った曲だ。

JUGEMテーマ:音楽

Panta自伝「歴史から飛び出せ」

1989年に刊行され、絶版になっていたパンタの自伝が、21世紀になって加筆された形で復活した。パンタ自身の生々しいことばによって綴られ、頭脳警察時代だけでなくソロ活動の方もフォローされていて、読みごたえがあった。

両親や学生時代については、私小説「頭脳警察Episode0」と重複する箇所もあるが、奥さんや息子についてはこちらの自伝にしか書かれていない。『彼女は革命家』は奥さんをモデルにして書いたとか、息子から若いアーティストを教えられたとか、家庭人としての一面も垣間見ることができる。

注目は、やはり音楽活動にかかるエピソードだ。頭脳警察のラストライヴに際し幻のファーストを600枚自主リリースするが、郵便局で自分で発送処理をしてから夜のライヴに臨んだ。活動当時、JASRACに儲けさせまいと登録しなかったが、登録してもしなくてもJASRAC側の儲けは変わらないとわかり、解散後に登録をしたら毎年億単位で入ってきた。

やりたいことをするために始めた頭脳警察のはずが、最初に過激なイメージがついてしまったがために、やれる音楽の幅が限られてしまったのも、解散の一因とのこと。曲を書いても、これは頭脳警察ではできないなと思うことが途中から増えてきたそうだ。

ソロになり、『16人格』のときは、ティアーズ・フォー・フィアーズも同じことをテーマにしたアルバムをリリースした(パンタの方が少し早かった)。『KISS』『唇にスパーク』のスウィート路線にファンは反発したが、いい意味でファンを裏切ることもミュージシャンの使命だ。『クリスタル・ナハト』は、構想10年のソロ集大成で、そこに至るまでに自身を熟成させ、また『マラッカ』のときにはうやむやにしていた情報も、徹底的に調べあげた末に臨んだ。

再発に際して追加されたのが、2001年6月と9月、2008年3月のインタビュー。2001年は頭脳警察再々結成時、2008年はパンタがさまざまな名義で動き始めた時期で、現在のパンタの活動に直結していると見ていいと思う。インタビュアーとの対談形式になっているが、それまでのようにパンタが自分で語るスタイルの方がよかったな。

巻末には頭脳警察からソロまでのディスコグラフィーがあり、資料として申し分ない。これを読んで、ワタシは頭脳警察こそひと通り聴いてはいるが、ソロの方は限られた作品だけしか聴いていないと気づかされた。また、この書籍には89年新宿パワステのライヴを収録したDVDも同梱されている。こちらも観なくては。

JUGEMテーマ:音楽

頭脳警察Episode Zero―悪たれ小僧の前奏曲

Pantaによる自伝的私小説で、高校時代から頭脳警察結成までをフォローしている。

バイクを盗んだ濡れ衣を着せられて警察の取り調べを受け、高校を自主退学して転校するところから始まり、両親や友人、教師、恋人など、交遊関係が描かれる。音楽への芽生えからバンド結成となり、ホリプロのオーディションを受けて合格するも、グループサウンズとして売り出そうとする事務所に反発し、デビューすることなく解散。その後メンバーチェンジを経て、頭脳警察としてデビュー。日劇ウエスタンカーニバルのステージに向かうところで幕となっている。

ノンフィクションともドキュメンタリーとも言っておらず、私小説とのこと。記憶は自分の都合のいいように改竄されると自ら前置きしているので、どこまでが本当でどこからが創作した話なのかは、読む側のイマジネーションに委ねられている。バンド名や曲名はそのままだが、いくつかの人名や団体名は置き換えられている。Pantaの本名は「中村治雄」だが、ここでは「滝野ハルオ」。通っていた大学は「西関東大学」とされているが、恐らく関東学院大のことだ。ホリプロも、星プロになっている。

