一定期間更新がないため広告を表示しています

年末のことだが、Tシャツの整理をした。まずは、Tシャツを入れるためのクリアボックスを2つ買った。次に、今までしまい込んであるTシャツを全部出した。出るわ出るわ、数えはしなかったが、いったい何10枚あることか。当初は着る頻度の高い順に分類してすぐしまおうと思ったのだが、見ているうちにあれも着たいこれも着たいという気になってしまい、このままでは収拾がつかないので、とりあえずアーティスト別に分類することにした。

分類することで、どのアーティストのTシャツが何枚あるのかが明確になった。多いものだと、椎名林檎/東京事変が7枚、エリック・クラプトンが6枚、オアシスが5枚、ジェフ・ベックが4枚、といった具合。しかしダントツで多いのは、歴代フジロックTシャツだ。嵐の97年のも2枚あり、東京開催の98年も3枚、以降苗場に移ってからも毎年コンスタントにある。

このアーティストやフェス別の分類を基本としつつ、着る頻度の高さ別に振り分けた。もったいなくて着れないものや貴重なものは殿堂入りとし、逆に日常から頻繁に着ているものは取り出しやすいところにしまう。処分できるものも探したのだが、結局薄汚れてしまったレッチリのTシャツ1枚だけを捨てることにした。こんなことをあれこれやって、2時間くらいかかってようやく整理できた。

クリアボックスを2つ買い足したのだから、整理後はどこかに空きスペースができるはずだった。なのに結局できずじまい。今まで如何に無理やり詰め込んできたかということになる(苦笑)。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL