先月11日の地震の際、横浜駅西口にあるダイエー入り口前の歩道が地割れを起こしていたのがテレビでも放送されていた。ダイエーは、この後しばらくの間休業していた。地震があった2日後の日曜日、横浜駅前に行っていたので、そのときに様子を伺っていた。

3/13ダイエー横浜西口店1

3/13ダイエー横浜西口店2

3/13ダイエー横浜西口店3

それが、さる10日より営業を再開したとのこと。昨日、横浜駅前に行く用事があったので、また覗いてみた。

4/16ダイエー横浜西口店1

4/16ダイエー横浜西口店2

4/16ダイエー横浜西口店3

JUGEMテーマ:日記・一般


朝8時8分、ワタシは通勤電車の車内にいた。ドコモの緊急地震速報メールが届き、ワタシの携帯だけでなく、車内の他の人の携帯も鳴った。その少し後、地震が来た。電車は止まり、約10分後に運行再開。乗り換えようとした路線も、地震の影響なのかそうでないのかわからないが、車両点検とかで止まっていた。結局、いつもより30分近く余分にかかって会社に着いた。

午後2時7分、またドコモ携帯がけたたましく鳴った。その少し後、地震が来た。ワタシは職場の自席にいた。書棚が大きく揺れているのが見えた。揺れは少ししておさまった。その後、また地震酔いになり、揺れていないのに揺れているような感覚におそわれた。

もう3月11日クラスの規模の地震は来ないだろう、と思ってはいる。しかしそれでも、震度4以上の地震が来ると、もしやという気にさせられる。この状況、あとしばらくの間は続くのだろう。

JUGEMテーマ:日記・一般

夕方、またしても地震があった。

ワタシは職場の自席で仕事中だった。日中帯、職場、長い時間の揺れ。一瞬、3月の地震がフラッシュバックのように脳裏に浮かんだ。まさか、また交通機関が麻痺してしまうのか、また大混乱になってしまうのか・・・。幸い、あそこまでの規模ではなく、やがて揺れもおさまった。

震源地は福島で震度6弱。東京は震度4だった。そして、余震も何度かあった。揺れていないのに揺れている感覚、つまり「地震酔い」がよみがえってきた(最近はなくなっていたのに)。

電車は、地震直後には一時的には止まったらしいが、そのあと順次再開した模様。がしかし、帰宅時にも電車が何度か止まった。先月定期が切れて以降、地震を考慮して通勤ルートを固定していないワタシは、そのときそのときでルートを選んでいた。今日の帰りは、JRか地下鉄+東横線かで迷ったが、後者をセレクトした。

地下鉄が、車両点検とかで止まってしまい、代替ルートを使うもまた足止めを食った。結局、通常の倍以上の時間がかかり、やっと渋谷に到着。タフな東横線はココでも健在だった。横浜駅は、思ったほど混雑しておらず(もっと早い時間には混んでいたのかも)、なんとか無事に帰宅。

JUGEMテーマ:日記・一般


先月の大地震以降、余震が何度も起こっていた。それも最近は少なくなり、ようやく落ち着きつつあるのかなと思っていた矢先・・・。

昨夜11時半過ぎ、大きな余震が。自宅でこれだけの規模の地震を体験したのは、あまり記憶にない。幸い物が倒れることはなく、被害はほとんどなかった。風呂からもあがり、後は寝るだけという状態だったので、よかったなと胸をなでおろした。取り急ぎ、ガスの元栓を閉めた。

すぐテレビをつけた。いくつかの局はニュースの時間帯で、キャスターも揺れを体感しながらしゃべっていた。バラエティ番組も、当然のように地震速報に切り替わった。震源地はまたも宮城県沖で、震度6強とのこと。東北地方は広範囲に渡って大きな揺れを記録した様子。ワタシの住むところは震度3だった(4はあったように思ったのだけど)。

実家のある秋田は、余震の後停電となり、今日の昼に復旧したそうだ。

今日、特に交通の乱れや電力の規制等はなかった。しかし、まだまだ気を許すことはできないと思い知らされた。

JUGEMテーマ:日記・一般


先週に引き続き、今週も首都圏では計画停電が実施されている。いや、今後しばらくの間は続くと思われる。地震、そして電力不足の状態になって以降、いろいろな情報が飛び交い、ワタシも電力について少しずつだがわかってきた。

