Classic Albums : Nevermind

ロックの名盤アルバムが如何にして作られたかを検証する、「クラシック・アルバムズ」シリーズ。ワタシの感覚では、リリースされたのはついこないだのような気もするのだが、1991年のニルヴァーナ『Nevermind』もこの中に加えられている。


カート・コバーンの出身地ワシントン州アバディーンの様子を紹介するところから始まり、ニルヴァーナ結成、ドラマー交代など、まずはバンドの成り立ちから『Bleach』期までをおさらい。そして、『Nevermind』制作に実際に携わった人や関係者のインタビューにより、アルバムができあがるまでが語られる。インタビューに応えていたのは、クリス・ノヴォゼリック(か、髪が・・・)とデイヴ・グロール、プロデューサーのブッチ・ヴィグ、サブポップレーベルの人、ソニック・ユースのサーストン・ムーア、ローリング・ストーン誌のライターなど。


ライヴ映像は、既出のものをつなぎ合わせていて、蔵出しものはほとんどない。また、バンド結成話や『Nevermind』後の大ブレイクも、既に知っている話ばかりだ。話題が、結局『Smells Like Teens Spirit』に集中してしまったのも残念。では、どこが見どころかというと、ブッチ・ヴィグによる細かい解説だろう。カートのギター、クリスのベース、デイヴのドラム、を、ミキシングルームにて分解しながらコメントしていて、『トム・ダウド/いとしのレイラをミックスした男』を思い起こさせる。


JUGEMテーマ:音楽
コメント
コメントする