一定期間更新がないため広告を表示しています

Blackberry9900に機種変して早2年5ヶ月。タッチパネル型スマートフォン全盛の中、これだけ個性的な機種はまれだ。物理キーによる入力はワタシの性に合っているし、ショートカット登録などで更に効率化ができる。もっとも、まれな機種すぎて、今後新機種を日本で取り扱う可能性は限りなくゼロに近い雰囲気なのだが・・・。

Blackberryを日本で使うためにはドコモに契約するのだが、現在不満は2点。ひとつめは、回線速度が遅いこと。これは、LTEでなくFOMAだから。ふたつめは(Blackberryに限らずスマホ全般に言えることと思うが)、料金が決して安くないことだ。理想はBlackberryがLTEに対応し、なおかつ低料金になることなのだが、いろいろ考えてみるも前者については結論が出ず、結局そのまま使っている。

よく言われているのは、通話専用のスマホもしくはガラケーをキャリア回線で契約し、データ通信専用のスマホを別に1台用意して、格安SIMを入れて総料金を押さえること。しかし、ワタシは2台持ちはしたくない。というか、使い分けが面倒臭い。2台を常に持ち歩きたくはないし、データ通信用をカバンに入れっぱなしだとすると、通話用でネットする局面は必ずありうるし、そこでスピードが遅いことのストレスにさらされる。

モバイルルータを用意して、Blackberryの通信時に活用することも考えた。が、現時点でのモバイルルータは、ワタシにとってはまだまだ小型軽量とは言いがたい。ノートPCにさすUSBタイプは小型化が実現できているが、ルータ単体型はスマホとほぼ変わらない大きさがほとんどだ。なので、やはり常に持ち歩くのは難しい。

強いて言えば、docomo wi-fiが使えるところでは極力wi-fiで通信するということぐらいだ。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