一定期間更新がないため広告を表示しています

Roger Daltrey

昨日の初日の情報をネットで得た限り、客が少なく招待券出まくりという悲しい状況と、観に行った人の歓喜とが混在していた。ワタシは開演30分ほど前に入場したのだが、これまでの公演よりも閑散としていた。ホール内に入って自分の席につき、後ろを振り返ってみる。二階席は無人で黒い幕がかけられていた。

定刻を5分ほど過ぎたところで客電が落ち、ゆっくりとメンバー登場。今回のライヴはあの『Tommy』を全曲再現するというもので、早速インストの『Overture』からスタート。続く『It's A Boy』で歌ったのは、ロジャーではなくピート・タウンゼントの実弟サイモン。つまり、ピートが歌うパートはサイモンが担うということだ。『1921』でやっとロジャーが歌い、なんだか安心。ロジャーは白いシャツ姿でシャドウの入ったサングラスをかけている。ロックオデッセイや2008年フー来日のときと、風貌はほとんど変わっていない。

バンドは総勢5人で、サイモンのほかもうひとりギターがいて、ベース、ドラム、キーボードという編成。このもうひとりのギターがバンドを牽引し、サイモンがフォローし、2人のお膳立てを利用してロジャーが歌っているように思えた。

ピート抜きとはいえ、『Tommy』完全再現をナマで体感できるのはやはりすごい。曲間の間を極力作らず、ほぼメドレーで次から次へと演奏を進める。バックドロップのスクリーンは、『Tommy』の物語に即しているであろう映像だ。『Sparks』での緊張感に満ちたリフの応酬、『Christmas』での、以降何度もリフレインされる「see me,feel me,touch me,heal me」のフレーズ。やっぱり、すごい。

『Acid Queen』のあと、『Do You Think It's Allright』のところでトラブルが。ロジャーの声が出ない、と思ったら、耳に水が入ったとかでイヤホンから音が聴こえなくなったらしく、中断して仕切り直しをした。そして『Pinball Wizard』を経て『Tommy Can You Hear me』『I'm Free』と、フル再現だからこそ聴ける曲にも酔いしれ、そしてラストの『We Are Gonna Take It』で大団円を迎えた。

このあとはフーのほかの曲を演奏する第二部となるのだが、てっきり休憩が入るものと思ったら、そのまま続行。ロジャーはセミアコを弾きながら歌い、また、『Tommy』ではMCのない緊張感溢れる空気を出していたのが、ここでは一変してMCも豊富に。ギターの人が日本語が話せて、適時ロジャーのMCを日本語でフォローしてくれた。

第二部はさすがにロジャーのソロ色がにじみ出ていて、自らが前面に立ちバンドを牽引。『Days Of Light』はソロの曲らしく、またサイモンに歌わせたことも(曲もサイモンの曲か?)。『My Generation』は、原曲のビート感溢れるアレンジとは大きく異なるソウルフルなアレンジでの披露。ラストは、ロジャーとキーボードの人の2人だけとなり、ロジャーがウクレレ弾き語りで『Blue Red And Grey 』を歌った。コレも実はフーの曲なのだが、フーのライヴではまずやらないでしょう。この曲の前にエディ・ヴェダーがどうこうと言っていたけど、エディがウクレレでのソロアルバムを作っているので、そのことを言ったのかな。

ロジャーは高音はつらそうだったし、バンドのリズムキープが怪しかったのも1度や2度ではない。がしかし、それが何だというのだ。御歳68歳にして相も変わらずマイクをブンブン振り回し、世界をツアーするバイタリティー。音楽に対する、飽くなき情熱。そして、ファンを楽しませようとするエンターテイナーとしての姿勢。どれもこれも素晴らしい。迷っている奴は行け(笑)!

