一定期間更新がないため広告を表示しています

Listen To The Daxophone #2@アートフォーラムあざみ野

マイクを内蔵した木製のサウンドボックスにタングと呼ばれる木片を組み合わせて弓などで弾く楽器、ダクソフォン。奏者の内橋和久による演奏に細野晴臣とUAがゲスト参加するライヴがあると知り、行ってきた。

アートフォーラム内の、レクチャールームという全席指定で150〜160人程度の狭いホールが、会場だ。定刻を7〜8分ほど過ぎたところで、まずは内橋が登場し、ダクソフォンを弾き始める。ダクソフォンは三脚で固定され、木の固まりのようなものを左手に持って押さえつつ、タングのところを右手で弓で弾いていた。

環境音楽のようでもあり、BGMとして機能しやすい音、かなり実験的な音が発せられる。サウンドボックスにはプラグが差し込まれ、内橋は右足で適時ペダルを踏み込み、エレキギターと似通った構造になっていることが伺える。日本でダクソフォン奏者は5人程度で、もっとこの楽器のことを知ってもらいたいという想いを、冒頭で内橋が言っていた。

ゲストのひとりであるUAが、まず登場。内橋のダクソフォンに合わせて、彼女の母の故郷の島の唄を歌う。続いて彼女自身の曲がいくつか歌われ、内橋はダクソフォンからギブソンSGに持ち替えていた。この人、ダクソフォン一辺倒ということでもなく、もともとがギタリストのようだ。

UAは『閃光』で締め括ると、入れ替わりで細野晴臣登場。曲順をその場で決めているらしく、1曲毎に細野が伝え、内橋がそれに応じるという形で進められた。細野は使い込まれたセミアコを抱え、ビートルズ『Dear Prudence』クラフトワーク『Radioactivity』など、カヴァー曲を5曲ほど披露。内橋は1曲目だけダクソフォンで、後はSGだった。

そしてUAが再び登場し、3人によるセッションに。ステージは中央にUA、向かって右に内橋、左に細野が陣取り、そして3人でダクソフォンを演奏だ。細野は短いバーによるビート連打ここなすものの、弓で弾いてみるとすーっという抜けた音しか出ず、ここでセミアコに持ち替える(笑)。内橋は一ヶ月前に預けていると言っていたが、細野は初心者だからと返していた。

一方のUAは、沖縄(自宅?)で結構練習してきたと見え、かなり使いこなしていた。主メロディーはUAが担い、内橋はサポートに回り、細野は所在なさげにセミアコをぽろろんと弾いていた。UAが楽器を弾く姿はとても新鮮で、というか、もしかしたら今後の彼女のツアーにダクソフォンを組み込むかもと思わせてくれる。

こうして、異色ライヴは1時間半をオーバーし、終了。アンコールを求める拍手を受けて3人は再登場するも、曲は用意していないとのことで、UAがお米の唄(即興?それとも、ある曲かな?)を歌ってくれた。

演奏が必ずしもダクソフォン一辺倒ではないことに、序盤こそ少し面食らった。しかし、実験性に溢れるユニークな楽器に触れる機会があったのはよかったと思っているし、今回のライヴは通常のライヴハウスでもホールでもアリーナでもない、アートを支持し応援する横浜市内の施設で行われたという新鮮さがあった。これまで何度か観ているUAや細野を、狭い会場で間近で観られたのは、願ってもないことだったのだ。

JUGEMテーマ:音楽

高橋幸宏@Club Quattro

なんと、開場前に2度もジェームズ・イハに遭遇してしまった。最初は、16時半過ぎにクアトロの入っているビルに入る寸前に。2度目は、クアトロ入り口前で入場待ちをしているときに(まわりは誰も気づいてなかった)。

さて、開場しクアトロの中。定刻を5分ほど過ぎたところで客電が落ち、バンドメンバーがまず登場。靴音のSEを経て、最後に姿を見せた幸宏はステージ後方中央に陣取った。ライヴは、『Another Door』でスタートし、幸宏はキーボードやサンプリングの操作をしながら歌う。その後数曲を経て前方中央のドラムセットに移り、今度は歌いながらドラムを叩く。

