一定期間更新がないため広告を表示しています

昨日、18時30分過ぎに信号や踏切などを制御するシステムに故障が発生。東横線、目黒線、多摩川線の東急3線がストップした。

毎日東横線を使って通勤しているワタシが、この状況に出くわしたのは、19時頃渋谷駅に着いたときだった。田園都市線が人身事故で遅延が発生しているのは事前に知っていたが、東横線には何ら関係はなく、ふつうに帰れるものと思い、ホームまで向かった。

横浜方面の4番線は和光市行きの電車が出発し、3番線は各駅の元町・中華街行き電車が止まったままで、車内にはそこそこ乗客がいた。事態がそれほど深刻とは思わず、次の4番線で横浜方面に行けるものと思っていると、また和光市行き。渋谷で折り返し運転をしていることに、ここで気づいた。

3番線の電車に乗ってみた。このまま再開を待つか、振替輸送を利用するかの判断は、かなり難しい。というか、できるなら再開してほしい。東横線は地下4階、振替でワタシが利用するJRは地上2階で、移動するだけで億劫だからだ。

10分ほど待ち、移動することに決めた。仮にすぐ再開しても、車内は激混みになるだろうと思ったからだ(この判断が、後々効いてくる)。東横線の改札で振替切符をもらう列に並んだが、一向に進まない。有人改札で定期を見せればそのまま通れるはずだと思い、列を離れた。

地上に出ると渋谷駅は工事中で、しばらく来ない間にこんな様子になっているのかと思った。JRの改札を通り、更に奥の湘南新宿ラインのホームを目指す。ちょうど電車が来ていて、乗車待ちの列が結構できてはいたが、先の車両に行くにつれて減ってきたので、発車直前ぎりぎりまで前の方に行き、乗車した。

車内はそこそこ混んではいたが、身動きがとれないほどでもなかった。待たずに移動したのは、正解と思った。横浜駅でまた乗り換え、無事に帰宅した。

21時のテレビのニュースのトップが、なんとこの東横線ストップだった。台風情報を差し置いてだ。この時点でまだ運行は再開されておらず、選択は正解だったと改めて思った。その後もテレビをザッピングしていて、運行が再開したのは22時15分頃と知った。

ワタシはまだましな方だったと思う。東横線に乗っている最中に止まったり、あるいは下車する駅が東横線内だったりした人は、バスやタクシーなどを使わなくてはならないだろうし、その場合は恐らくは長い行列に並んで待たなくてはならなかっただろうからだ。
 
JUGEMテーマ:日記・一般
先週末、30日夜8時24分過ぎに横揺れがあった。そのとき、ワタシは自宅にいた。

地震といえば、25日にもあったばかりだ。そのときも結構まとまった時間揺れていたが、今回はそれ以上だった。大きく激しい揺れではなかったので、じっとしているうちにやがておさまった。モノが落ちるようなことは、ワタシの自宅内ではなかった。

テレビは、NHKは地震速報に切り替わり、民放はテロップで情報を流した。震源は小笠原諸島沖で、最大は震度5強。ワタシの住む横浜は、震度4だった。震源地が深かったことから、津波は発生しないとのことだった。マグニチュードは最初8.5と発表され、その後8.1に訂正された。8.1という値は、311のときに次ぐ大きさだそうだ。

25日のときは交通機関に支障はほとんど出なかったが、今回はそうはいかなかった。新幹線をはじめ、JR線は軒並み数時間止まった様子が、翌31日のニュースで取り上げられた。東京ディズニーランドのある舞浜駅は、人が駅から溢れていた。鉄道だけでなく、エレベーターにも影響が出た。六本木ヒルズのエレベーターは数時間止まり、結局通常とは異なるエレベーターで客をおろしたそうだ。展望台があるのは52階だが、地上に比べかなり揺れたのではないだろうか。

地震があったときは自宅にいたので、落ち着いていられた。その平静さを、どこにいても保てるようにならなくては。
 
JUGEMテーマ:日記・一般
その時間、ワタシは職場の自席で仕事していた。

ぐらぐらっと横揺れが来た。すぐにおさまるかと思いきや、結構まとまった時間揺れた。携帯電話の緊急地震速報の通知音が、あちこちから聞こえてきた。ワタシのスマホも、鳴っていた。数10秒後に、やっと揺れはおさまった。