セットリスト
01. Overture
02. It's A Boy
03. 1921
04. Amazing Journey
05. Sparks
06. Eyesight To The Blind
07. Christmas
08. Cousin Kevin
09. The Acid Queen
10. Do You Think It's Alright?
11. Fiddle About
12. Pinball Wizard
13. There's A Doctor
14. Go To The Mirror
15. Tommy Can You Hear Me?
16. Smash The Mirror
17. Sensation
18. I'm Free
19. Miracle Cure
20. Sally Simpson
21. Welcome
22. Tommy's Holiday Camp
23. We're Not Gonna Take It

24. I Can See For Miles
25. The Kids Are Alright
26. Behind Blue Eyes
27. Days Of Light
28. The Way It Is
29. Who Are You
30. My Generation
31. Young Man Blues
32. Baba O'Riley
33. Without Your Love
34. Blue Red And Grey

JUGEMテーマ:音楽

ザ・フーのフロントマンであるロジャー・ダルトリーが来日する。フーとしては2度来日を果たしているが、ソロ名義ではこれが初だと思う。公演は今夜の国際フォーラムから始まり、ワタシは明日の公演に行く予定である。

はっきり言って、とても嬉しい。実績のあるバンドを経てソロ活動している超大物アーティストは、実はあまり来日公演をしてくれていないと思っている。例えばロバート・プラント。例えばデイヴ・ギルモア。例えばロビー・ロバートソン。欧米では当たり前のように公演をしているが、なぜか日本の地は遠い。

ワタシはフーの作品はほぼ全部持っているが、ロジャーのソロ作品となるとほとんど聴いたことがない。ので、来日を機にせめてベスト盤だけでもと思い注文したが、なんと在庫切れ入手困難ときた。廃盤になっている作品も少なくなく、日本盤なんてもってのほか。

がしかし、ネットで少し前の公演情報を調べたところ、ソロ未聴でもほぼ影響がないことを知った。公演は2部構成になっていて、1部はなんと『Tommy』の完全再現。2部はフーのベストヒットおよびブルースやオールディーズのカヴァーとなっていた。来日公演でこの構成を変えるとは思いにくいので、要はフーさえ、もっと言えば『Tommy』とベスト盤さえ聴いておけば、十分対応できると思われる。

せっかくなので、公演のセットリストにとらわれることなくフーの作品をいろいろ聴いている。おととしには『Live At Reeds』の、去年は『Quadrophenia』のボックスが出ていて、これまで封すら切っていなかったが(汗)、やっと開封して通しで聴いた。94年にリリースされた『Maximum R&B』も、引っ張り出してきて久々に聴いた。『My Generation』のデラックスエディションも。

ソロであってフーではない。しかし、ロジャーは自分の解釈でフーに臨んでいる。ワタシはそう受け取っている。明日が、楽しみだ。

JUGEMテーマ:音楽

The Who『Quadrophenia And Tommy Live With Special Guests』

ザ・フーが残した2大ロックオペラ、『四重人格』と『トミー』。この2作品をそれぞれ再現したツアーがあって、まとめて収録されたDVDを観た。

Disc 1:Quadrophenia Live
1996年に行われたアメリカツアーを収録。ドラマーはザック・スターキー、セカンドギタリストにピート・タウンゼントの実弟サイモンがいて、21世紀以降現在のバンドのイメージに直結している。演奏の精度も高く、これが21世紀のザ・フーの本格活動再開のきっかけになっていると思わせる。

バックドロップのスクリーンには作品のコンセプトを反映した映像が映され、物語の主人公ジミー役の人を設けて彼に要所で心情を語らせている。映画「さらば青春の光」のシーンも、適時挿入されている。映像とシンクロさせるライヴ構成にすることで、物語の世界観がよりわかりやすくなっている。またエクストラ映像にはプロデューサーのコメントがあって、俳優経験のあるロジャー・ダルトリーが構成にひと役買っていると語っている。

Disc 2:Tommy Live
こちらは1989年のツアーで、ホーンセクションやコーラス隊など大所帯編成。ドラマーはサイモン・フィリップス。また、スティーヴ・ウィンウッド、フィル・コリンズ、パティ・ラベル、エルトン・ジョンなど、映画「トミー」さながらに豪華ゲストを動員。華やかではあるが、今観るとバブリーでうすっぺらい感がぬぐえない。しかし、1982年に解散したフーのまさかの再結成とトミー完全再現は、当時相当のインパクトがあったと思われる。

Disc 3:Live Hits
それぞれのツアーのアンコールを収録していて、ベストヒット編成に。お馴染みの曲が堪能できるが、特にロジャーとピートによるアコースティックバージョンの『Won't Get Fooled Again』がある、「四重人格」の方が興味深い。ピートとロジャーとのコンビネーションは絶妙で、ほぼ直立不動で淡々とベースを弾いているジョン・エントウィッスルとは、コントラストになっている。

