Elvis Costello 『This Years Model』

エルヴィス・コステロの来日公演が、11日から始まっている。ワタシは、明日13日の公演に行く予定だ。

コステロの来日自体は去年のフジロック以来。単独来日となると、いつ以来になるのかな。ワタシはそのフジも2009年のサマソニも少しだけ観たが、単独を観るのは2006年の東京国際フォーラム以来のような気がしている。

およそライヴにはずれのないコステロではあるが、今回は実はちょっと怖い。10日の記事にも書いた、ルーレットがステージ上に持ち込まれ、オーディエンスが回した曲を演奏する試みが実施されると聞いているからだ。この趣向自体は大歓迎なのだが、ことばの壁がある日本でこれをやって、果たしてぐだぐだにならないだろうかとも思ってしまう。

・・・と思っていたところ、初日の模様をネットで読む限りでは杞憂に終わりそうで、それどころか俄然楽しみになってきた。女性ダンサーもちゃんといるみたいだし、コステロが自らフロアに降りてルーレットを回す客をセレクトしたりもしているとのこと。ルーレットにこだわらず、その場でリクエストを募ってそして演奏してしまう、なんてこともあったらしい。

ワタシは2階の指定席なので、ルーレットを回す大役に選ばれることはまずないと思う。が、もしコステロにリクエストできるとしたら、『No Action』『This Year’s Girl』辺りにすると思う。

JUGEMテーマ:音楽