一定期間更新がないため広告を表示しています

Lou Reed『Rock & Roll Animal』

去年10月27日に亡くなったルー・リードだが、ワタシは今になって全アルバムを聴き直し、改めて追悼の意を表している。

なぜ今なのかというと、ルーはリリースしている作品が多くて簡単に手がつけられなかったのと、10月下旬からちょっと前までは自分がライヴを観に行くアーティストの作品を聴いていたからだ。

ポール・マッカートニー、エルヴィス・コステロ、ブラー、エリック・クラプトン、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン、ヨ・ラ・テンゴと、いずれもキャリアが長くリリース数の多い人たちばかりだった。5月のポール来日公演中止からフジロックまでは少し間ができたので、時系列順にルーの作品を聴いた。

前置きが長くなったが、改めて作品の素晴らしさを実感している。『Transformer』『Berlin』『New York』といった代表作だけでなく、キャリアの中ではさほどピックアップされてこなかったと思われる、『Rock & Roll Heart』『Growing Up In Public』なども、聴いていてかなり沁みた。

ルーはライヴアルバムも多い。特に、70年代にリリースされた2枚『Rock & Roll Animal』『Lou Reed Live』はずば抜けてかっこいい。ドラマチックなイントロが繰り広げられ、数分経たないとそれとわからない『Sweet Jane』は、名演だ。ワタシはルーのライヴを観るようになったのは92年からで、ルーは既に50代。しかしここでのルーは30代のとんがっている盛りの頃で、エモーショナルでアグレッシヴだ。

2000年代、『The Raven』の後、ルーは『Berlin』の全曲ライヴや、あの『Metal Machine Music』の再構築に向かっていた。最後の来日が2004年のフジロックフェスティバルで、メタルマシーンモードになったルーを日本で観ることができなかったのが、残念でならない。

ワタシはこつこつと時間をかけてルーの作品をほぼ全部揃えたが、権利関係がらみなのか、ルーのアルバムは何度も再発されているかと思うとまた廃盤になっていて、作品が世に流通しにくい状況になっているようだ。とても残念な状況で、パーマネントに流通する状況になることを願っている。

JUGEMテーマ:音楽

レコード・コレクターズ 2014年 01月号

ルー・リードの死に際し、ユリイカだけでなく、音楽データベース雑誌レコードコレクターズも、去年10月に亡くなったルー・リード追悼特集を組んでいた。

レココレは個人的に読み慣れている雑誌で、いくつかの文章とディスコグラフィーという構成もお馴染み。楽に読むことができた。しかし、冒頭に執筆陣によるフェイヴァリット作品が挙げられていたが、ライターがどの作品に思い入れが深いかというのは、読者にとって必要な情報だろうか。個人的には華麗にスルー。

ディスコグラフィーは、全アルバムをフォローしてくれたのはありがたいはありがたいが、傑作や代表作とされるアルバムについては、もっとスペースを設け字数を費やしてもよかったと思う。ルーの死から発売まで、時間が限られていたからかな。

2013年はヴェルヴェット・アンダーグラウンドのセカンドアルバム『White Light/White Heat』のリリース45周年に当たるそうで、デラックスエディションが発売された。ワタシは、オリジナルを持っていることもあり、このアイテムを買うかどうか迷っていたのだが、ルー・リードの死を受けて購入した。今回のレココレにはこのアイテムの解説もあり、データ的裏付けがとれてありがたかった。

アルバムはほぼ全部持っているが、映像作品については持っていないものがいくつかある。現在廃盤扱いになっている作品は、ルー追悼の意味も込めて再発してくれると嬉しい。

JUGEMテーマ:音楽

ユリイカ 2014年1月号 特集=ルー・リード

去年10月27日、日曜の朝に亡くなったルー・リード。文芸雑誌ユリイカが追悼特集号を組んでいて、発売からもう半年近くが経っているが、やっと読んだ。

寄稿者は、ミュージシャンでは大江慎也、町田康、七尾旅人などの名が見られ、他には作家や文芸評論家、ルー・リードやジョン・ケイルと親交があり、ルーの死語に夫人のローリー・アンダーソンの前で踊ったダンサーなどによる文章が掲載されていた。

作品は、『Berlin』に対する評価がすこぶる高い。アルバムを貫くトータル性があり、当時冷戦中だった都市を舞台にした、悲しく儚い物語を見事にまとめあげた作品は、ワタシにとってもルーのベストフェイヴァリットアルバムでもある。

この時点でルーはベルリンに行ったことがなかったとか、プロデューサーのボブ・エズリンはルーより7歳年下だったとか、『The Kids』での子供の悲痛な泣き声は、ルーが自分の子供にママは帰らないとうそをついて泣かせたものを録音したとか、いろいろエピソードが披露されていて面白い。

問題作『Metal Machine Music』の録音状況の解説、バイノーラル録音にトライしたルーの心理の考察など、ソロ活動について結構触れられているのがありがたい。

その一方、原点であるヴェルヴェット・アンダーグラウンドについてももちろん書かれている。アンディ・ウォーホールはバンドに資金と場所を提供しニコをシンガーとして加えること「だけ」を条件にし、音楽的にはほぼ口出ししなかったというのが定説だが、ルーもケイルも、ウォーホールに共鳴するところはあったはずという推測もされている。

追悼特集は、ユリイカだけでなく他のいくつかの雑誌でもされているが、日本でルーの死がここまで騒がれるとは正直思わなかった。今頃という思いと、これらによってルーに関する情報がよりオープンになったという喜びの、2つの思いがある。

JUGEMテーマ:音楽

The Stooges『The Stooges』

ストゥージズのドラマー、スコット・アシュトンさんが15日に亡くなられた。死因は公表されていない。64歳だった。イギー・ポップが、16日に自身のFacebookにて明らかにした。

ギタリストだった兄のロン、ベーシストのデイヴ・アレキサンダー、そしてイギー・ポップと共に、1960年代後半にストゥージズを結成した。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドがオルタナティブの源流ならば、ストゥージズは後のパンクロックの源流だった。

荒々しさと文学性が同居するストゥージズの世界観を、ワタシはとても気に入っていた。その屋台骨を支えていたのが、スコットさんの刻むビートだったと思う。2004年のマジックロックアウト、2007年のフジロックで、再結成ストゥージズを観ることができたのは、今となっては貴重な体験になってしまった。

兄のロンは、2010年に心臓発作で亡くなっていた。記事によると、スコットさんは2011年から体調を崩していたとのことだった。2人とも60代前半で亡くなったが、現代では早すぎる死だ。

謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

JUGEMテーマ:音楽



JUGEMテーマ:音楽

Lou Reed『Magic & Loss』

ルー・リードさんが27日に亡くなった。死因は肝臓移植による合併症で、71歳だった。

1967年、ジョン・ケイルらとヴェルヴェット・アンダーグラウンドとしてのファーストアルバムをリリース。当時商業的に大失敗したと言われるこのアルバムは、その後多くのフォロワーを生み、今ではロック名盤特集に必ず入ってくる。

冷たい狂気とでも言えばいいのか、ストレートでエモーショナルな表現とは対極に位置する佇まいは、ワタシの琴線に触れた。ヴェルヴェッツ脱退後はソロとして活動するが、そのスタイルは一貫していてブレることはなかった。ルーさんのどれかのアルバムのライナーに書かれたことばを拝借すれば、ストーンズが『Satisfaction』を、ザ・フーが『My Generation』を歌うことに矛盾が生じた時期はあったが、ルーさんが『Sweet Jane』を歌うことに矛盾が生じた時期などなかったのだ。

それにしても、今回の訃報はワタシにとって衝撃的だった。思い起こせばジョージ・ハリスンジョー・ストラマー級、いやそれ以上だ。なぜかを考えてみたのだが、もちろん自分が好きなアーティストであることと、何度もライヴを観ているアーティストだからだ、と気づいた。

92年の『Magic And Loss』ツアーが最初で、その後96年『Set The Twilight Reeling』ツアー、2000年『Ecstasy』ツアー、2003年『The Raven』ツアーと観た。最後は2004年フジロックのグリーンステージだったが、この人は巨大野外よりも密閉された空間こそ似合うと思い、観たのは後半だけだった。

せめて、あと1回この人のライヴを観たかった。残念。謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

ライヴレポート
2000年10月25日 | 赤坂Blitz
2003年9月20日 | 東京厚生年金会館
フジロックフェスティバル(Fuji Rock Festival)'04

ライヴDVD
『Spanish Fly: Live in Spain』
『Live At Montreux 2000』
『Berlin(DVD)』
『Lollapalooza Live 2009』

書籍
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ

番外編
笑っていいとも!にルー・リード

JUGEMテーマ:音楽

Television@Kichijoji CLUB SEATA

客の年齢層は相当高めになるだろうと思っていたところ、若い人も結構いて少し意外だった。キャパシティ650の会場、天井が低く密閉感ありありの空間にてテレヴィジョンのライヴを体感できるというのは、この上ない贅沢だ。

オープニングアクトのキノコホテル終了から25分を経て、幕の向こう側からイントロが始まった。そして客電が落ち、幕が開くと、既にメンバー4人が陣取っていた。トム・ヴァーレインはギターをチューニングしながら(この人はいつもそうだが)弾いていたが、やがて曲は『Prove It』となる。