まず決定的なのは、首都圏をカヴァーする大規模なレベルでの「蓄電」が、技術的にできないことだ。よって、ワタシたちが同時に使用する電力の量が、東京電力が供給できる量を超えないようにしなくてはならない。超えた場合は大規模停電となり、その回避策が計画停電だ。

昨日から、東京電力が電力使用量を1時間単位でグラフ掲載し、ウェブサイトに公開している。そのデータをもとに、Yahoo!のトップページにも使用率のメーターが掲載されるようになった。使用率は、90%前後で推移している。

コレは、かなりインパクトがある。90%で推移というのは、個人的に結構圧迫感を感じていて、もしも、という危機感がある(危機感を持たせるために、少し上乗せしているかもという裏読みもちょっとはしている)。東電のグラフには、最大供給量で横線を引けばもっといいと思う。この線を超えたらアウトというのが、より明確になる。またこのグラフによって、午前の計画停電が中止になったのも、夕刻以降の計画停電が実施されるのも、合点がいく。

ただ、今の計画停電も見直しが必要と思う。対象地域とそうでない地域との間に不公平感が生まれるのは、当然のこと。既に話は出ているようだが、計画停電の対象地域を増やし、一地域当たりの停電時間を短くするべきだ。

現時点では、ワタシの自宅も職場も、計画停電の対象外になっている。帰宅難民のきつさはワタシは地震当日に味わったが、停電のきつさは知らない。停電は誰にとっても厳しいと思うが、特に病院の様子をテレビで観ると胸が痛む。

JUGEMテーマ:日記・一般


もちろん、宮城、岩手、福島といった、東北の被災地が受けた被害は甚大だ。がしかし、関東でも大きな余震があり、被害は発生している。特に、茨城、栃木、千葉辺りがそうだ。

千葉県の、東京に程近い浦安や舞浜辺りでも、深刻な被害が出ている。浦安方面では、水とガスが止まっているそうだ。また、東京ディズニーランドも現在休園中である。これらの地区の被害の要因は、地盤が液状化によって緩んでしまったことだ。地震により地面が割れ、浸水してしまって地盤が粘土のように軟らかくなってしまっている。そして、緩んだ形のまままた固まってしまうのだそうだ。

これらの地区はベイエリアと呼ばれていて、埋め立て地なのだ。となると、お台場や羽田空港、そして、ワタシが割と気軽に足を運んでいる横浜のみなとみらい地区は大丈夫なのだろうかと、不安になってくる。ネット検索して液状化マップに行きあたり、みなとみらい地区や横浜駅前の状況を知った。横浜駅周辺は、実は結構やばいらしい。対してみなとみらい地区は、意外や液状化のリスクは低いとのこと。ただ、赤レンガ倉庫方面になると、やはりリスクが高い。

3連休中は計画停電はなかったが、明日はまた行われるとのこと。停電のリスクは、当分の間抱えることになるのではないだろうか。

JUGEMテーマ:日記・一般

首都圏は使用電力量は昨日までより増し、大規模停電の恐れがあるとのこと。経済産業大臣が会見し、それを受けて、職場でも業務に支障のない人は帰宅するよう指示が出た。

ワタシは、午後4時半過ぎに退社。ここ数日、東横線を使って通勤していたが、ネット情報で午後4時から各駅停車のみの運行に切り替わっていた。そこで、もともと使用していて、横浜までは短時間で着くことができる東海道線を使い、午後6時前に帰宅できた。

今までも、自宅内で使わない家電機器のコンセントを抜くなどしていたが、また見直しした。ミニコンポやDVDレコーダーのコンセントを抜き、蛍光灯も半分だけで使うことに。このブログを公開し次第、パソコンの電源も切るつもりだ。

電車の運行本数を、減らす指示が出ているらしい。放送するテレビ局の数も、減らしてはどうか。

JUGEMテーマ:日記・一般



昨夜、また大きな地震があった。最初に、これまで何度か繰り返し起こっている余震規模の地震があり、そのあと、またドコモ携帯がけたたましく鳴り響いた。すぐさま結構大きな地震が。東京や神奈川東部は震度4で、震源地の静岡は震度6強とのことだった。揺れている時間は短かったので、大きな被害には至らなかったのだろうか。

