一定期間更新がないため広告を表示しています

アトムス・フォー・ピース(Atoms For Peace)@Studio Coast 2013年11月23日

日本最終公演にして土曜日ということもあってか、開場前のグッズ売り場は長蛇の列で、開場待ちの人も多かった。ワタシは、昨夜はバルコニー席のひとつ上の段で見ていたが、今夜は2階指定席サイドのスペースに陣取った。視界を遮るものもなく、ステージ全体が見渡せる。

オープニングアクトのANSTAMを経て、18時過ぎに場内が暗転しメンバー登場。トム・ヨークがフロアを煽る仕草をしていて、これはレディオヘッドのライヴでは見られない光景と思う(バンドの違いのほか、キャパシティーの違いもあると思うが)。ライヴは、『Before Your Very Eyes...』でスタートする。

最初のクライマックスは、やはり『The Clock』だった。バックドロップの照明の閃光がすさまじいが、そして演奏はそれ以上にすさまじく、このシンクロ感がたまらない。このときパーカッションのマウロは、釣竿のように長くしなった棒にスティックを叩いてリズムを刻んでいた。『Ingenue』ではトムはピアノ弾き語りで歌い、原曲とは異なる仕上がりになっていて、これがライヴ映えしている。

2度目のクライマックスは、『Harrowdown Hill』だ。照明の閃光のド派手さは、このときがピークだったと思う。フリーの、体を滑らかにくねらせながらのプレイも冴え渡り、トムのヴォーカルはいよいよエモーショナルになる。フリーは向かって右が立ち位置、トムは正面だが、トムは向かって右前方にもにじり寄り、フリーは自分のポジションと反対側の方にまで足を進めていた。

ナイジェルはギターにプログラミングにと忙しく動き回るが、ほか4人のプレーヤーよりも一歩引いて脇を固め、言わば黒子に徹している。このバンド、ライヴを牽引しているのは一見トムとフリーだが、実はリードドラムバンドのようにも思えてくる。『Dropped』では、ジョーイの叩き出すビートとマウロのパーカッションが折り重なったダブルビートの生々しさが、かなり効いていた。

昨夜は割と1曲1曲をじっくりめに演奏しているように見え、曲間もふつうに取っていた印象があったが、今夜は曲間を最小限にして次から次へと連射するモードになっている。そしてそれが、ただでさえ緊張感に満ちているのを更に増幅させている。昨日も観ているパフォーマンスなのに、受ける印象がまるで異なる(今夜がラストという、観る側の意気込みの違いも関係していると思う)。正直に言って、1公演だけにしておけばよかったと思ったこともあったが、今では東京初日も取っとけばよかったとさえ思ってしまう。

『Cymbal Rush』の後メンバーはいったんステージから掃け、そしてアンコール(というより第2部のように思えるのだが)突入。『Feeling Pulled Apart by Horses』『Reverse Running』と、よくライヴで表現できるなあと思わせる曲たちだ。U.N.K.L.E.にトムが参加した曲『Rabbit in Your Headlights』では、ピアノを弾きながらトムが歌うのを経て、終盤はフリーによるリーディングが入った。

『AMOK』も生々しく構築され、そしてセカンドアンコールは『Atoms For Peace』。アンビエントっぽいリフは、プログラミングではなくバイオリンベース(ヘフナー?)を弾くフリーによるものだった。この後、ツアーラストらしくトムがメンバーを紹介。オーラスは、『Black Swan』だった。

セットリスト
Before Your Very Eyes...
Default
The Clock
Ingenue
Unless
And It Rained All Night
Harrowdown Hill
Dropped
Cymbal Rush
(encore 1)
Feeling Pulled Apart by Horses
Reverse Running
Rabbit in Your Headlights
Paperbag Writer
Amok
(encore 2)
Atoms for Peace
Black Swan

トムが『The Eraser』をライヴ表現するために結成され、当初は名前すら決まっていなかったこのバンド。それが曲名から取ってアトムス・フォー・ピースを名乗るようになり、2010年は本格的にツアーを敢行フジロックで来日もした。そして今年、このメンバーでは初となるアルバム『AMOK』をリリース。つくづく思うのは、トムがよくフリーをチョイスしたなあと思うのと、フリーもよく応えたなあということだ。この夢のコラボレーションが、別次元にして極上の空間を生み出したのだ。

JUGEMテーマ:音楽

アトムス・フォー・ピース(Atoms For Peace)@Studio Coast 2013年11月22日

16時半過ぎに会場に到着し、その30分前より販売開始されているグッズからTシャツを購入。少し時間を潰した後、いざ入場。オープニングアクトのANSTAMを経て、19時20分についにその時が来た。