Pantaが大学時代に組んでいたバンドがアロウズというバンドと対バンし、アロウズの方が上手いことをPantaも認めていたのだが、そのアロウズのドラマーが技術だけでなく型破りな奴で、「アロウズのトシ」とされていた。対バンの辺りでは何とも思わずに読んでいたが、話が進むにつれて2人は接近するようになり、この人がTOSHIすなわち石塚俊明なのだと気づいた。

過激なイメージのつきまとう頭脳警察だが、この本を読む限り、そのスタイルができるのは頭脳警察としてデビューする直前だ。それ以前のバンドでは、ビートルズやローリング・ストーンズ、スペンサー・デイヴィス・グループなどをコピーしていた。頭脳警察というバンド名はフランク・ザッパの曲名を元に名づけられているが、Panta自身は当時の洋楽を割と幅広く聴いている。また、Pantaが当初弾いていたのは、ギターではなくベースで、時にはドラムもこなしている。

「Episode Zero」ということは、この続きはいつか世に出るのかな。

JUGEMテーマ:音楽

頭脳警察『無冠の帝王-結成40周年記念BOX-(DVD付)』


2009年に結成40年を迎えた頭脳警察が、翌2010年に大ヴォリュームのボックスセットをリリースした。なんとCD7枚にDVD2枚という物量で、そして、個人的にはとてもありがたい内容になっている。

CDは、Disc2がなんと1975年の解散ライヴ。この音源が残っていて、正式に日の目を見るというのが素晴らしい。そして、先に「ありがたい」と書いたのは、Disc4から6までは、ワタシが実際に足を運んだライヴだからだ。Disc4は「命どぅ宝 平和世コンサート」、Disc5は四人囃子との対バンだった「Rock Legends」、Disc6は日比谷野音での「Japan Rock Band Fes.」だ。

演奏の生々しさはもとより、MCも可能な限り収録されているのがとても珍しく、そして嬉しい。その日そのとき、自分がそこにいたのだという記憶がよみがえってくる。ただその反面、不適切と思われる歌詞は雑音によって消去されてしまっていて、でもこれってレーベルが過剰反応しすぎなんじゃと思う。

DVDは、2001年9月の再々結成ツアーの最終だったSHIBUYA-AX公演を2枚に分けて収録。ベースJIGEN、ギター藤井一彦、ドラム後藤升弘というサポートも嬉々としながら演奏に興じ、もちろん中核のPANTAとTOSHIも気を吐いている。中盤は2人だけでのアコースティックとなっていて、こういう構成にしていることがとても珍しいと思った。

聴くのも観るのも大変な量だと思っていたが、割とあっという間に終えてしまった。

JUGEMテーマ:音楽

去年の11月、BSで日本の70年代ロックを取り扱った特番を計6回に渡って放送していた。録画していたのだが、今まで放置していて(笑)、今日一気に観た。

取り扱ったアーティストは、はっぴぃえんど、フラワー・トラヴェリン・バンド、クリエイション、外道、近田春夫とハルヲフォン、四人囃子、Char、サディスティック・ミカ・バンド、頭脳警察など。頭脳警察は三里塚の映像を使っていて観たことがあったが、他はほとんど観たことのない、こんな映像があったのかという貴重なシーンの連続だった。第5回はローカル・ロックウェイヴと題されて、沖縄の紫、石川のめんたんぴん、福岡のサンハウスなどをピックアップしていた。

当事者や関係者のインタビューもあった。当事者では、近田、四人囃子の森園勝敏、外道の加納秀人、ゴダイゴのタケカワユキヒデなど。関係者では、彼らのプロデュースに携わった小倉エージやミッキー・カーチス、現ユニヴァーサルレコード会長の石坂敬一、写真家の鋤田正義などだ。最終回では、福島で行われたワン・ステップ・フェスティバルを扱っていて、主催した佐藤三郎のコメントを取っていた。佐藤はアメリカ旅行で映画「ウッドストック」を観て衝撃を受け、日本でも開催したいと考え、動いたそうだ。開催前は地元から反発を食らっていたのが、いざやってみて成功したら、来年もやろうと地元民から言われたと、苦笑いしながら話していた。フジロックで聞いたような話だ(笑)。

