一定期間更新がないため広告を表示しています

Pearl Jam Twenty

パール・ジャムのドキュメンタリー映画、一週間限定公開も今日が最終日。春先のフー・ファイターズの映画は結局見逃してしまったので、今度こそはと今日観に行ってきた。

まず、最初に不満を書いてしまおう。映画はほぼ時系列で進むのだが、時折2006年のイタリアでのライヴ映像が何度か挿入される。この映像、正規版としてリリースされているDVD『ライヴ・イン・イタリー2006』からの引用なのだ。未発表や未リリースならともかく、まさかキャメロン・クロウ(監督)がおおっぴらに使いまわしをするとは・・・。また、『vs.』リリース後スターダムにのし上がり、メディアの加熱ぶりが尋常ではなくなってきたときの描写がチープで、ここで少し醒めてしまった。この箇所は、劇場公開作品としては完成度が低いと思わされる。

さて毒を吐き終えたところで(笑)、やはりこの作品は貴重な映像が満載なのだ。1989年に当時ロックジャーナリストだったキャメロン・クロウがシアトルを訪れるところから始まり、前身バンドのマザー・ラヴ・ボーンのライヴ、フロントマンの死後マイク・マクレディやエディ・ヴェダーが揃って、パール・ジャムとしての活動がスタート。その後、アルバムリリースと怒涛のツアーを経て、短い間に彼らはどんどん巨大化し、周囲も変わってくる。

カート・コバーンからの批判を経ての和解、カートの死、チケットマスターとの裁判、ニール・ヤングとの邂逅、2000年ロスキルドの悲劇など、バンドを語る上で欠かせない要素はだいたい網羅されている。ナレーションはなく、メンバー自身の口から当時の様子や心境が語られる。ストーン・ゴッサードの自宅訪問、マイク・マクレディによるドラマー史、映画「シングルス」プロモーションのためのライヴ(バンド側から「ひどかった」と認めている)など、観ていて飽きることがない。95年に初来日しているが、新幹線での移動の様子など、少しではあるがその様子が流れている。

クリス・コーネルが、自身もサウンドガーデンとして活動しつつ、マザー・ラヴ・ボーン/パール・ジャムのよき理解者としていい味を出している。エディにとって、クリスは兄貴分のような存在だったとのこと。そして、92年MTVビデオミュージックアウォードの舞台裏で、カートとエディが組んで踊るシーンがある。同じ時期に同じ都市シアトルからスターダムに躍り出たバンドのフロントマン同士、言わば好敵手だが、同時に境遇を同じくする者として、心を通わせることのできる存在だったに違いない。少し泣ける。

JUGEMテーマ:音楽

PJ20(サントラ盤)


パール・ジャムがデビュー20周年を迎え、ドキュメンタリー映画が制作された。さる9月20日に世界同時公開され、そして日本では先週15日から一週間限定で公開中である。

この映画のサントラ盤を聴いている。2枚組全29曲というヴォリュームで、これがかなり聴きごたえがある。だいたい、映画のサントラ盤というのは映像ありきではじめて機能するのが当たり前で、盤そのものが高く評価されることなどあまりない。ここ10年くらいだと、劇中には流れない曲が収録されたり、中には映画にインスパイアされた曲を集めたものというのもある。

しかし、この「PJ20」サントラ盤は素晴らしい。Disc 1が劇中で流れている曲からセレクトされ、Disc 2は未収録のデモテイクが中心となっている。年代は、ざっくりで言うと90年代前半と2000年代後半に集中。ライヴ音源は臨場感に溢れ、デモテイクにも味わいが出ている。映像がなくとも、変則的なライヴアルバム、またはコンピレーション盤として楽しむことができ、パール・ジャムの全アルバムを持っている人でも必聴と思う(全アルバム持っている人は躊躇なく本盤も買う気がするが)。

そして、映画の方も・・・。

JUGEMテーマ:音楽

Pearl Jam『ライヴ・イン・イタリー2006』


パール・ジャム3枚目のライヴDVDで、2006年に行ったイタリア5箇所でのライヴを、ドキュメンタリー風に仕上げている。


演奏シーン一辺倒ではなく、ほぼ1曲ごとに映像が挿入。自分の気持ちをなんとか伝えようと、楽屋で通訳を相手に必死でイタリア語を覚えようとする、エディ・ヴェダー。気さくにサインに応じる、マイク・マクレディ。街中でパール・ジャムの曲を弾き語りで歌う、数人のファン。演奏シーンの見応えもさることながら、こうしたオフステージの模様が効果的に組み込まれている。