ライヴは、アルバム『AMOK』の1曲目でもある『Before Your Very Eyes...』でスタート。いきなりガツンではなく、ゆったりめに入ったなあと思ったのもつかの間、演奏の最中に緊張感が増していく。トム・ヨークとフリーとナイジェル・ゴドリッチが体を寄せるようにギターやベースを弾くが、曲の後半になるとナイジェルは卓に移り、トムはギターを手放して踊りを交えつつ歌い上げた。

まるでライヴには向かなそうな『Default』も、5人のプレーヤーたちによって生々しく再構築され、そして『The Clock』は早くもショウの沸点になった。バックドロップのライティングがド派手になり、演奏もよりエモーショナルになった。視覚と聴覚の双方が、この世のものとは思えぬ感覚にさらされたような気にさせられる。

トムとフリーは、共にロングの巻きスカート姿。トムもそうだが、フリーをライヴハウスの近さで観られるのは圧巻であり、贅沢だ。トムはギターを頻繁に変えるが、ギターを持たずヴォーカルに徹することも少なくない。ステージ上を頻繁に動きながら弾くフリーのリフは、やはり強力だ。

トムの参謀格と言っていいナイジェルは、ギター、キーボード、プログラミングと多彩なパートをこなす。ドラムのジョーイ・ワロンカーは正確無比なリズムを叩き出し、そしてパーカッションのマウロ・レフォスコは、トリッキーな打楽器を使い分けていた。このマウロの存在が、レディオヘッドのみならず幾多のロックバンドとアトムスとを一線引いているのだと思う。

『Harrowdown Hill』は、フリーによるイントロのベースリフだけで場内が沸き立ち、トムのヴォーカルが始まったそのとき、まるでここではないどこか、別世界へと連れ去られていくかのような感覚に陥ってしまう。この感覚こそが、レディオヘッドのライヴとの大きな違いであり、このスーパーバンドだからこそなし得る業だと思う。

宅録色の濃い『Cymbal Rush』は、ライヴの場では、肉体性に満ちた表現力による伸びしろが最も大きい曲だ。アトムスの何がすごいって、どこの誰もやらなかった(あるいはできなかった)アプローチを成し遂げてしまったことで、それをあまりにも高いレベルで実現しているがために、模倣者すら出てこない。

この後メンバーはいったんステージから掃けていく。ここまでが本編で、この後がアンコールという扱いだろうか。『Feeling Pulled Apart by Horses』というトムのソロ名義でかつ配信のみリリースの曲で始まるが、まあこれがこのライヴの場には似合いすぎている。続くは『Hollow Earth』で、なんとセットリストを変えてきた。

レディへのカヴァー『Paperbag Writer』を経て、アルバムタイトル曲『AMOK』で締めた。セカンドアンコールは、『Atoms For Peace』『Black Swan』の2曲。こうして、異次元空間の体験であるかのようなライヴが、幕を閉じた。

正直言って、ライヴ前半は誰に注目していいかわからなかったが、結局はライヴを牽引しているトムとフリーの2人に注力することになった。明日23日の公演にも行くので、今度はナイジェルの多彩ぶりやマウロの使いこなしている打楽器群、ジョーイのプレイにも注力してみたい。

セットリスト
Before Your Very Eyes...
Default
The Clock
Ingenue
Unless
And It Rained All Night
Harrowdown Hill
Dropped
Cymbal Rush
(encore 1)
Feeling Pulled Apart by Horses
Hollow Earth
Rabbit in Your Headlights
Paperbag Writer
Amok
(encore 2)
Atoms for Peace
Black Swan

JUGEMテーマ:音楽

ポール・マッカートニー東京ドーム公演の余韻に浸っていたいところだが、実はアトムス・フォー・ピースも来日していて、18日の大阪より公演がスタートしている。ワタシは、明日22日とあさって23日の東京公演に行く予定である。

ポールがレジェンドにして現役なら、こちらは現役中の現役で、かつ未知の領域を切り開くイノヴェーターだ。トム・ヨークのソロアルバム『The Eraser』は、当初よくできたラップトップミュージックと思われていたところ、2010年に突如ライヴ活動を敢行した。

トムがパートナーに選んだのは、レディオヘッドで既に気心の知れているナイジェル・ゴドリッチはまだしも、なんとレッチリのフリーまで巻き込んだのだ。これだけで既にわくわくしてしまうが、実際のライヴは更にすさまじかった。フジロックで観たライヴは、ヘッドライナー前だがどう考えてもこの年のフジのベストアクトで、歴代でもベスト5に数えていいと思う。

