ビリー・ミリガンと23の棺〈上〉 ビリー・ミリガンと23の棺〈下〉

連続強盗強姦事件の容疑者として逮捕されたビリー・ミリガンは、多重人格障害と診断されたがゆえに無罪となった。ノンフィクション「24人のビリー・ミリガン」はここまでを描いている。しかし、果たしてビリーはこの後どうなったのか。それを描いたのが、「ビリー・ミリガンと23の棺」だ。

ビリーは無罪にはなったものの、それは刑務所行きを免れただけだった。劣悪とされる州の精神病院に収容され、虐待される日々が続くことになる。ビリーが無罪になったのが面白くない警察や、犯罪者を野放しにするのかという世論を受けて処置をする行政などにより、ビリーは治療どころではなく、人格は分裂と統合を繰り返す。周囲の反対を押し切って結婚した女性には逃げられ、劣悪な病院をたらい回しにされる状況に耐えかねて脱走するも、結局逮捕されてしまう。

社会に絶望したビリーが選んだ手段は、絶食による自殺だった。無謀とも思えるこの行為が、しかし、結果的にではあるが分裂なき人格統合が実現した。人格が安定したとして、ビリーは1991年に解放される。治療が始まったのが1978年で、有罪で服役していた方が、もしかしたら早く社会復帰できたかもしれない。ビリーは現在、名前を変えて生活しているそうだ。

衝撃度は、はっきり言って前作の方が勝る。ひとりの人間に24の人格があり、時と場合に応じて人格が入れ替わる。幼少時の、実父の自殺未遂や養父による虐待により、次々に人格が分裂していった。フィクションでしょと言いたくなるようなことが、描かれていた。

しかし、これが実話である以上、ビリーのその後についても描かれるべきだった。劇中登場する「作家」は、作者のダニエル・キイスその人だ。今回は実名も登場させ、ビリーと対話する機会も増えている。終盤では、ビリーと共に最初に養父に虐待を受けた場所を訪れていて、その場でビリーが過去を許すと語るところは、それまでの荒れた展開を思えば、とても感動的だ。
 
JUGEMテーマ:アート・デザイン
「新劇場版」の第3作で、現時点の最新作。テレビ初放送で、ワタシが観るのもこれがはじめてだ。

」のラストで起こったニアサードインパクトから、14年が経過。旧ネルフ職員らは反ネルフ組織ヴィレを結成。ネルフから初号機を奪還し、碇シンジを確保する。シンジは危険人物扱いされるが、ネルフのエヴァ急襲によりネルフへ行き、様子のおかしい綾波レイと、渚カヲルと出会う。ピアノの連弾を通じて、シンジとカヲルは心を通わせる。

ゲンドウの指示によりエヴァ13号機に乗った2人は、(複製とわかった)アヤナミレイと共にセントラルドグマ最深部に向かう。カヲルは、そこにあるであろうロンギヌスの槍とカシウスの槍を使うことでフォースインパクトを防げると考えていたが、実際にあったのはロンギヌスの槍2本。そして、ここでシンジが暴走してしまう。

」「破」には旧劇場版の名残があったが、「Q」はついに完全オリジナルになった。ネットで断片的に情報を仕入れてはいたものの、見終わった後でも脳内は?だらけだ。「破」から14年経過という大胆な展開で始まり、シンジはこの間初号機で眠り続けていたらしく、まるで状況がわからない。アスカとマリはヴィレ側だ。そしてエヴァパイロットは、「呪縛」により年を取らない。

「破」では重要な役割を果たしていたレイの存在感が、今回は薄い(但し、初号機から発見されなかったのは一体化している可能性もあり、次作で何らかの動きがあるかも)。その代わりなのか、今回はアスカが気を吐いている。マリとチームを組む形になり、終盤ではフォースインパクトを阻止するためにシンジやカヲルと戦う。シンジとカヲルの共闘もそうだが、これらは、旧劇場版からの解放を意味していると思う。

次作は「シン・エヴァンゲリヲン新劇場版:||」なんだとか。4部作と言われていたので、次に完結するはずだが、果たしてどうか。
 
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
エヴァ「新劇場版」の第2作で、以前にもテレビで放送されていたので、観るのは2度目になる。

」が「旧」序盤の再編集色が濃いのに対し、今回は新要素がいくつも加わった。加持とアスカは今回からの登場となるが、ほかに新キャラとして真希波・マリ・イラストリアスが登場する。口ずさむのは昭和歌謡、妙にクールで落ち着いていて、とても14歳には見えない(エヴァパイロット=14歳という縛りも、もしかしてなくなった?)。