この時期のバンドは、エピックとの契約を終えてJレコーズと契約。セルフタイトルのアルバムをリリースしてのツアーだった。演奏シーンは、比較的その新作からセレクトされてはいるが、お馴染みのカヴァー『Rockin' In The Freeworld』などもあって、充分に楽しめる。意表を突いたところでは、マイ・モーニング・ジャケットをバックにしてエディがザ・フーの『A Quick One』を歌っている場面も。『Live At The Garden』は計220分オーバーの大作で、観る側もエネルギーを消費するが、こちらは約2時間のヴォリュームで、比較的気楽に観ることができる。


リリースされたときは、ライヴDVD出し過ぎなんじゃとも思ったが、それぞれに個性があって、ファンならどれも持っていて損はしない。『Tourling Band 2000』はツアー各所の曲を集約して1公演の流れを作り、『Live At The Garden』はニューヨークMSG公演をまるまる収録。そして本作は、ロードムービー風の仕上がりだ。また、それぞれの映像に記録されたのはそのときどきのバンドの姿で、彼らの生きざまや成長の過程も刻印されている。なお、公式サイト限定リリースだった2002年のライヴハウス公演『Live At The Showbox』も、現在は一般流通で入手可能だ。


JUGEMテーマ:音楽
Pearl Jam『Live At The Garden』


ライオット・アクト・ツアーから、2003年7月のニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン公演を収録した、2枚組DVDである。公式映像としては3作目になり、1公演をフル収録した映像としては公式では初(そして現時点では唯一)になる。


まずはライヴ本編。客席はあまり映らず、カメラはもっぱらステージとメンバーを中心に捉える。パール・ジャムのライヴはいつもそうだが、セットリストがひとつの作品に比重を置かれることはなく、新旧満遍なく組み込まれる。それでいて、このときの新譜『Riot Act』がアクセントになっているのは間違いなく、『I Am Mine』『Love Boart Captain』辺りは優れた曲としてファンに記憶されよう。


『Daughter』とアンコールの『Indifference』のときには、ゲストとしてベン・ハーパーが登場。また、同じくアンコールにて、バズコックスのギタリストやベーシストも演奏に加わっていた。また、バンドはあの「9.11」以降でニューヨークを訪れたのは、このときが初めてだったとのこと。エディ・ヴェダーはMCでそのことにも触れていた。


特典映像も豪華で、これだけで50分以上ある。まずは「Matt's Cam」というメニューで、ドラマーのマット・キャメロンの左横に固定したカメラより、マットだけを捉えた映像が5曲分。多くのバンドがそうだと思うが、ドラマーは縁の下の力持ちで、音はすれども客にその姿が見えることは少ない。ここでは、マットのビートの刻み方がはっきりとわかる。


もうひとつは、このツアーから引っかき集めたボーナス映像。開演前の客がまばらな状態のときにエディがふらっと登場し、アコギ弾き語りで『Dead Man』を披露するなど、貴重な場面を垣間見ることができる。


このツアーでは、2月末から3月にかけて来日もしている。ワタシも横浜公演を観に行っていて、そのときの記憶がふつふつとよみがえってくる。このとき最も印象深かったのは、エディが髪を短くしおよそロックスターには見えなかったことだ。いや、エディに限らずマイク・マクレディもストーン・ゴッサードもジェフ・アメンも、あれこんな普通っぽい人たちだったっけ?と思ったほどだ。しかし、ひとたび音が鳴れば、それはパール・ジャム以外の何物でもなかったのである。


JUGEMテーマ:音楽
Pearl Jam『Backspacer』


去年秋にリリースされたパール・ジャムの新譜『Backspacer』は、原点回帰したかのようなシンプルでストレートな音もさることながら、驚きの特典があった。購入者限定で2005年から2008年までの11公演のうち、2公演分を無料ダウンロードできるというものだ。つまり、実質3枚組のヴォリュームを1枚の価格で売るという、とんでもない企画なのである。


ワタシはアルバムは去年のうちに買って聴いていたが、ダウンロードをしたのはつい先日のGW期間中だった。なぜ半年以上も放置していたのかというと、11公演のうちどの2公演にするのかを決め切れなかったのだ。パール・ジャムのライヴにハズレはなく、できることなら多少上乗せしても11公演全てをダウンロードしたいくらいだ。


ダウンロードしたのは、2005年シカゴ公演と2008年マンスフィールド公演。シカゴはアンコールで『Footsteps』『Once』『Alive』の、いわゆる「3部作」が聴けることから選び、マンスフィールドは今回の11公演中日時的に最も新しいことから選んだ。これでも半ば苦渋の選択だった。なお、パール・ジャムのライヴではカヴァー曲も数多く演奏されているのだが、権利関係の問題なのか今回は全てカットされている。