メンバーは、向かって左からベース高桑、キーボード堀江、幸宏、ゴンドウトモヒロ、ジェームズ・イハ、ギター鈴木という具合。幸宏はスーツ姿で、お洒落な紳士のたたずまいは、まるでチャーリー・ワッツのようだ。また、全く同じ服ではないが、全員白のシャツ姿で、幸宏、堀江、高桑の3人はハットを被っている。

YMOのサポートでもお馴染みのゴンドウは、クレジットではユーフォニアスという金管楽器だったが、実際はプログラミングオペレーションやピアニカなどもこなしていた。堀江は、曲によりギターやマンドリンもこなしていた。高桑はほぼ全曲でコーラスを務め、鈴木はだいたいサイドギターだった。

そして、イハだ。マイクスタンドにかぶりつくような立ち方はまるでメタリカのジェームズ・ヘットフィールドのようで、存在感出しまくり。レスポールとSGを使い分け、E-BOWを多用していた。ギターソロのほとんどをこなしていて、スマパン、ア・パーフェクト・サークル、ティンテッド・ウィンドウズ、ソロ、と、いろいろ観てきた中で、この人のギタープレイを最も堪能できた気がする。中盤では、去年リリースした自分のソロアルバムから『To Who Knows Where』も披露していた。

幸宏は、ドラムの腕が確かなのは言わずもがなで、ソフトで透明感のあるヴォーカルも相変わらず心地いい。それを、クアトロレベルの密閉感に溢れたライヴハウスで堪能できるなんて、贅沢すぎる。MCも豊富で、なんでもクアトロのステージに立つのははじめてなのだとか。序盤には、モニターにトラブルが発生して交換までしていたが、ユーモアを交えてしゃべりながらつないでいた。さすが。

演奏は軒並みロック調で、意外だがこの人のこういう一面が観られたのは嬉しい。また、東京のみLEO今井がゲスト出演することになっていて、ここでは3曲でギター参加していた。みんな白いいでたちなのに、今井は黒いシャツにサングラス姿。そして、ひとこともしゃべらなかった。空いていてふらっと出演した、みたいな雰囲気に見えた。

アンコールでは、幸宏がひとりずつメンバーを紹介し、呼ばれた人が出てきて少ししゃべる、といった具合。続いて『Something In The Air』を演奏したが、ドラムをこなしながら歌うのはツアーでははじめてとか。今までは、スティーヴ・ジャンセンがドラムを担っていたそうだ。そしてオーラスは、幸宏、ゴンドウ、堀江の3人による、『The April Fools』だった。

気負わず、それでいて緩むこともない、とてもいい雰囲気に包まれたライヴだった。そして、実はこの公演、チケットは売り切れていない。それどころか両サイドや後方には柵が設けられていて遮断されており、集客の少なさを補っていた。今まで何度もクアトロに来ているが、こんな状態を見たのははじめてだ。幸宏の公演はあさって23日にオーチャードホールでも行われ、そのチケットも終演後発売していた。ので、恐らく当日券も発売される。この人が好きでいながら、迷っている人がもしいたら、絶対に行った方がいい。

JUGEMテーマ:音楽

ワタシにとって、サマソニ以来約1ヶ月ぶりとなるライヴが、明日渋谷のクアトロで行われる高橋幸宏だ。

幸宏をクアトロで、そして元スマパン(この枕詞まだ必要かな)のジェームズ・イハがギターで参加すると知り、チケットを取った。全国ツアーのことや、クアトロの後にオーチャードホールでも公演があること、幸宏のトリビュートアルバムにイハが参加していることを知ったのは、実はつい最近だ(汗)。

YMOやスケッチ・ショウ、坂本龍一のソロなどは、今までに何度か観たことがある。しかし幸宏のソロとなると、2009年のフジロックで1度観たことがあるだけだ。そのときの記憶では、幸宏は基本ドラムをこなしながら歌い、曲によりギターを手にしてステージ前方に出てくるというスタイルだった。今回もそうかな。

