一定期間更新がないため広告を表示しています

カナダのブラックベリー社製スマートフォンを日本販売しているNTTドコモが、Blackberry端末の新規受付終了とサービス終了を発表した。前者は今年2015年11月30日まで、後者は2017年3月31日までとされている。

ワタシはBlackberry Bold 9900を使っていて、現在4年目になる。iPhoneをはじめとするフルタッチパネル型が主流となる中、QWERTYキーボードを備え、片手打でも両手でも文字入力に優れた機種を、こよなく愛している。強いて不満を言えば、FOMAなのでスピードが遅いことと、バッテリーの持ちが悪いことだ(後者は予備バッテリー交換で対応)。

海外では発売されている新機種の日本サポートがないことなどから、いずれはこういう日が来るのではと思っていた。ドコモショップに手続きに行くと後でアンケートメールが来るのだが、ワタシは新機種を出してくれという、薄い望みを書き込んでいた。

フルタッチパネル型のスマートフォンには魅力を感じず、といって今さらガラケーに戻るつもりもない。期限は明示されてしまったが、逆に考えればあと1年10ヶ月は今の9900を使うことができる。なので、次をどうするかをじっくり考えることにする。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