ダウンロード後、iPodに取り込んで聴いてみた。音質は特に問題なく、充分聴くに耐えうる。バンドの熱もさることながら、観客の熱狂ぶりも尋常ではなく、このバンドの素晴らしさを改めて痛感する。パール・ジャムは、R.E.M.と並びワタシが最もフジロックへの出演を望んでいるアーティストなのだが、なんとか実現しないものだろうか。来日そのもが2003年が最後で、日本のファンにとっては随分とご無沙汰だ。


JUGEMテーマ:音楽
パール・ジャムのライヴDVD『Live At The Showbox』(輸入盤/NTSC)を観た。

2002年12月にシアトルで行われた公演で、会場はライヴハウス規模と思われる。数台のカメラを駆使し、ステージ全体や各メンバー、時にはその指先をクローズアップするなど、いちおうちゃんとした映像ではある。がしかし、画質はまあ観られるが格段によいというわけでもなく、果たして公式映像なのかという疑問は残る(どうやら自主制作らしい)。

・・・と、少し否定的なことを書いてしまったが、もちろんライヴそのものは素晴らしい出来である。日本はおろか、どこの国でも実現しないと思われる小規模のハコで、臨場感がビシビシと伝わってくる。時期的にはこの3ヵ月後に来日しており、メンバーの見た目はそのときとほぼ変わらない。そして、この時期エディ・ヴェダーは短髪の角刈り風だった。

曲は、当時の新譜『Riot Act』からを軸とし、『Love Boat Captain』『I Am Mine』といった曲が際立つ。もちろん『Daughter』などのパール・ジャム・クラシックとでも言うべき名曲も披露される。しかし、その割には客の興奮度合いが「ふつう」で、暴れ放題とかムチャクチャといった状態にはなっていない(これは、2000年のロスキルドの悲劇以来バンド側が配慮していることもあるのかな)。

アンコールで『Yellow Redbetter』が演奏され、バンドがステージを後にする。この曲はライヴのオーラスとなることが多く、となるとこれで終わりか??・・・と思いきや、よもやのメンバー再登場。そして、『Don't Believe In Christmas』(カヴァー曲かな)が披露されたのだった。

JUGEMテーマ:音楽
Pearl

パール・ジャムのファーストアルバム『Ten』が、今年ボックスになって再発された(輸入盤)。その内容は、てんこ盛りのファン垂涎アイテムである。


まずはCD。2枚あって、1枚は従来のアルバム、もう1枚が「Redux」と題されたリマスター+ボーナストラック収録だ。ブレンダン・オブライエンの手によって音質は向上し、オリジナルのもこもこ感(これはこれで味があって、決して嫌いではないのだけど)が払しょくされ、洗練された音になっている。また『Just A Girl』『Brother』といった曲が併せて聴けるのが嬉しい。


続いてはDVDだ。MTVアンプラグドの映像で、収録時間は約36分、曲も7曲と、ややコンパクトではあるが、これも非常に嬉しい。出演したのは92年で、つまりまだ『Ten』しかリリースしていなかったのだと気付かされる。アコースティックの演奏で抑え気味ではあるものの、それでも溢れ出るエモーションは観る側にビシビシ伝わってくるし、エディ・ヴェダーは、序盤は椅子に腰かけて歌っていたのが、最後には立って歌っていた。


アナログ盤もある。『Ten』オリジナルのLP盤と、92年にシアトルで行われたフリーライヴの音源だ。しかし残念なことに、ワタシはレコードプレーヤーを持っておらず、よってこれらを聴くことはできない。特にフリーライヴの方は、そのうちどうにかして聴いてみたいと思う。


更には、カセットテープも。なぜに今どきカセット?と思いはしたが、ココに収録されているのは『Alive』『Once』『Footsteps』の3曲のデモバージョンで、初期のレコーディング音源のようだ。演奏はほぼ固まっているが、エディの歌い回しがところどころリリース盤ともライヴ音源とも異なっていて、聴いてみてとても新鮮だ。


他には、手書きのセットリストやステージ写真、オフショットなど、92年のツアーを収めたブックレット、ステッカーやポストカードなどが同梱。サウンドガーデンと対バンしたときのチラシや、レッチリのアンソニーと一緒に映っている写真など、貴重な資料が満載だ。