脇を固めるバンドメンバーも注目だ。ベースはCoccoのツアーメンバーでもある高桑圭(元Great3の人だった)、キーボードはコーネリアス・グループやハイエイタスなどの堀江博久、YMOのサポート歴もあるユーフォニウムの権藤知彦、ギター2人のうちひとりが、上述のイハ。ツアーは大阪から始まっているが、どうやらイハが自分のソロを歌うコーナーもあるらしい。また、クアトロとオーチャードには、LEO今井がゲスト出演することも発表されている。

去年還暦を迎えたが、自分のペースを崩すことなく、それでいて精力的に活動している。ライヴを、楽しみにしている。

JUGEMテーマ:音楽


John Lydon『Best Of British』


ワールドハピネスの前日、「細野晴臣イエローマジックショー」というDVDを観ていた。


2001年4月にNHKで放送された特番を再編集したもので、細野ハウスの人々というお茶の間仕立てのコントと、細野ゆかりあるいは細野をリスペクトするアーティストのスタジオライヴとが、交互に行われるというコメディータッチの構成だ。


細野ハウスでこたつを囲む細野家の面々は、おとうさん=細野、お母さん=広田レオナ、息子=佐野史郎、娘=大塚寧々、そしておじいさん=幸宏、という顔ぶれ。そんな細野家に、TEI TOWAが訪れたり、矢野顕子がTELしてきたりする。スタジオライヴでは、シナロケ、スカパラ、コシミハル、高野寛、中村一義などが登場。鈴木茂や林立夫らと細野による「Tin Pan」の演奏も。


目玉は、おとうさん細野とおじいさん幸宏が、ニューヨークに住んでいる坂本龍一の自宅(という体)を訪れ、3人ともどてら姿で『ライディーン』を演奏するシーンだ。当時2001年で、これが93年テクノドン以来の3人でのYMO集結に当たったからだ。この後3人はHuman Audio Spongeを経てYMOとして活動するようになり、現在に至っている。


このDVD、NHK放送の再編集版ではあるのだが、どうやら、DVDのために追加されたシーンというのは特にはなく、逆にカットされたシーンが少なくないそうだ。放送当時、VHSに録画して観たのだが、その後消してしまい、今にして思えばもったいないことをした。がしかし、それでもこのDVDは貴重だし、ありがたい映像作品だと言える。


JUGEMテーマ:音楽
さて、初参加となった昨日のワールドハピネスだが、ワタシにとっては結構ストレスのたまるフェスだった。その理由の最たるは、2つの「詰め込みすぎ」があったからだ。

ひとつめは、出演アーティストの詰め込みすぎだ。8時間弱の開催において、16組がエントリーされた。ステージは、メインとその向かって左のレフトステージの2ステージ制になり、一方が演奏中に他方がセットチェンジをしていて、終了後すぐさまスタートするという進行。実質、空き時間がなかった。各アクトの持ち時間は、レフトステージが20分、メインステージはYMOを除いて30分。特にレフトの方は、始まったかと思ったらすぐ終わる、という印象がぬぐえなかった。

ふたつめは、会場への客の詰め込みすぎだ。新木場にある土のトラックの陸上競技場で、感覚的にはフジロックのホワイトステージ規模。場内はブロック指定で、別ブロックへの行き来はもちろん不可。また、レジャーシートを持ち込み禁止にし、その代わり入場時にレジャーシートを配布して、それを使うという運用だった。この規模で椅子席もなく、それでレジャーシートでというのは、かなり窮屈だった。

仕切りにも、疑問がたくさん沸いた。ビン・カンの持ち込み禁止としておいて、場内で缶ビールを売っていた。椅子の持ち込みも禁止とされていた。がしかし、そもそも荷物チェックなどなかったのだ。

朝から日中は晴れて気温も上昇し、夕方には雨が降って、体力的には結構タフさを強いられた。椅子が持ち込めないので座ることができず、しばらく立ちっぱなしだったのは少しきつかった。暑さもハンパなく、この会場でこの時期に開催するのは果たして適切か?とも思った。東京開催なら、5月のGW期とか、10月の3連休のときとかに、開催してはどうだろうか。