ラップトップミュージックが、よもやの肉体性に満ち溢れたアプローチで再現される。CDで聴くのとは全く異なる、幅広い表現力とビートの洪水に、その場にいる者はさらされる。ロック界にて常に半歩先を行くレディオヘッドだが、それとはまた違う形でこのスーパーバンドは半歩先を行く。そして今年、アトムス・フォー・ピース名義でアルバム『AMOK』がリリースされた。

ほんとうならアリーナクラスの会場でやってもおかしくないはずだし、欧米ではフェスのヘッドライナーをこなしているほどだ。スタジオコーストは国内最大のキャパシティーのライヴ会場だが、今回ばかりは場内が狭く感じてしまうかもしれない。

というわけで、明日あさってが楽しみだ。

JUGEMテーマ:音楽

ハリーポッターシリーズ第3作「ハリーポッターとアズカバンの囚人」には、イアン・ブラウンがエキストラとしてちょっとだけ出演している。しかし、第4作「ハリーポッターと炎のゴブレット」には、もっと嬉しいアーティスト出演があった。



物語の前半、クリスマスのダンスパーティーの場面において演奏しているザ・ウィアード・シスターズというバンドがいる。このメンバーをよく見てほしい。ヴォーカルがパルプのジャービス・コッカー、ギターがレディオヘッドのジョニー・グリーンウッド、ドラムが同じくレディへのフィル・セルウェイなのだ。

確か、レディへの誰かがハリーポッターシリーズに出演しているとかいないとか、そんな話をうっすら聞いたことがあって、今回のシリーズいっき見で確認するつもりでいた。実は、バンド演奏の場面を観たときは彼らと気づかず、後でネット検索したのち結局YouTubeで確認したというわけだ。

劇中の演奏はフルコーラスではなく、このYouTubeバージョンは恐らくだがDVDの特典映像か何かによると思われるフル演奏だ。ジョニーとフィルははっきりわかるし、ジャービスもロングヘアのためぱっと見はわかりにくいが、よく見ればその人とわかる。

実は「ザ・ウィアード・シスターズ」というバンドはカナダに当時実在していたそうで(今も存続しているのかな)、命名をめぐりひと悶着あったようだ。映画制作側は和解金として5万ドルを支払おうとするも、バンド側が拒否。この時点でキャリア15年を超えているそうで、5万ドルでは割に合わないとのこと。裁判騒ぎにまでなったそうだが、結局どうなったんだろ?

JUGEMテーマ:音楽

ボナルーフェスのヘッドライナーをこなし、北米ツアー中だったレディオヘッド。その最終公演となるカナダトロントの屋外公演にて、悲劇が起こってしまった。開場前の設営中にステージが倒壊し、ひとりが死亡し3人が重軽傷を負った。4人は全員がレディオヘッドのスタッフで、亡くなったのはドラム・テクのスコット・ジョンソンさんだった。

公演は中止となり、また公式サイトにて、ドラマーのフィリップ・セルウェイがスコットさんに哀悼の意を表するコメントを発した。また、2000年にロスキルド・フェスで観客が圧死する悲劇を経験しているパール・ジャムは、バンドを代表してギターのマイク・マクレディがレディへのメンバーをいたわるコメントを発している。

亡くなられたスコットさんには、謹んでご冥福をお祈りいたします。このような事故がなぜ起こってしまったのか、原因は究明され再発防止策がなされるべきである。レディへはフジロック出演が決まっているが、予定通り来てくれるのか?

JUGEMテーマ:音楽

ボナルーフェスティバル初日でのレディオヘッドのパフォーマンスにおいて、確かにトム・ヨークはジャック・ホワイトがどうこうと言っていた。がしかし、ジャックがステージに現れたわけでもないし、ジャックに捧げるといった意味合いなのかと思っていた。すると・・・、

レディオヘッドとジャック・ホワイトが共演!とBonnarooでトムが発表 | RO69

ボナルーで現地入りする前、ジャックが所有するスタジオにてレコーディングらしきことを行ったらしい。へえー。

実は、レデイオヘッドもジャック・ホワイトも、フジロックでは3日目のグリーンステージに出演する。ジャックの後、エルヴィス・コステロを経てレデイヘとなるのだが、これはもしかすると、レディヘのライヴにジャック飛び入りが実現するかも。

JUGEMテーマ:音楽

ほとんど意識していなかったのだが、8日から10日まで、ボナルーフェスティバルが開催。Youtubeのボナルーのオフィシャルチャンネルでウェブキャストがあり、ヘッドライナーのレディオヘッドをオンタイムで観た。