テレヴィジョンの来日は10年ぶりで、ワタシが観るのもそのとき以来になるのだが、10年前とはひとりメンバーが替わっている。ギターのリチャード・ロイドが脱退し、2010年のヴァーレインのソロにも帯同していたジミー・リップが今のギタリストだ。

テレヴィジョンは、そのほとんどの曲で2本のギターの絡み合いがハイライトになる。そして、(リチャードのときもそうだったが)曲毎にリードギターとリズムギターをヴァーレインとジミーとでシェアする格好になっていた。つまり、ジミーはヴァーレインのサポートに徹するのではなく、自らも見せ場を作っていたのだ。序盤の『1880 or So』などまさにそうだ。

ジミーのギターはストレートでラウドで、これは「冷たい狂気」のような雰囲気を体現してきたテレヴィジョンに新風を吹き込んでいる。もちろんオリジナルは踏まえているのでもともとのイメージが変わることはない。ヴァーレインもそれを認め、楽しんでいるようだ。

『The Fire』『Glory』といった従来の曲は当然ながら場内のリアクションもいい。長尺の『Little Johnny Jewel』は、もちろん中盤のヤマ場になった。がしかし、この後披露された数曲は、恐らく新曲だと思う。ラウドでエモーショナルな曲はジミーのテイストが生かされていると思われ、一方でサードアルバムの曲のようなゆったりとした中に実験性を加えているような曲もあった。もしかして、近い将来にアルバム出るかな?

『Venus』は、何度聴いてもメロディーが沁みる。ファーストアルバムは今や時代を超えた名盤だし、ワタシにとってもベストフェイヴァリットの1枚なのだが、2013年のこんにちにナマを体感できるのは、まさに至福のひとときだ。

そして、クライマックスはもちろん『Marquee Moon』だ。イントロのリフをヴァーレインが弾いたその瞬間、場内は弾けた。ジミーのリフが続き、フレッド・スミスのベースも絡み、ビリー・フィッカのドラムが加わる。メンバーがひとりずつ演奏に加わっていく作りは、どきどきさせられる。ジミーがリフを延々と弾く中、ヴァーレインのヴォーカルパートを経て、後半の官能的なインプロヴィゼーションの展開となる。

ジミーがメロディーをキープする中、ヴァーレインは細かく弦を弾いては金属的なリフをランダムに発している。ジミーもヴァーレインも、ライヴ中ギターを交換することはなく、1本だけで弾き切っていた。ヴァーレインがソロを弾くときは終始うつむき気味で、こりゃもろにシューゲイザーだな。終盤のヴォルテージがどんどん上がっていくところでは、ジミーもフレッドもビリーも、ヴァーレインに視線をやっていた。この人が次にどう動くのかを見極めているようだった。

こうして本編は劇的に終了し、アンコールではカウント・ファイヴの『Psychotic Reaction』を披露。テレヴィジョンのライヴではお馴染みの曲だ。キノコホテルのコたちが、袖からステージを観ているのがちょっとだけだが見えた。こうして、約1時間40分
に渡ったライヴは幕を閉じた。

メンバーの見た目はさすがに年を感じさせるが、バンドとしての表現力は錆び付くどころかより一層磨きがかかっている。そう思わせてくれるパフォーマンスだった。なまじ名前や実績のあるバンドが長らく新作を出さずにライヴをする場合、曲そのものが持つ魔力に依存してしまい結果ノズタルジックになってしまうこともありうるのだが、テレヴィジョンは現在進行形のバンドだった。その最大の功労者は、ジミー・リップだと思う。

JUGEMテーマ:音楽

テレヴィジョンの来日公演が、今夜から始まっている。ワタシは、明日の公演に行く予定だ。

テレヴィジョンとしての来日は、2003年以来実に10年ぶりになる。しかしこの間、フロントマンのトム・ヴァーレインは2009年にパティ・スミスのサポートとしてフジロックに出演し、2010年には自身のソロアコースティックで来日している。

10年前の来日も観ているが、そのときと大きく異なるのは、ギタリストが替わっていることだ。リチャード・ロイドは脱退し、2007年よりジミー・リップが加わっている。ジミーは、2010年のヴァーレインのソロ来日にも帯同していた。

ヴァーレインは不定期にソロ作品をリリースしてはいるが、テレヴィジョンのオリジナルアルバムはたったの3枚で、しかもサードがリリースされたのはもう20年以上も前になる。今のテレヴィジョンが、曲が持つマジックに依存したライヴをするのか、それとも現在の生々しさを曲に吹き込むライヴをするのか。不安だが、でも楽しみだ。

JUGEMテーマ:音楽

Pil@Shibuya-AX

フロアの客入りは約半分程度で、土曜の東京公演とは思えない厳しい状況だったが、しかし、ライヴは2年前のサマソニスタジオコーストの公演にも劣らない、素晴らしい出来だった。