エクストラ映像では、どちらのツアーにもゲスト参加しているビリー・アイドルのインタビューが。個人的にはソロでのイメージが強かったが、もとはジェネレーションXというンドで、パンクの出自である。トミーでは革ジャン姿で「いとこのケヴィン」役をこなし、「四重人格」ではジミーがあこがれ(そして絶望する)エース役を演じている。薄いブルーのスーツに身を包んで歌うエース役が、かなりハマっている。映画「さらば青春の光」ではスティングが演じていたが、その面影ともダブりつつ、知性漂うさまはビリーのイメージをいい意味で裏切っている。ビリーはフーの影響下にあることをあっさり認め、抜擢されたことを光栄に思い、楽しんでいたようだ。

JUGEMテーマ:音楽


Classic Albums : Who's Next 


ロックの名盤アルバムが如何にして誕生したかを検証するドキュメンタリー、クラシック・アルバムズというシリーズがある。ワタシが観たことがあるのはクリーム『Disraeli Gears』やU2『The Joshua Tree』といったところだが、フー来日に合わせて今回『Who’s Next』を観た。

『Tommy』の成功により経済的に追い風を受けるようになり、またピート・タウンゼントの創作意欲も上昇の一途だったと思われる。よく知られているように、『Who’s Next』は当初ピートが『Lifehouse』というコンセプトアルバムの制作を目論んでいたのだが、そのコンセプトがバンドのメンバーやスタッフには全く理解されず、結局頓挫。その残骸を再構築してできたアルバムである。ピートはアルバムだけでなく、ミュージカルなど映像化をも見据えていたそうだ。

ピートはインタビュ−で『Lifehouse』を完成できなかった後悔を延々と語り、一方ロジャー・ダルトリーやジョン・エントウィッスルは淡々とコメントしている。『My Wife』は、ジョンが温めていた曲だということも明かされていて、ジョンは『Lifehouse』のコンセプトとはリンクしないと語っている。また、ライヴのシーンも随所に盛り込まれてはいるのだが、それらは映画『The Kids Are Alright』など既発のものの流用だったのが残念。

冒頭『Baba O’riely』のイントロは、エンジニアが語っていたのだが、ループ処理ではなくピートが実際にシンセサイザーを弾いたのを録音したそうだ。終盤のバイオリンについても、スタジオで演奏が再現されている。電子音楽の導入についてはバンド内では意見が割れていたようで、ピートは積極的だったが他のメンバーは違和感を感じていたとのこと。そのギリギリのところでバランスがとれているのが、このアルバムの強みだろう。

JUGEMテーマ:音楽


The Who『Live From Toronto』 


フーのライヴDVDを観た。82年のツアー最終公演を収録したもので、この公演を最後にフーは解散している。キース・ムーンが78年に亡くなったことが、バンドに大きな影響を与えていることが伺える。

ドラマーは元フェイセズのケニー・ジョーンズが務めていて、ダイナミックにして緻密だったキースとは異なる、リズムキープに徹したケニーのプレイは、サウンド面の印象を大きく変えている。また、他の3人のメンバーの見た目が、『The Kids Are Alright』の頃と大きく変わっているのにも驚かされる。ジョン・エントウィッスルは白髪になり、筋肉質だったはずのロジャー・ダルトリーは細身になり、ピート・タウンゼントはインテリ風になっていて、4〜5年の間にメンバーが老けこんでしまったように見えた。

セットリスト的には、往年の代表曲を随所にちりばめつつ、『Face Dances』や『It’s Hard』といったこの頃の最新作からも演奏されていて、今観ると逆に興味深い。『Boris The Spider』のほか、オーラスのビートルズ『Twist And Shout』はジョンがリードヴォーカルを取っている。オーディエンスのテンションは、異様なまでに高い。演奏の技術も、完成の域に達しているように見える。

がしかし、オーディエンスの熱狂ぶりとは裏腹に、どこか歯車が噛み合わず空回りしていて、終末感が漂ってしまっているように見えたのはワタシだけだろうか。まさに燃え尽きる寸前で、解散するべくして解散した、と言ってもいいライヴだったように見える。また蛇足だが、本編が終わりメンバーがいったんバックステージに引き上げたときにカメラも追いかけているのだが、そこに一瞬寿司職人が映っていてびっくりした。バンドやスタッフ用のケータリングだったのかな。