ネットで状況を調べる。Yahooには、なかなかつながらなかった。なので、Twitterで検索。震源は茨城県で震度5弱。ワタシの職場を含む東京23区は、震度4だった。津波の発生はないとのことだ。電車の運行は当然のように影響を受け、ダイヤは軒並み乱れていた。

揺れた瞬間、311の地震が頭をよぎった。時間帯が近かったこと、そのとき自分がいた場所が同じだったこともあった。ただ、揺れているのがちょっと長いとは思ったものの、あのときほどではないなという「落ち着き」が、心のどこかにあった。

帰宅時も、電車のダイヤはまだ乱れていた。渋谷駅で乗り換えるとき、ホームが人で溢れかえっていて、久々に見る光景だった。それでも、なんとか無事に帰宅することができた。

 
JUGEMテーマ:日記・一般
先月11日の地震の際、横浜駅西口にあるダイエー入り口前の歩道が地割れを起こしていたのがテレビでも放送されていた。ダイエーは、この後しばらくの間休業していた。地震があった2日後の日曜日、横浜駅前に行っていたので、そのときに様子を伺っていた。

3/13ダイエー横浜西口店1

3/13ダイエー横浜西口店2

3/13ダイエー横浜西口店3

それが、さる10日より営業を再開したとのこと。昨日、横浜駅前に行く用事があったので、また覗いてみた。

4/16ダイエー横浜西口店1

4/16ダイエー横浜西口店2

4/16ダイエー横浜西口店3

JUGEMテーマ:日記・一般


朝8時8分、ワタシは通勤電車の車内にいた。ドコモの緊急地震速報メールが届き、ワタシの携帯だけでなく、車内の他の人の携帯も鳴った。その少し後、地震が来た。電車は止まり、約10分後に運行再開。乗り換えようとした路線も、地震の影響なのかそうでないのかわからないが、車両点検とかで止まっていた。結局、いつもより30分近く余分にかかって会社に着いた。

午後2時7分、またドコモ携帯がけたたましく鳴った。その少し後、地震が来た。ワタシは職場の自席にいた。書棚が大きく揺れているのが見えた。揺れは少ししておさまった。その後、また地震酔いになり、揺れていないのに揺れているような感覚におそわれた。

もう3月11日クラスの規模の地震は来ないだろう、と思ってはいる。しかしそれでも、震度4以上の地震が来ると、もしやという気にさせられる。この状況、あとしばらくの間は続くのだろう。

JUGEMテーマ:日記・一般

夕方、またしても地震があった。

ワタシは職場の自席で仕事中だった。日中帯、職場、長い時間の揺れ。一瞬、3月の地震がフラッシュバックのように脳裏に浮かんだ。まさか、また交通機関が麻痺してしまうのか、また大混乱になってしまうのか・・・。幸い、あそこまでの規模ではなく、やがて揺れもおさまった。

震源地は福島で震度6弱。東京は震度4だった。そして、余震も何度かあった。揺れていないのに揺れている感覚、つまり「地震酔い」がよみがえってきた(最近はなくなっていたのに)。

電車は、地震直後には一時的には止まったらしいが、そのあと順次再開した模様。がしかし、帰宅時にも電車が何度か止まった。先月定期が切れて以降、地震を考慮して通勤ルートを固定していないワタシは、そのときそのときでルートを選んでいた。今日の帰りは、JRか地下鉄+東横線かで迷ったが、後者をセレクトした。

地下鉄が、車両点検とかで止まってしまい、代替ルートを使うもまた足止めを食った。結局、通常の倍以上の時間がかかり、やっと渋谷に到着。タフな東横線はココでも健在だった。横浜駅は、思ったほど混雑しておらず(もっと早い時間には混んでいたのかも)、なんとか無事に帰宅。

JUGEMテーマ:日記・一般


先月の大地震以降、余震が何度も起こっていた。それも最近は少なくなり、ようやく落ち着きつつあるのかなと思っていた矢先・・・。

昨夜11時半過ぎ、大きな余震が。自宅でこれだけの規模の地震を体験したのは、あまり記憶にない。幸い物が倒れることはなく、被害はほとんどなかった。風呂からもあがり、後は寝るだけという状態だったので、よかったなと胸をなでおろした。取り急ぎ、ガスの元栓を閉めた。

すぐテレビをつけた。いくつかの局はニュースの時間帯で、キャスターも揺れを体感しながらしゃべっていた。バラエティ番組も、当然のように地震速報に切り替わった。震源地はまたも宮城県沖で、震度6強とのこと。東北地方は広範囲に渡って大きな揺れを記録した様子。ワタシの住むところは震度3だった(4はあったように思ったのだけど)。