予定を10分近く過ぎたところで客電が落ち、ステージ向かって右手側からメンバー登場。ジョン・ライドンの「ニッポン、サイコー」というMCの後、あのイントロがSEとして流れ出した。それに合わせ、ジョンの「Alla〜Alla〜」という呪文のような叫びをはじめ、そして、乾いたドラムの音がかぶさってくる。傑作アルバム『Flowers Of Romance』の冒頭の曲でもある、『Four Enclosed Walls』だ。

『Flowers Of Romance』はベースレスで制作されたので、ここでもほとんどドラムとジョンのヴォーカルとの掛け合いによってのみ、演奏が成立している。個人的には嬉しい出だしだが、決してコマーシャルとは言いがたい曲でもあるので、ライヴのオープニングとしては微妙なのではとも思っていた。しかし、場内のリアクションも上々。さすが、PiLのファンはわかっている。

続く『Albatross』が、最初のハイライトになった。2年前にも体感した、あのいつ終わるとも知れぬインプロヴィゼーションモードを早速ブッ込んできて、なんと15分にも渡る長尺ナンバーとして再構築されたのだ。この音の洪水に浸れる感覚を、こんなに早く味わえるなんて。ジョンの本気度は、少しもブレちゃいない。

『Deeper Water』『Reggie Song』といった、20年ぶりの新譜『This Is PiL』からの曲は、CDで聴く限り洗練された仕上がりに思えたのだが、ここではトリッキーなリフや乾いたドラムなどにより、以前の曲との温度差を感じることはほとんどなかった。

それができるのは、ジョンを支えるメンバーたちの力量がハンパないからだ。大柄なベーシストのスコット・ファースは、3本のベースを使い分け、時にキーボードもこなしていた。最も在籍が長いドラムのブルース・スミスは、ジョンとは阿吽の呼吸のようにリズムを刻んでいる。そしてギターのルー・エドモンドだが、細かくギターを使い分け、メタリックなリフや変態リズムを発している。この人、もっとクローズアップされていい。

こうしたメンバーの持ち味がより垣間見られたのが、『Flowers Of Romance』だ。冒頭のドラムこそSEだったが、ブルースはシンセドラムも含め微妙なリズムを刻み、ルーは弓でギターを弾き、ベースレスのはずのこの曲に、スコットはキーボードだけでなくスティックを加え、という具合で、結果見事にライヴ映えする仕上がりになっていった。

ジョンはほぼ1曲毎にワインのボトルを口にしては含んだ水分を吐き出していて(何が入っていたんだろう)、インターバルをとっている。樽のような体型にはパンク期からの時の流れを思わずにいれらないが、しかし演奏中の集中力の高さと声量の大きさは尋常ではなく、現在57歳という年齢を感じさせない。

本編終盤は『Death Disco』でまたしても無限モードを繰り広げ、再結成PiLではほとんどのショウでオープニングだったと思われる『 This Is Not A Love Song』を奥の手とばかりここで畳み掛ける。ジョンはマイクスタンドをフロアに向けてコール・アンド・レスポンスにチャレンジ。英語圏ではないこの国ではなかなか成り立たないやりとりだが、ここではギリギリで成立していた。そして本編ラストは、伝家の宝刀『Public Image』だ。

アンコールは新譜からの『Out Of The Woods』で始まった。本編で披露された『One Drop』が新譜からのシングルの顔とすれば、この曲はライヴで新たな生命を注入されて化ける曲だ。更には必殺の『Rise』、そしてオーラスはレフトフィールドとのコラボ曲『Open Up』だ。この2曲はPiLの到達点であり、理想郷ではないのかと、個人的に思っている。こうして、2時間に渡ったライヴは幕を閉じた。

2009年に突如PiLが再結成されてから、はや4年になろうとしている。今のバンドは一見ジョンひとりが頑張っていると思われがちだが、実はほか3人も腕利きで、言ってみればナイン・インチ・ネイルズのような性格のバンドなのではないかと思っている。数日前にはグラストンベリー出演も発表され、バンドの勢いはまだまだ止まりそうにない。

結果論になってしまうが、今回はAXではなくリキッドルームかクアトロでやればよかった公演だ。しかし、客の入り具合うんぬんに関係なく、プロフェッショナルとして渾身のパフォーマンスをしてくれた、ジョンとバンドの姿勢は嬉しかったし、誇らしく思う。

JUGEMテーマ:音楽

1. Four Enclosed Walls
2. Albatross
3. Deeper Water
4. Memories
5. Reggie Song
6. Disappointed
7. Warrior
8. Flowers Of Romance
9. One Drop
10. Death Disco
11. This Is Not A Love Song
12. Public Image

Encore
13. Out Of The Woods
14. Rise
15. Open Up

今夜はShibuya-AXで行われたはず。ワタシは明日行ってきます。

JUGEMテーマ:音楽