Blur『Modern Life Is Rubbish』

2003年のサマーソニック以来、実に11年ぶりとなるブラーの来日が、目前に迫った。ワタシは、幸運にも武道館に加え追加のZepp Divercity公演のチケットが取れ、2公演とも行く予定だ。

ワタシは、過去に2度ブラーのライヴを観ている。前回は、99年のフジロック。そして初回は、93年の渋谷On Airだ。この初回のライヴが、21年前だというのにとても思い出深い。なぜなら、このライヴがワタシにとって初のオールスタンディングだったからだ。

当時はビッグネームを中心に聴いていて、行くライヴの会場も東京ドームや武道館が大半だった。渋谷公会堂で、充分狭いと感じたもの。それが、1000人以下のキャパシティーで天井も低い、密閉感に満ちた会場で海外のアーティストを観たのだから、インパクトを受けて当然だ。ビッグネームを経て、ようやく90年代のアーティストにも興味が沸き始めたところへの来日だった。

このときはセカンド『Modern Life Is Rubbish』リリースに伴うツアーで、来日は11月だった。ヴォーカルオンリーと思われていたデーモン・アルバーンはキーボードも弾き、フロアにダイブもし、そして翌年リリースする『Parklife』からのシングル(にして現在も代表曲のひとつ)『Girls & Boys』も、このとき既に披露していた。

『Parklife』『The Great Escape』と、バンドが音楽的に成長し、商業的にも成功し、ライヴを行う会場も大きくなっていった。がしかし、同時にアイドル化・ミーハー化も加速していて、ワタシはブラーから距離を置くようになった。そして、問題作とされる『13』を引っ提げての来日が、99年のフジロックだった。ここで、6年ぶりにブラーを観た。

2003年のサマソニにも行ってはいたが、このときはディーヴォの方をチョイスしていた。当時は選択に悔いはなかったが、ブラー以上に希少と思っていたディーヴォはこの数年後のサマソニにも出演していて、選択を誤ったかとも思った。

でも、もういいだろう。今回は2夜続けて観られるのだから。

JUGEMテーマ:音楽