実家のある秋田は、余震の後停電となり、今日の昼に復旧したそうだ。

今日、特に交通の乱れや電力の規制等はなかった。しかし、まだまだ気を許すことはできないと思い知らされた。

JUGEMテーマ:日記・一般


先週に引き続き、今週も首都圏では計画停電が実施されている。いや、今後しばらくの間は続くと思われる。地震、そして電力不足の状態になって以降、いろいろな情報が飛び交い、ワタシも電力について少しずつだがわかってきた。

まず決定的なのは、首都圏をカヴァーする大規模なレベルでの「蓄電」が、技術的にできないことだ。よって、ワタシたちが同時に使用する電力の量が、東京電力が供給できる量を超えないようにしなくてはならない。超えた場合は大規模停電となり、その回避策が計画停電だ。

昨日から、東京電力が電力使用量を1時間単位でグラフ掲載し、ウェブサイトに公開している。そのデータをもとに、Yahoo!のトップページにも使用率のメーターが掲載されるようになった。使用率は、90%前後で推移している。

コレは、かなりインパクトがある。90%で推移というのは、個人的に結構圧迫感を感じていて、もしも、という危機感がある(危機感を持たせるために、少し上乗せしているかもという裏読みもちょっとはしている)。東電のグラフには、最大供給量で横線を引けばもっといいと思う。この線を超えたらアウトというのが、より明確になる。またこのグラフによって、午前の計画停電が中止になったのも、夕刻以降の計画停電が実施されるのも、合点がいく。

ただ、今の計画停電も見直しが必要と思う。対象地域とそうでない地域との間に不公平感が生まれるのは、当然のこと。既に話は出ているようだが、計画停電の対象地域を増やし、一地域当たりの停電時間を短くするべきだ。

現時点では、ワタシの自宅も職場も、計画停電の対象外になっている。帰宅難民のきつさはワタシは地震当日に味わったが、停電のきつさは知らない。停電は誰にとっても厳しいと思うが、特に病院の様子をテレビで観ると胸が痛む。

JUGEMテーマ:日記・一般


もちろん、宮城、岩手、福島といった、東北の被災地が受けた被害は甚大だ。がしかし、関東でも大きな余震があり、被害は発生している。特に、茨城、栃木、千葉辺りがそうだ。

千葉県の、東京に程近い浦安や舞浜辺りでも、深刻な被害が出ている。浦安方面では、水とガスが止まっているそうだ。また、東京ディズニーランドも現在休園中である。これらの地区の被害の要因は、地盤が液状化によって緩んでしまったことだ。地震により地面が割れ、浸水してしまって地盤が粘土のように軟らかくなってしまっている。そして、緩んだ形のまままた固まってしまうのだそうだ。

これらの地区はベイエリアと呼ばれていて、埋め立て地なのだ。となると、お台場や羽田空港、そして、ワタシが割と気軽に足を運んでいる横浜のみなとみらい地区は大丈夫なのだろうかと、不安になってくる。ネット検索して液状化マップに行きあたり、みなとみらい地区や横浜駅前の状況を知った。横浜駅周辺は、実は結構やばいらしい。対してみなとみらい地区は、意外や液状化のリスクは低いとのこと。ただ、赤レンガ倉庫方面になると、やはりリスクが高い。

3連休中は計画停電はなかったが、明日はまた行われるとのこと。停電のリスクは、当分の間抱えることになるのではないだろうか。

JUGEMテーマ:日記・一般

首都圏は使用電力量は昨日までより増し、大規模停電の恐れがあるとのこと。経済産業大臣が会見し、それを受けて、職場でも業務に支障のない人は帰宅するよう指示が出た。

ワタシは、午後4時半過ぎに退社。ここ数日、東横線を使って通勤していたが、ネット情報で午後4時から各駅停車のみの運行に切り替わっていた。そこで、もともと使用していて、横浜までは短時間で着くことができる東海道線を使い、午後6時前に帰宅できた。

今までも、自宅内で使わない家電機器のコンセントを抜くなどしていたが、また見直しした。ミニコンポやDVDレコーダーのコンセントを抜き、蛍光灯も半分だけで使うことに。このブログを公開し次第、パソコンの電源も切るつもりだ。

電車の運行本数を、減らす指示が出ているらしい。放送するテレビ局の数も、減らしてはどうか。

JUGEMテーマ:日記・一般