一定期間更新がないため広告を表示しています

【天候】
初日は、午前と午後に強い雨が降った。ワタシは朝イチでマリンステージ側に行ってチケットとリストバンドの交換を行い、幕張メッセに入った直後から雨が降り始めた。メッセの中にいれば外の天候は関係ないが、グッズ売り場は屋外に設置されていたので、グッズをいつ買うかを見極めるために外の天候は気にかけていた。午後イチに止んでいるのを確認し、列も短かったので、ここでグッズを購入。2日目はまるまるメッセ内で過ごしていたので気付かなかったが、午後にひと雨あったらしい。

【動員】
2日通し券と2日目1日券の前売りが完売とのことだったが、ワタシの体感では初日の方が人が多かった。ソニックステージのきゃりーぱみゅぱみゅが満員になるのは予想していたが、レインボーステージのマン・ウィズ・ア・ミッションまで激混みだった。食事のブースも、日中から夜にかけては常時混雑していた。ヘッドライナーのシガー・ロスのとき、マウンテンステージは超激混み。外のマリンステージが、グリーン・デイだったにもかかわらずだ。2日目のガービッジやニュー・オーダーは、ぶっちゃけ場内は余裕があった。

想像だが、2日目前売りが売り切れになったのは、チームH(チャン・グンソクのユニット)やももクロなど、特定のアーティストだけを目当てにした客層があったからだと思っていて、その混雑ぶりは他のステージにまでは波及しなかったのだろう。

【仕切り】
マウンテンステージは、幕張メッセの1番2番ホールぶち抜きで設置されていたのだが、セットチェンジ中、場内が混んでいようとガラガラだろうとお構いなく、係員による「立ってください」「前に進んでください」というアナウンスがしつこく繰り返され、非常に不愉快だった。混み具合の状況に応じて最低限のアナウンスだけをして、後は客の判断にゆだねればいいと思うのだが、まるで社会主義のような執拗ぶりだった。客をバカ扱いしていて、判断も何もできないとみなしてのアナウンスか。そりゃ、ライヴ中の写真を撮るバカやゴミをその場に捨てていくバカはいるが、それは一部の人だけなんだし、もっと客を信用してほしい。

【大阪は・・・】
ネットで知った断片的な情報でしかないのだが、初日、大阪方面は広範囲に渡る豪雨と落雷があり、サマソニ大阪会場も雨や停電などで一時中断したそうだ。約2時間後に再開したものの、その後のアーティストは短縮セットを余議なくされ、ジャミロクワイとピットブルはキャンセルに。理由はJKの体調不良と機材トラブルとされていたが、翌日の東京では2組ともステージに立った。うーむ。

いろいろあったけど、無事に済んで何より。サマソニに参加された皆さん、おつかれさまでした。

JUGEMテーマ:音楽