ともあれ、ライヴそのものは楽しんだ。カヴァーに走るアーティストが多かったのには??だったが、フジロックで観られなかった、オカモトズやキモノズを観られたのはよかったし、ワタシが自らの意志でチョイスすることがなさそうなYukiも観られた。幸宏と鈴木慶一のビートニクスは、もう少し観たかった。

YMOは、フジロックとどちらのパフォーマンスがよかったかと言われれば、ワタシはフジの方を選ぶが、フジではただただ圧倒されっぱなしだったのが、今回は結構細かいところにまで自分の注目が回り、如何にしてこのユニットが成り立っているのかを、ちょっとだけ把握できた気がしている。

JUGEMテーマ:音楽


個人的にフジロック以来一週間ぶりのYMOだが、舞台は苗場と大きく異なる、新木場の陸上競技場。フジロックのときは鬼気迫るパフォーマンスだったように思うが、今回は幾分リラックスし、かつ、自分達のやりたいことをやったステージではなかったかと思う。

インストのインプロヴィゼーションから『Firecracker』へとつなぐ辺りは、フジロックと同様。フジではスクリーンに映るメンバーにエフェクトをかけていたが、今回はそれはなかった。カメラワークが落ち着いていたので、各メンバーの動きを結構把握できた。

YMOの3人が、向かって左から坂本、幸宏、細野の順に横に並ぶ。そして、サポートも3人。坂本の後方にクリスチャン・フェネスで、ギターやキーボードを駆使。幸宏の後方には権藤知彦で、ホルン、トランペットなど。細野の左後方に、ギターの小山田圭吾だ。

『Behind The Mask』『Riot In Ragos』『TAISO』はフジと同様。『千のナイフ』では、坂本が黒い旗を掲げ、振っていた。旗には「NO NUKES,MORE TREES」と書かれていて、ステージ上の6人はこの文字が入ったポロシャツを着ていた。

終盤には、フジではなかったと思われるメドレーがあり、『Cue』で本編終了。アンコールは『東風』で、このときステージの両サイドから、天空に向けてサーチライトのように数本の光が飛ばされた。演奏を終え、坂本、幸宏、細野の3人はまた旗を持ち、振った。その後サポートの3人を含めて肩を組んで礼。これで、ワールドハピネスが終了した。

他のアーティストの持ち時間はだいたい20分から30分だったのに対し、ヘッドライナーのYMOだけは1時間のステージとなった。YMOが観られた自分はいちおう満足ではあるが、正直フェスとしては微妙かも。その辺り、追って総括を書きます。

参加された皆さん、おつかれさまでした。

JUGEMテーマ:音楽


ステージは卓のみで、つまりはトウワ・テイひとりによるDJプレイ。ターンテーブル、機材、コンピュータなどを操作する細かい手の動きまでスクリーンに映し出されていて、無機質になりがちなDJプレイが肉体的なものとして楽しめた。

元ジュディー&マリーのヴォーカル、という枕詞はまだ必要だろうか。テレビで観たまんまの舌っ足らずの歌い方で、しかしその存在感たるや圧倒的だ。途中、「自分に限界を作ることをやめたの」といい、自らギターを弾く場面も(GDGDだったけど)。

CMでかかっていた曲でスタート。バックはドラムとベースとキーボード。そして、フロントにはsalyuと同じ衣装の女性が3人いて、つまり4人横並びの格好。その3人、タンバリンやパーカッション、ツリーチャイム等をこなしている。音としては、ビョークに似通った世界観だ。
よもやの、と言っては失礼かもしれないが、場内のリアクションのよさにびっくり。オープニングはなぜかYMO『東風』をサワリだけやって、そのあと自分達の曲の演奏に。編成は通常のバンドだが、時にデジタルな音を組み込みクラブ系にも仕上げていて、なかなかユニークだ。


JUGEMテーマ:音楽