一定期間更新がないため広告を表示しています

昨日に引き続き、国立競技場で開催予定だったポール・マッカートニーの公演が、開演約1時間半前に延期と発表された。17日分の振り替え公演として予定されていた、19日公演も延期とのこと。21日武道館と24日大阪は、今のところ開催を予定している。

今日、ワタシは午後は自宅にいて、録画していたビデオを観つつ、ネットして状況を調べていた。グッズ先行販売は予定通り12時30分から行われている様子で、開場時間の15時30分から16時頃にかけて、何らかの動きがあるものと踏んでいた。サウンドチェックは予定通り始まった、ポールは宿泊しているホテルから出ていない、などの情報が飛び交う中、開場はするも座席までは入れないという、昨日と同じような状況になっているらしいことを知った。

最も早い正式発表は、ワタシがチェックした限りでは駅での中止アナウンスだった。この後、ツイッターの「ポール 中止」のタイムラインが怒涛の如く流れ出した。公式サイトはアクセス制限がかかって閲覧できず、公式Facebookやキョードー東京のサイトには、なかなか情報があがってこなかった。ネット上での公式告知は、日本ではない海外の公式ツイッターが恐らく最初と思う。その後日刊スポーツのサイトにニュースがあがり、Yahooニュースにもあがり、ここでやっと日本公式サイトにつながって告知を確認。その後に公式Facebookの告知を確認した。

昨日のチケットを持っていたワタシは、振り替えになった19日をパスして払い戻しし、今日のチケットを取って観に行くという選択肢も、なくはなかった。しかし、ポールのウィルス性炎症が1日で回復し、即3時間に渡るライヴをやれるとは考えにくかったので、今日は自宅にて状況把握につとめることにしていた。ポールの体調を思えば、今日あすの公演を延ばすのは妥当な判断ではないかと思う。そして、大阪はともかく、21日の武道館は大丈夫だろうか。

想像はいろいろできる。もしかすると、ポールサイドはそもそも国立の延期を希望していて、損失を少しでも抑えたいキョードーがなかなか承諾せず、それで公式発表が開演直前まで引っ張られてしまったのかもしれない。あるいは、もっと早い段階で延期のジャッジが出ているのに、発表をぎりぎりまで遅らせ、グッズを買わせるために客には会場まで足を運ばせたとも思える。当たり前だが、客はプロモーターを選べない。

昨日の公演は、19日への振り替えと払い戻しが案内されていたが、今日の発表後にプレイガイドからメールが来た。払い戻しは中止し、チケットはそのまま所持しておくようにとのこと。既に払い戻しをしてしまった人については、別途連絡をするようだ。公演中止ではなく、振替日程を別途確保の上チケットを有効にする対処らしい。といっても、国立競技場の使える日程は残りわずかだし、24日大阪の後は28日に韓国公演が予定されているので、日程を振り替えるとすれば数か月後で別の会場になるのではないだろうか。国立を振り替えられる会場となると、日産スタジアムか、あるいは「もとの」東京ドームくらいしかないような気がする。

ポールの復帰を祈っています。・・・が、もし快復に遠い状況なのであれば、いっそ残り日程もキャンセルしてまるごと延期し、仕切り直しして万全の状態で臨んでもらった方がいいように思います。

JUGEMテーマ:音楽