ハルヲフォン、イエロー、ファーイーストファミリーバンド、コンディショングリーン(必見かも)、など、今回初めて知った音がたくさんあり、この頃の日本のロックもカッコいいなと改めて思わされた。また、自分がこれまでに観ているバンドも少なくなく、ありがたい経験をさせてもらっていることを実感した。頭脳警察や四人囃子は何度か観ているし、外道は2003年に、フラワー・トラヴェリン・バンドはおととしに、それぞれ観ている。また、2008年5月にはジャパン・ロック・バンド・フェスというイベントが日比谷野音であって、そこでは頭脳警察、ブルース・クリエイション、紫、めんたんぴんをいっぺんに観ていたのだ。

横浜外道大安祭
Japan Rock Band Fes.2008

JUGEMテーマ:音楽

そして帰宅。

詳しくは別途レポートに書くとして、簡単にメモを。

ザ・デュエット(オープニングアクト)
若い女の子2人組。アコースティックで歌詞は「反戦」「反体制」等だったが、どうにも違和感あり。

めんたんぴん
6人編成でうちギターが3人。石川県金沢出身で、この日のために金沢から来た客もいたらしい。音はサザンロック〜フリーセッション風。


沖縄出身。ヴォーカルが外人。ベーシストが若い。音は爆音。ディープ・パープル+プログレのような感じ。

頭脳警察
出演バンドの中で最も熱く、最も現役度が高かった。PantaのMCも豊富で、新曲あり、Pantaのソロの曲披露あり、と大満足の内容。Pantaはやはりスリムになっていた。

ブルース・クリエイション
トリだったが、ブルース/フュージョン風の大人のロックという感じ。最初で最後の再結成と言っていたが、4月に四人囃子と対バンしてなかったっけ?

ラストは、紫を除く出演バンドが勢揃いしてのセッションになりました。

JUGEMテーマ:音楽
20080518142404.jpg
天候は晴れ!というか汗ばむくらい。


おととい、Flowers of Romance内の頭脳警察ページを最新化した。

頭脳警察ページを作ったのは2002年4月で、つまり約6年ぶりの見直しになる。6年前はというと頭脳警察の作品の多くは廃盤で、ふつうに聴ける状態ではなかった。それ以前に一般流通していたのは「2」「3」「誕生」とベスト盤くらい。それが、2001年の再々結成を機にファーストがついにCD化。併せて四人囃子をバックに行った日比谷野音のライヴアルバムもリリースされた。

ワタシは入手できるCDは入手したが、他はレンタルを駆使してなんとかオリジナルアルバムのコンテンツだけは掲載した。90年〜91年の再結成時のアルバム「7」「歓喜の歌」は当時も現在も廃盤だが、ワタシがよく利用していたレンタルショップにはなぜかどちらもあった(ちなみに現在そのショップではベスト盤のみを取り扱っている)。

そしてこの6年の間に、次々に作品がリリース/復刻された。70年代のオリジナルアルバム6枚が紙ジャケでリリースされたり、三里塚でのイベントが2枚組CD+DVDの完全版として復刻したりした。以前にVHSで販売されていた映像がDVD化されたし、再々結成後の映像も出ている。その中でも極めつけは、CD7枚+DVDという驚愕のヴォリュームで放たれた、ライヴボックスだ。

2001年の再々結成以降、Pantaはソロと頭脳警察を並行して活動したいと言っていたが、ここ数年はソロの方に比重が置かれていたように見える。今回の頭脳警察もその勢いを買ってのようで、ソロ活動のバンドメンバーがそのまま参加しての頭脳警察になるようだ。今年は精力的に活動する様子だが、とりあえずは今週末の日比谷野音だ。

頭脳警察ページ

JUGEMテーマ:音楽
WOWOWで「コラボ☆ラボ」という音楽番組を放送している。今まで観たことがなかったのだが、先日の回では頭脳警察が出演し大槻ケンヂとコラボレーションするとのことだったので、録画して観た。