90年代にリリースされたアルバムの中で、ワタシが最も好きなアルバムが『Ten』だ。もっと言えば、『Ten』と続く『V.S.』は、世の中の評価はどうあれ、個人的にはレッド・ツェッペリンのファーストとセカンドに匹敵する作品だと思っている。リマスター盤やアニヴァーサリーエディションは今世に溢れているが、その中でもこのボックスは質量共に充実した、出色の出来と言える(ちと値が張るけどね)。


JUGEMテーマ:音楽
シングルス(1992)

6人の男女の恋愛模様を描いた作品で、彼らが住んでいるアパートが独身者専用であることから、「シングルス」というタイトルになっている。主人公たちは学生なのかと思ったらそうではなく、20代半ばから後半の、結婚を意識する年齢だ。

個人的には恋愛映画など「今さら」なのだが、それでもこの作品を観たのには、音楽と街に注目したからだ。まず、監督は「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウ。舞台の街はシアトル。時代は90年代前半で、つまりはグランジムーヴメントが沸き起こった時期と重なる。

主人公のひとりクリスはバンドを組んでいて、ジミ・ヘンドリックスの墓前でミュージシャンとして成功する夢を語る。そして、クリスのバンドメンバーはパール・ジャムが務めているのだ。劇中でワタシが見てわかったのはエディ・ヴェダーだけだが、クレジットを見るとストーン・ゴッサードとジェフ・アメンもいたようだ。クリスはマット・ディロンが演じているのだが、ロングヘアーが似合わないこと(笑)。しかしこれも、グランジを意識してのことだと思う。他にもクリス・コーネルやアリス・イン・チェインズがさらっと出演している。

JUGEMテーマ:映画
『Live At The Gorge 05/06』 


パール・ジャムが2005年/2006年のツアーを収録したライヴBox、『Live At The Gorge 05/06』をリリース。もともとファンクラブ向けにはダウンロード販売されていた音源をCD化したものらしい。

CDは7枚組だが、公演数にすると3公演で、Disc 1から3までが2005年9月、4から5が2006年7月22日、6から7が翌7月23日の公演となっている。パッケージには詳しいデータがないのだが、雑誌やネット等で知りえた情報によると、公演会場はシアトル近郊にあるゴージ・アンフィシアター。Disc 1はライヴ本番に先駆けて行われたアコースティックセットである。

7枚組7時間半オーバーというヴォリュームだが、どうやらこれでも3公演のフル収録ではないらしく、途中カットされているとのこと。ではあるが、ライヴには絶対の自信を持つパール・ジャムと、それに応えんとする激しいオーディエンスの熱狂ぶりがきっちりと刻印されていて、聴いていて思わずそこにいるかのような錯覚に陥ってしまう。

選曲は例によってランダムであり、セルフタイトルの新作からの曲もあり、もちろん初期のキラーチューンも満載していて、ザ・フーやニール・ヤングといった「定番」カヴァーのほか、ジミヘンの『Little Wing』やトム・ペティのソロの曲など、珍しいカヴァーが聴けるのもありがたい。

パール・ジャムの最後の来日は2003年で、あれから早4年が経過。もうそろそろ、日本に来てくれてもいいと思う。ワタシはフジロックでケミカル・ブラザーズがグリーンステージのヘッドライナーにブッキングされ続けていることに対し徹底批判の立場を貫いているが、それはレディオヘッドとパール・ジャムがグリーンステージに立ってくれることをずっと願い続けているからだ。
パール・ジャムのライヴを観に行って来た(レポートは別途)。

会場はみなとみらいのパシフィコ横浜で、ワタシの自宅から最も近いコンサート会場になる。気合いを入れれば歩いてでも行ける距離で、晴れていれば自転車で行こうと思っていた。のだが、今日はあいにくの雨。そしてとっても寒い。なのでヨメさんにクルマで送ってもらい、会場前に着いた。

開場時間は午後4時、開演は午後5時の予定になっていた。ワタシが着いたのは4時20分頃で、とっくに開場している時間のはずなのだが、入り口からは長蛇の列が連なっていた。リハーサルが長引いたとのことで、開場が遅れたらしい。強い雨が降る中を傘を差しながら待つ。会場が海のすぐ近くということもあってか風も強く、傘の骨が折れてしまった(汗)。列はちょっとずつ進んだが、結局中に入れたのは4時40分くらい。入るのに20分もかかっちまったよ。。。

ライヴ終演後も外は雨で、しかも更に強くなっているように思った。雪にならなかっただけまだましかなとも思うけど、それにしても寒い。自宅まで近いこともあり、帰りはタクシーを使って帰宅した。