一定期間更新がないため広告を表示しています

Blackberryを使用するにはドコモのFOMAで契約することになり、基本料金とパケット定額、その他諸費用を合わせて、ワタシの場合月8000円弱になる。月々サポートが今年3月で終了し、4月からは消費税も増額になったことも影響していて、その高さを痛感している。

料金を押さえるには、2台持ちにして1台に格安SIMを入れてデータ通信用にするというのが一般的だ。しかしワタシは、2台持ちしたくないこと以上に、Blackberryを通話用にして、メール送受信を別のスマホで行うというのがありえない(それほどBlackberryのメール機能は優れている)。逆に、Blackberryに格安SIMを入れるという方法もあるが、提供元の動作確認端末にBlackberryが入っていることは、まずない。なので、やるなら自己責任ということになる。あとは裏ワザがいろいろあるみたいだが、ワタシはその領域には踏み込みたくない(笑)。

ドコモは新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」を発表し、サービスも開始している。がしかし、このプランはワタシの使い方では得にならない。得になる人は、通話しまくり通信しまくりの人だ。ワタシはスマホ通信ではヘビーユーザーのつもりでいたが、よくよく調べると月に1GBを越えることはまずない状態だった。ゲームや動画視聴を頻繁にする人が、ヘビーユーザーに該当するのかな。

こうしてつらつらと考えた末、今のワタシにとって最適と思えるプランにようやくたどり着くことができた。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