そして今日。テレビのニュースが気になりつつ、自宅を出る。電車の運行状態は、日に日に通常に戻りつつある。それに伴い、混雑の具合も分散されていっている。

・・・と言い切るのは、早計だったようだ。横浜から東京方面はともかく、西武線は乗客殺到で駅に入るのにも規制がかかり、東武東上線は夕方以降に時間を区切って運休となるとのこと。職場でも、西武線利用者は出勤が遅れ、東武線利用者は早退することに。

少しずつ、日常に戻っている気はする。しかし、一方でいつ爆発するかわからない巨大な不発弾が、東日本を凝視し続けている気がする。

ビルボードライヴは、16日から4月2日まで休業することが発表になり、21日のトータスもそれに伴って中止となった。せめて、延期にしてほしかった。仕事の都合がつけば当日で行こうと思っていた、オーシャン・カラー・シーンも延期に。そして、今夜から3日連続で、シンディ・ローパーの東京公演が行われる。

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日、鉄道の混乱を目の当たりにしたので、今日は少し早めに自宅を出た。電車はうまく乗り継ぎ、定時の30分前に出社。それでも、通勤時間は2時間かかったのだが。電車は、昨日よりは運行本数も間隔も増やしている様子で、少し安心。

日中、福島原発の放射能が首都圏にまで流れてきていることを知る。通常の数倍だそうで、緊張が走る。がしかし、健康診断の胸部X線撮影の方がより多い量を浴びていると知り、少しほっとする。まだ油断はできないけど。

イベントは、次々に中止や延期が発表になっている。当然といえば当然だが。ワタシは21日にトータスを控えているのだが、こちらも延期/中止が濃厚だろう。その先のイベントだって、開催されるかわからない。サマソニも、フジロックも、はたして開催されるのだろうか。今来日中のシンディ・ローパーは、今夜名古屋で公演。明日あさっての東京公演も、敢行するとのことだ。

JUGEMテーマ:日記・一般

昨夜、首都圏の計画停電が発表された。第4、第5グループに「横浜市」というざっくりとした表記があって、この時間帯は停電になることを覚悟して床についた。

今朝、計画停電の内容が修正・詳細化されたのを見た。ワタシの自宅は、どのグループの対象にもなっていなかった。少しほっとする。がしかし、各グループの計画停電に伴い、電車は運休や間引き運転、区間限定になっていた。

自宅を出て、毎朝利用する私鉄の駅へ。しかし、来るのは快速ばかりで、この駅に停まる電車は一向に来ない。そして、ホームは人で溢れる。見切りをつけ、横浜駅まで歩いた。テレビで知っていたが、横浜発着のJRは終日運休だった。そのため、京急線に乗るための人がコンコースのところに何重にもできていた。ワタシは、東横線に乗って渋谷に向かった。渋谷からは、地下鉄を乗り継いだのだが、かなり待たされたり、乗ったと思ったらその電車が止まってまた乗り換えたりした。結局、通常の3倍近くの時間を要した末、職場に着いた。

職場は、電車都合で出社できない人もいたが、まずまず機能していた。とはいえ、何度か余震があり、そのたびドコモ携帯には緊急地震速報の通知がけたたましい音と共に届いた。職場からは、昼休みの節電と夜6時までの退社の御達示があった。

6時前に会社を出た。京浜東北線を使うか行きと同じ東横線を使うかをずっと考えていたが、東横線渋谷駅が極端に混乱していないとのことで(田園都市線は規制がかかったらしい)、東横線をチョイス。渋谷駅、及び発車してから中盤辺りまでは混んでいたが、横浜が近くなるにつれて人がだんだん降りて行き、横浜に着く頃には空席もできた。意外。というより、もしかしたら、この後混雑が増すのかもしれない。

各テレビ局に言いたい。せっかく複数の局があるのだから、取材する場所を分担したらどうか。岩手、宮城、福島、東京、東京に隣接する県、といった具合にだ。

金曜夜の過酷さを思えば、電車で行き来できただけましだったと言えるが、この状態がいつまで続くのか。明日は、どっちだ。

JUGEMテーマ:日記・一般