Blackberry 9900を修理に出すにあたり、データのバックアップはドコモショップではなく、自宅のパソコンにしておいた。Blackberry Desktop Softwareというパソコン用のアプリケーションを既に利用していて、その機能を使った。バックアップは、思ったよりも短い時間で完了した。

ドコモショップに機器を修理に出し、代替え機を借りて帰宅。パソコンにつなぎ、Blackberry Desktop Softwareから復元をしてみた。こちらも短時間で終わったが、ここまできてはじめて気づかされたことがあった。データのバックアップと復元であって、自分でインストールしたアプリまでは復元されないということに(そりゃそうか)。修理期間は9営業日つまり約2週間と聞いていたので、アプリは最低限必要なものだけを代替え機に再インストールした。

修理が完了し、再びドコモショップに出向いて修理完了品(という名の新品)を受け取り、代替え機を返却。帰宅し、新品にバックアップデータを復元させた。そして、今度は先々まで使うであろうアプリを再インストールし、設定も行った。

アプリの設定は、手間ではあったがなんとか無事に完了。そして、修理前は結構あれこれとアプリを入れていたのだが、今回ほんとうに必要なアプリだけを再インストールしたので、シンプルにおさまった感じだ。このアプリは今後ほんとうに使うだろうかと考える、いい機会にもなった。

バックアップ対象のデータは以下
・メール
・電話帳
・ブラウザのブックマーク
・メモ帳
・タスク
・Wi-Fiの設定
・パネルの設定
・ユーザー辞書は、同一読みにつきひとつ

ネット検索したところ、アプリも含めてバックアップと復元ができるパソコン用アプリケーションがあるらしい。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ
Blackberry 9900の修理が完了したとのことで、開店と同時にドコモショップに入店。早速手続きをした。

修理と言いつつ対応は本体交換で、つまり新品だ。MicroSDカードとSIMカードを入れ換え、通信・通話の確認をした。代替え機のデータは自分でデータ消去したが、最後に店員がもう一度消去していた。

本体裏面の作りが、もともとワタシが持っていたのとは少し違っていた。外側がソフトな材質になっていて、裏蓋も開けやすくなっていた(それまで持っていた9900では、裏蓋が固すぎて素手では到底開けられなかった)。そして、バッテリーを入れてから裏蓋をはめたときの状態も、以前とは変わっていた。ワタシは純正バッテリーのほか互換バッテリーを2つ持っていて、この日持参していたのは韓国製のバッテリーだった。充電時間は短いが消費も早いという微妙な商品だが、安価だったのでまあこれでもいいやと思い使い続けていた。

この韓国製バッテリーは純正より幅が若干大きく、これが新品の裏蓋だときっちり閉まらない。しかし、それまで使っていた裏蓋ではちゃんと閉まる。となると、後は自分でどう運用していくかなので、とりあえずこの場ではそれまでの裏蓋で閉めた。

修理受付のとき、店員は不具合のボタンだけを交換するようなことをほのめかしていたが、ワタシは本体ごと換わるだろうと思っていて、実際その通りになった。これで、あと2年半は使えるはずだ(笑)。というか、Blackberry Classic日本でも発売してくれ。

JUGEMテーマ:コンピュータ
Blackberry Bold 9900を使い続けて、2年以上が経過。iPhoneやAndroidが賑わう昨今、個人的にここまで気に入った携帯/スマートフォンはこれまでになかった。しかし、気に入りすぎてしまったのか、エスケープキーとメニューキーの2つが、8月になってから動きがあやしくなってきた。

メニューキーは、本来はふつうに押すとそのアプリのメニューが開き、長押しするとアプリ切り替えモードになる。これが、ふつうに押しても長押しモードになってしまう。エスケープキーは、ひとつ前に戻るかもしくはアプリを終了させるキーだが、これが押しても効かなくなってきた。少しの間だましだましで使ってきたが、8月末についに修理に出すことにした。

ドコモショップに行き、状況を説明。修理期間中に貸し出す代替え機がショップになく、取り寄せるところからはじまった。店員が言うには、Blackberry 9900の代替え機はBlackberry 9900でなければならないとのこと。BISの有無はあるが、SIMカードの大きさが合致しさえすれば、Androidスマホでもいいのではと内心思いつつ、この日は引き上げることに。

一週間後、再びドコモショップに行き、代替え機の受け取りと修理の依頼をした。Blackberryはドコモいや日本において絶滅寸前の機種だが、対応してくれた若い男性店員は、Blackberryにもそれなりに精通していた。ではあったが、代替え機へのSIMカード入れ換えと、修理に出す方のデータ消去は自分でやった。

それから2週間が経過し、修理完了の通知を受けた。店舗にもよるとは思うが、ワタシが今回利用したドコモショップは、開店20分で待ち時間が45分になってしまうので、開店きっかりに入店して受けとることにした。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ
ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.1

MXTVで毎週金曜深夜に放送されている、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」が、昨夜の放送をもって終了してしまった。

確かに、テレビガイドでは9月19日にも26日にもジョジョとは書かれていなかったが、放送時間帯が別の曜日に変わるだけなのだろうと思い込んでいた。なので、終了にはかなり驚いた。ストーリーとしては、潜水艦でのミドラーとの攻防をしのぎ、エジプト上陸を果たしたところまでだ。最後は尺余りの引き伸ばし状態で、これまで高いクォリティーをキープしてきたジョジョのアニメ版にしては、なんとも残念な終わり方だった。制作が間に合わなくてこんなことになったのかと邪推したが、ネット検索して調べた限りでは、分割は既定路線だったようだ。

第3部スターダストクルセイダースは、エジプトに上陸してからが面白い。ジョジョチームにはイギーが加わり、DIO側からはダービー兄弟やバニラ・アイスなどが立ちはだかる。以前J・ガイルと組んでいて逃げのびていた、ホル・ホースも再登場する。そしていよいよDIOとの対決では、第1部や第2部にも劣らない緊張感漂う攻防が待っている。

続きは、来年1月から放送開始とのこと。3か月のお預けを食う形だが、続きはもちろん観られるので、あせらず待つことにしたい。
 
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
今や毎年恒例になりつつある、9月第2週のアップル新製品発表会。今年は、iPhone6とiPhone6 Plusが発表された。4.7インチに5.5インチと、共にiPhone5の4インチよりも画面サイズが大きくなった。それでいて、薄さは5よりも薄くなったとのこと。その代わり、若干重くなっている。

Androidスマートフォンでは、既にこのくらいのサイズが出ているので、その対抗馬として出したとも思える。ただそれ以上に、スマートフォンとタブレットとのボーダーラインがあいまいになってきたという印象の方が強い。ワタシは7.9インチの初代iPad miniを持っているが、そのポジションはiPhone6 Plusに取って替わられてしまうかもしれない。

今回はApple Watchという新デバイスも発表されたが、一方で新iPodの発表はなかった。もしかするとこの後少ししたら発表があるのかもしれないが、雰囲気としてはiPodはその役目を終えつつあるのかも。

にしても、iPhone6もiPhone6 Plusも高い。SIMフリーモデルだと、iPhone6の16GBで7万越えが最安。最も高いのはiPhone6Plusの128GBで、なんと10万超えだ。キャリアで新規や機種変をする場合は、月々サポートなど割引プランが出てくるかもしれないが、アップル社製品のネックは価格だ。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