JUGEMテーマ:音楽


The Who
さいたまスーパーアリーナには何度か足を運んでいるが、これまではいずれもスタンド席だった。今回はアリーナで、右端の方ながら4列目という、ステージに激近のポジションに。

セットリストは横浜公演と同じと思われる。最新作『Endless Wire』や、活動後期からの珍しいチョイスもありつつ、やはり全編を支配するのは今やロックスタンダードと言っていい名曲の数々だ。

『Love,Reign O'er Me』『My Generation』の後半のインプロが中だるみ気味になってしまったのが少し残念だったが、本編ラストの『Won't Get Fooled Again』は圧倒的だったし、アンコールの『Tommy』メドレーは圧巻だった。オーラスがピートとロジャー2人による、アコースティックの『Tea & Theatre』で、『Endless Wire』のラストナンバーを持ってきてシンプルに締めたのもイイ感じだった。

サポートは4人。ベースのピノは『My Generation』のソロで見せ場を作り、ギターのサイモン(ピートの弟)はリズムに徹する一方ほぼ全曲でコーラスを務めていた。キーボードの人は、76年のツアー以来帯同しているとピートに紹介されていた。ドラムはご存知ザックだが、従来の緻密なリズムキープに加えパワフルさがプラスされていたように思う。

武道館に行かれる方、楽しんできてください。

JUGEMテーマ:音楽
キッズ・アー・オールライト ディレクターズ・カット完全版 


ザ・フーのドキュメンタリー映像「キッズ・アー・オールライト」の完全版DVDを観た。ワタシはもともとVHSで持っていて観ていたのだが、来日を機にDVDを買い直したのだ。この完全版は2枚組になっていて、Disc 1が本編、Disc 2がDVD化に際して新たに出たボーナス映像になっている。

まずは本編。テレビ出演して演奏後に機材を破壊するところから始まり、演奏シーンとインタビューとを混合した、非常に密度の濃い内容になっている。ライヴはウッドストックやワイト島フェス、ロックン・ロール・サーカスなど、単体で発売されている作品からの引用もあれば、初期のモノクロ映像や『Happy Jack』のPV、『Who Are You』のスタジオレコーディングの形を取ったものもある。

インタビューもいくつかのスタイルがあって、テレビの番組でスタジオにて4人が座り、インタビュアーも隣に座ってという形や、リンゴ・スターとキース・ムーンのマンツーマンなどがある(ザックが現在ドラマーとしてフーに帯同しているのを思い浮かべると、奇妙な縁だなと思う)。バンド結成のいきさつや4人のキャラクターの紹介など、ベースとなるところももちろん押さえている。

そしてDisc 2だが、監督のインタビュー、制作者によるリマスター処理の過程の解説、ロジャー・ダルトリーのインタビューなど、メニューが数多くある。ロジャーが自分の声が自分では好きではないと語ったのは興味深かったし、他の3人に対するコメントも冷静かつ的確だった。リマスター前と後の音を交互に流したり、リマスター前の映像を左半分、後の映像を右半分にしたりと、マスターからの格段の質の向上が伺える。

また、フーに関する21問のクイズが2セットあって、それぞれ全問正解すると最後にボーナス映像を拝むことができる。このDVDのリリースは2004年だが、2年前に亡くなったジョン・エントウィッスル追悼の意味合いも込められているように見える。『Baba O'Riley』『Won’t Get Fooled Again』の2曲について、マルチアングルで4人それぞれのパフォーマンスが見られるほか、ジョンのベース音だけが流されるという非常にユニークな趣向も用意されている。

本編終盤の『Won’t Get Fooled Again』は、この映像のためにファンクラブ会員を集めて収録した渾身のパフォーマンスである。特にピート・タウンゼントの気合いの入りようが凄まじく、演奏終了直後はキース・ムーンに抱きついていて、また数人の客がステージに上がってメンバーに抱きついている。制作の頃バンドはライヴ活動休止を宣言していて、実は煮詰まっていた時期だったのではないだろうか。それを吹っ切ってまだやれるという手ごたえを掴んだのがこのパフォーマンスであり、それだけにキースの死が悔やまれたと思われる。しかしこの映像の価値は永遠不滅だし、2人になったとはいえフーは現在も活動中なのだ。

JUGEMテーマ:音楽


先日のCS無料開放デーにおいて、MTVでフーのトリビュートライヴが放送された。

冒頭、及び合間にフーを賛辞する各アーティストのコメントがランダムに流れる。コールドプレイ、スティング、オアシスのノエルなど。そして会場にカメラが映り、フォロワーを自認するアーティストたちが、ステージ上でフーの曲を歌い演奏する。