番組冒頭では、藤井フミヤや竹中直人、南こうせつ、佐野史郎らがコメント。フミヤは、PANTAから曲の提供を受けたことがあるそうだ。以降、PANTAとTOSHIのインタビューと、この番組のためのライヴが交互にという構成で番組は進んだ。演奏は、まずは『銃を取れ』だったのだが、バックバンドがPANTAの近年のソロ活動を支えているメンバーで、ギター、ベース、ドラム、キーボードという面々。つまりは6人編成である。頭脳警察にキーボ−ドが入ることはとても珍しく、ここでの『銃を取れ』も、ドアーズっぽい音になっていた。

大槻は頭脳警察に触発されてミュージシャンを志し、筋肉少女帯を結成。いったん解散したものの、昨年再開させている。恐らく90年前後のバンドブームの頃と思われるが、PANTAは仙台のイベントで筋少と思しきガールズバンドを観ていて、終演後の打ち上げでもヴォーカルの女性としゃべっていたそうだ。その後東京に戻ってきて筋少や大槻が別にいることを知り、あれ?と首をかしげたPANTA。そのガールズバンドは、SHOW-YAだった(笑)。

大槻と頭脳警察とのコラボは『悪たれ小僧』『コミック雑誌なんかいらない』『Blood Blood Blood』で、終わった後の大槻は満足そうなコメントを残してはいたが、ワタシはやはり大槻は気後れしているように見えた。もっと「壊す」方向に行ってもよかったのになと思いはしたが、そりゃPANTAとTOSHIの間に立って思いっきりやれと言っても、ねえ。演奏はコラボだけでなく大槻オンリーの曲(ソロ?筋少?)もあり、最後に頭脳警察の新曲として『時代はサーカス像にのって』が演奏された。

頭脳警察は、今年久々に活動する。夏のロック・イン・ジャパンや9月の青森でのフェスの出演が発表されているし、今月には日比谷野音でブルース・クリエイションやめんたんぴんらとの共演を果たす。野音には、ワタシも足を運ぶ予定である。

JUGEMテーマ:音楽
ここ何日か、頭脳警察のヒストリー本を読んでいた。ハードカバーで分厚くて重く、持ち運びには難があるが、テンポよくすらすらと読むことができた。

この本は、通常のヒストリー本とは一線を画している。作者がつらつらと文章を綴るのではなく、実際にPANTAやTOSHIと交遊のあった人たちが「証言者」として語り、作者はその背景をフォローする役回りを担っているのだ。証言者となっている人たちは、古くからPANTAとの親交の深い音楽評論家、レコード会社の音響担当、ライヴハウスのオーナー、頭脳警察のフォロワーでレコーディングに参加することを許されたミュージシャン、一時期頭脳警察のメンバーでもあったベーシストなどだ。

こうした人たちのことばは、彼らが実際に見聞きしたことに基づいているだけに、説得力がありリアリティに溢れている。70's当時の頭脳警察の活動はもちろん、他のアーティストの名前もぽんぽん出てきて、頭脳警察との関わりを通じて、当時の音楽シーンがうっすらと浮かび上がってくるようだ。名が挙がったアーティストは、はっぴいえんど、フラワー・トラベリン・バンド、四人囃子、あんぜんバンド、ダイナマイツ、村八分、吉田拓郎など。70'sは、複数のアーティストが集うイベントが、頻繁に行われていた時代でもあったらしい。もちろん、90年の再結成や2001年から現在に至るまでの活動についても、きっちりとフォローされている。

そして巻末を飾るのは、TOSHIそしてPANTAのインタビュー。当事者ならではの生々しいことばが次々に飛び出していて、だけどそれが衝撃ではなく、自然なものとして受け取れた。現在は頭脳警察とソロを並行させている2人だが、今後もまた何かをやらかしてくれそうだ。