アスカは、今回ちょっと損な役回りだ。エヴァ3号機の実験に志願するも使徒に取り込まれ、ダミープラグの初号機にエントリープラグを砕かれて重傷を負い、以降は登場しない(あるいは、この後の登場シーンはテレビ版につきカットされたか)。上記のマリも、はっきり言えばたいした活躍はしない。

レイは、エヴァパイロットとしても、日常でも、重要な役割を果たす。日常ではゲンドウとシンジを食事に同席させて2人の仲を取り持とうとし、その日と3号機実験が重なったため実験に志願したアスカとも、わずかだが交流が生まれる。戦闘では第10使徒との死闘で飲み込まれてしまい、これがレイを救わんとするシンジの怒りに火をつける。

再起動した初号機は、レイを救い出しはするが光の巨人と化してしまい、サードインパクト発動直前にまで達してしまう。そこへ、月から飛来したカヲルの乗るエヴァが槍で初号機を突き刺し、発動を食い止めたところで終わる。

「旧」では地球をリセットするところまで突き詰めたサードインパクトを、4部作中2部作のところでもう?という感はある。それを阻止したのがカヲルで、これで役者がほぼ揃ったようにも思える。
 
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
旧劇場版の公開が1997年。それから10年を経て、「新劇場版」が公開された。今回は4部作になると言われていて、雅楽の「序波急」からの引用で第1作が「序」だそうだ。

碇シンジは、父ゲンドウに呼び出されて第三東京市を訪れ、エヴァ初号機に乗って使徒と戦う。父への反発や使徒と戦う恐怖感などから何度かエヴァ搭乗を拒否するが、上官であり葛城ミサトに諭されもし、また、命令だからと割り切る綾波レイを助けるべく、覚悟を決める。

前に一度観ているので、「新劇場版」が「旧劇場版」の単純なリメイクでないことはわかっている。シンジの内向性が「旧」ほどではない。ミサトはセントラルドグマにリリスがいることを、わかっている。そしてラストは、渚カヲルが月面の棺から目覚め、シンジのことを「また3番目」とつぶやいたところで終わる。

その一方、立て続けに「旧」と「新」を観たことで、全く同じセリフを言っているシーンがいくつかあったことにも気づかされた。新展開を打ち出そうとしていながらも、あえていじらずに活かしているところがあるんだなと思った。

「旧」は、1990年代に公開された21世紀の物語なので、「新世紀」がタイトルのあたまにつく。対して「新」は、セカンドインパクトから15年後というのは同じだが、それぞれが何年という表記は一切なく、また「新世紀」もついていない。パラレルワールドあるいは輪廻を思わせる、「旧」と「新」との関係性だ。
 
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

 
旧劇場版の完結編「Air/まごころを、君に」も地上波初放送だったのだが、内容の衝撃とは別の衝撃が走った。

Death(True)2」にて最後の使徒渚カヲルを殺し、アダムと使徒の接触によるサードインパクトは避けられた。がしかし、碇ゲンドウもゼーレも、それぞれの目的を達成するべくサードインパクトを起こそうとする。結局ゲンドウの目論みはユイの拒否によって叶わず、ゼーレが目指したサードインパクトが起こってしまう。

「別の衝撃」とは、「テレビ版」であるがゆえの対処で、問題シーンのカット、そして、前後のつながり上どうしてもカットできないシーンについては、なんとロゴを掲載した黒画面にした上で音声だけを流すという、前代未聞の処置に出たのだった。

確かに凄惨なシーン満載の作品ではあるが、個人的にはそんなにヤバかったかなあとも思う(麻痺したか)。放送されたシーンでも、凄惨な光景はいくらでもある。シンジやアスカのイッた眼とか、活動限界をオーバーした後のエヴァ2号機に数本の矢が突き刺さるところとか、観ていて胸を締め付けられる。

今の地上波放送の倫理は、そこまで厳しくなったのだろうか。かつては「仁義なき戦い」シリーズもゴールデン洋画劇場で放送していた。アニメ史上最も凄惨で救いがないと思う「伝説巨神イデオン」の劇場版も、地上波で放送されていたはずだ(UHF系だったかも)。うーん、これでは、「バトル・ロワイヤル」が地上波で放送されることはないな。
 
JUGEMテーマ:漫画/アニメ