そもそもボナルーってどこでやってるの?と思い調べてみたが、アメリカ南部テネシー州の州都ナッシュビルから南東にある広大な農場で行われる野外フェスティバル。日本との時差は14時間で、レディオヘッドのライヴは現地時間で22時、日本ではお昼12時から始まった。オフィシャルチャンネルの映像はコマ送りのようで音と映像はずれまくっていて、また画像も荒かった。がしかし、最大表示することで幾分か改善された。

セットリストは以下。

01. Bloom
02. 15Step
03. KID A
04. Weird Fishes/Arpeggi
05. Staircase
06. Daily Mail
07. I Might Be Wrong
08. The Gloaming
09. Separator
10. Nude
11. Morning Mr Magpie
12. Identikit
13. Lotus Flower
14. There There
15. Karma Police
16. Feral
17. Idioteque
First Encore
18. You And Whose Army?
19. House Of Cards
20. Supercollider
21. Bodysnatchers
22. True Love Waits
23. Everything In It's Right Place
Second Encore
24. Give Up The Ghost
25. Reckoner
26. Paranoid Android

なんと、2度のアンコールで約2時間20分のパフォーマンス。『Everything ~』で終わるものと思っていたのがまだ続き、観ていてびっくりした。ほとんど単独公演と同等のセットと言っていいだろう。

正直、最近のレディヘの動向については疎かったので、いろいろ新鮮だった。ツインドラムだったが、もうひとりはポーティスヘッドの人なのかな。『There There』では前半と終盤がジョニーとエドがパーカッションになるので、ビートの重厚さが上増しされて圧巻だった。『Kid A』が、エレクトロニカに寄ったアレンジになっていたのはカッコよかった。オーラスが『Paranoid Android』というのは、少し意外。

しかし、コレをあと少ししたらフジロックで観られるのかと思うと、楽しみでならない。

JUGEMテーマ:音楽

Coachella 2012: Radiohead, Dr. Dre, Black Keys and Punk Reunions Top Lineup | Billboard.com

毎年4月にアメリカ西海岸で行われる野外フェス、コーチェラ。そのラインナップが一挙に発表された。

ヘッドライナーは、初日ブラック・キーズ、2日目レディオヘッド、3日目ドクター・ドレーとスヌープ・ドッグという面々。他にも、初日にはパルプ、3日目には解散以来11年ぶりの再結成となるアット・ザ・ドライヴ・インなどの名前がある。

まあ、なんと言ってもレディへに尽きる。このフェスに自分が参加することはまずないのだが、しかしレディへの名前を見るだけで小躍りしたくなってしまう。思えば、去年はアルバム『The Kings Of Limbs』をリリースしていながら、一部フェスの出演と秋の小規模なツアーがあっただけ。しかし、今年は小出しにツアー日程が発表になっていて、本格始動していることが伺える。

昨日の記事
にも書いたが、7月25日に台北での公演を行うバンド。となると、その次は・・・。

JUGEMテーマ:音楽

RADIOHEAD | Live Tour Dates

今年のフジロックフェスティバルは、7月27日(金)28日(土)29日(日)の日程で開催されることが既に発表されている。ので、これはもしかするともしかする。

JUGEMテーマ:音楽





レディオヘッドの新譜『The Kings Of Limbs』は、もちろんCDとしてレコードショップにも流通している。が、ネット上の特設サイトで「ニュースペーパーアルバム」という特別盤もあって、ワタシはこちらを申し込んでいた。申し込むとMP3ダウンロードができたので、音そのものは既に聴いていた。そして昨日、「ニュースペーパーアルバム」が自宅に届いた。

アルバムはビニール袋に包まれていて、この袋の表がアルバムのジャケットがプリントされている。端をハサミで切って、中を出してみる。英語で書かれたニュースペーパーと、アナログ盤サイズのパッケージが入っていた。ニュースペーパーは、先月レコードショップで無料配布されたものとは異なるとのことで、確かに厚さがぜんぜん違う。後で読んでみよう。そしてパッケージには、2枚のアナログ盤とCDが入っていた。

前作のリリースがあまりにもインパクトがあったこともあり、今回はそこまでの驚きはない。ではあるが、相変わらず手の込んだことをしてくると言うか、タダでは済まさないというバンド側の意気込みを感じることができる。音については、全8曲で40分弱というコンパクトに収まっていることが少し物足りなくはあるが、『Kid A』以降のデジタルな流れを汲み、トータル性を感じさせ、何度も繰り返し聴いてしまう中毒性がある。個人的には、とても気に入っている(初めてレディヘを聴く人が、いきなりこのアルバムではちときついかなという気はするが)。

今年は、レッチリもフーファイもビースティ・ボーイズもコールドプレイも動くという、結構すごい年だ。しかし、その中でもレディオヘッドの動向が最も気になるところだ。

JUGEMテーマ:音楽