フー・ファイターズが勢いよく蹴散らし、フレーミング・リップスが『Tommy』のメドレーを披露。ウェイン・コインは、例によって巨大バルーンの中に入ってフロアに突入するというパフォーマンスもしたが、正直言って演奏の出来は今ひとつ。また、ジャック・ブラックが映画まんまのユニット「テネイシャスD」としてアコギを弾けば、久々に観た感のあるインキュバスも。ショーン・ペンの紹介によって登場したパール・ジャムは『Love, Reign O’er Me』『The Real Me』と、『Quadrophenia』からの2曲をチョイス。もともとライヴでフーの曲をカヴァーしていることもあり、かなりリアリティがあった。

そしていよいよフーそのものが登場。レーザー光線が飛び交う演出の中『Baba O’Riley』のイントロが響き、やがてバンドの姿が明らかになって演奏へ。少なくともこの放送上は、フーの演奏に最も時間が費やされ、フーが若きアーティストからのリスペクトを集めつつも、まだまだ現役として健在であることを知らしめるような格好になった。

JUGEMテーマ:音楽



いよいよ、ザ・フー来日である。来日は2004年の夏フェス、ロック・オデッセイ以来だが、単独となると今回が初だ。公演は今夜の大阪からスタートしており、ワタシは16日のさいたまスーパーアリーナ公演に行く予定である。

フーのロック史における偉業の数々は今さら語るまでもないが、近年は意外なところから追い風を受けている。「CSI 科学捜査班」という海外ドラマがあり、ヨメさんがWOWOWで毎週欠かさず観ていた。内容はFBIの科学捜査班を主人公とする刑事もので、その捜査班もマイアミやニューヨーク、ラスベガスなど、いくつかの舞台があり、時折共同で捜査を行うこともある。その主題歌や挿入歌に『Who Are You』『Baba O'Riley』などが使われていて、ロジャー・ダルトリーは特殊メイクを施してゲスト出演を果たしたこともある。

さて、現在のフーはオリジナルはロジャーとピート・タウンゼントの2人で、ベースはピノ・パラディーノ、ドラムはザック・スターキーが務めており、他にも数人のサポートメンバーを擁している。ピノはジェフ・ベックのツアーメンバーとしても来日したことがあり、ザックは言わずと知れたリンゴ・スターの息子で、英国を代表するセッションドラマーと言ってもいい。ジョニー・マーとも組み、また記憶に新しいところではオアシスのドラマーも務めたことがあるが、以前も今もフーのドラマ−が中心軸になっているように見受けられる。

実は最近のツアーの内容はほとんどチェックしていないので、ライヴの内容がどのようなものになるのかをワタシは知らない。今夜以降、日本公演の情報が溢れてくることになると思うので、それらを吸収しながら16日になるのを待つことにする。

JUGEMテーマ:音楽



昨夜ウドーのサイトを観ていて、フーの来日特番が31日深夜いや今日の朝4時過ぎから放送されることを知った。その時間では、さすがにオンタイムで観るのはキツいので、録画をセットして今日の日中に観た。

30分枠だったので、はてどのような内容になるものやら・・・と思っていたら、ドキュメンタリー映画「アメイジング・ジャーニー」のダイジェスト版だった。なるほどね。映像は『ザ・キッズ・アー・オールライト』に使われていた『Won’t Get Fooled Again』の演奏シーンのほか、バンド結成時のものやテレビに出演して機材を壊しまくったもの、近年の映像などがランダムに流された。2004年のロックオデッセイと思われる映像もあったのだが、コレも映画のワンシーンなのかな?

また、こうしたドキュメンタリー映画にはありがちな、インタビューも多い。メンバーであるロジャー・ダルトリーとピート・タウンゼント以外にも、ジョン・エントウィッスルのベースプレイを語るスティング、オアシスのノエル・ギャラガー、U2のジ・エッジなどが、コメントを寄せている。また、映画とは別に宮藤官九郎も出ていて、ロックオデッセイには行かず、楽器店の店員に事細かに説明されて最後は涙目になり、今回は絶対行く!と豪語していた。

来日まであと約2週間だが、それまでにいくつかの映像作品を観直してみようと思う。

JUGEMテーマ:音楽