横浜市と日産自動車が共同で開発し、試行運転をおこなっている、チョイモビ。2人乗り電気自動車のカーシェアリングだ。お知らせがある場合は、逐次事務局から登録してあるアドレス宛にメールが届く。おととい、なんとチョイモビ運行停止のメールが来た。

チョイモビは高速道路や自動車専用道路の走行を禁止していて、それは講習のときにも言われている。少し前に高速道路を走った人がいて、注意換気のメールが来ていた(対象者は当然会員証剥奪)。そんなことが再び起こってしまったがために、事務局は全車両の運行を停止することにしたのだ。

ワタシがチョイモビに申し込んだのは、ほぼ1年前のこと。カーシェアリングなので、自分が乗りたいときに必ずしも車両が空いているわけでもない。それでも、月イチかそれ以上のペースで乗って来た。冬場は寒いかと思われたが、風はそれほど車内には入ってこなかった(チョイモビのドアに窓ガラスはない)。季節的にはこれからが気持ちいいのだが、それがこんなことになってしまってとても残念だ。

運行再開は、再発防止策でできてからとされている。再発防止って、どうするのかな。運転者のモラルがアテにならないとすれば、システムで強制的に車両を制御するとか。それをするとなると、再開までかなり待たされそうだ。

 
JUGEMテーマ:日記・一般
関連する記事