さる5月16日に運行停止のお達しがあったチョイモビだが、それから一週間後の23日に運行再開の通知があった。

当初、再発防止策が確立されるまで再開はしないとされていた。なので、一週間での再開は正直言って早いなと思った。そしてその再発防止策だが、通行禁止の道路マップを公式サイトに掲載し、利用者は必ず目を通せというものだ。一週間でできる対策といったら、こんなところだろうか。

早期に運行が再開され、また乗れるようになったのは嬉しい。ただ、これだけの対策だと、再発防止にはなりえないのではないかとも思う。結局は、利用者のモラルに委ねていることになるので。

チョイモビは、2013年秋から1年間で施行運用された。2014年秋から1年の施行延長が決まり、今に至っている。利用者のモラル面も含めての、施行なのだとも解釈できる。今回このようなことがあったので、この秋で施行が終わり、延長はされないかもしれない。だけど、個人的にはありがたいサービスなので、今後もずっと継続してほしいと願っている。
 
JUGEMテーマ:日記・一般
関連する記事